ハイスペック婚を狙うための女子力の上げ方

shutterstock_224811139

女子力上げるのは自分のためですが、素敵な結婚に行かせたら鍛錬する価値がまた上がりますよね。今回はハイスペックな結婚相手にも通用する女子力ポイントをまとめました。

ハイスペック婚を目指す理由は結婚後、生活の余裕や充実を重視している裕福な結婚のことです。結婚はその後の生活を大きく分けるきっかけの一つ。意外にこんなところが見られているという節穴的な条件もあるのでぜひ婚活に役立ててください。


1.洋服選びのポイント

①保守的な格好がベスト

ハイスペックな男性はこれまで学業に費やしてきた時間の方が多く、ファッションへの関心や知識があまりないという場合が多いので、オシャレすぎると人間関係のきっかけとして「ハードルが高い」と感じることが多いです。

そこで選ぶ洋服は基本的に、保守的なもので、流行や個性は必要ありません。清潔感・清楚さが重視された白・ベージュ・紺色のワンピースだけです。これならば会話がしやすくなります。

あからさまなハイブランドのバッグや小物も印象が良くありません。ヴィヴィットな原色系も個性的になりがちです。

②基本ワンピースしか着ない

ワンピースは女性にしか着れないものなので基本はワンピースでOKです。

104190708_o4楽天市場

肌の露出も極力控えて、ボディラインがはっきりわからないAラインのひざ下丈が好ましいです。選ぶときのポイントは下品に見えないものが好ましいです。

2.笑い方で差をつける

笑顔の練習はするかもしれませんが笑い声の練習はあまりしないですよね。「あははは」と口を開けて笑ってはいませんか?自然と手も叩いてしまうという場合も癖がついているので気をつけましょう。

トーンとしては「うふふ」や「ふふふ」と控えめに笑い、口元をハンカチで隠すというのが基本です。

3.ハンカチは常に3枚持ち歩く

最近はハンカチを持ち歩く人も少ないので、周りとの差をつけるためにもハンカチを持っておきます。ハンカチは3種類でそれぞれ使い道が違います。

  1. 小さい白いハンカチ|笑う時など口元を隠す用
  2. 花柄のハンカチ|男性が飲み物をこぼした時に貸す用
  3. 大判でレースのハンカチ|座ったときの膝の上に置く用

スクリーンショット 2017-04-11 15.51.53

白い小さいハンカチは常に手元に置いて笑った時に口元を隠したりとする自分用のハンカチです。上品に見えます。花柄のハンカチは、男性が飲み物をこぼした時なんかに貸す用です。男性でハンカチを持っている人が少ないのでいいきっかけになりますよ。

大判のレースのハンカチは座ったときの膝に引いて置くようです。育ちの良さをアピールする事へつながりますよ。

さらに差をつけるには、懐紙(かいし)を持ち歩くのもおすすめ。

4.懐紙(かいし)を持ち歩く

懐紙(かいし、ふところがみ)とは、懐に入れて携帯するための小ぶりで二つ折りの和紙のことで、和食・お茶の作法の時に使われるものです。それ以外にもお手紙やポチ袋なんかにも使えます。

kaishi-enhishi透かし和紙の懐紙

  • お菓子の受け皿
  • ちり紙がわり
  • ポチ袋
  • 便箋・メモメッセージカードの代わり
  • 箸袋

魚料理を食べた時に、お皿の上の魚の骨を隠したりと、さりげなく使うのがおすすめです。古風な印象をつけることができますよ。

5.食べ方・箸の持ち方をおさらいする

すごい美人でも食べ方がいまいちという方は結構います。食事のマナーを学ぶ前に、食べ方と箸の持ち方ぐらいは見直しましょう。

shutterstock_109380617

箸の中央よりは上を重点として箸は持ちます。箸を使う時に後ろがクロスするのはあまり美しくありませんよ。食べ方については、音を立てない、口の中にものがあるうちは話さない、ほっぺたに食べ物を貯めないがよくあること。食べ物を小さくして食べると大体は解消しますよ。

6.誰も教えてくれない!意外なマナーの落とし穴

良かれと思っていることが、実は不快感を与えていることがあります。マナーの落とし穴になりがちなことをおさらいします。

①飲み会の時に料理を取り分ける

飲み会の時に料理を取り分ける行為がありますよね。これが結構嫌だという人がいるんです。理由は次項です。

  • 初めて会う人なので断れない
  • 自分のタイミングで食べたい
  • 食べる量を調節したい
  • 取り分けて欲しいと思っていない

飲み会の場合、初対面であることがほとんど、知らない人に気配りをされるより自分のタイミングで食事を楽しみたいという方が最近は多いようです。特に焼肉なんかは難しいのですが、誰かがその役割をしなければならないのならば「焼きますか?」と聞くか誰か一人にやらせる感じにならないようにするのがいいですね。

サラダや前菜は、箸を逆手にして取り分ける人もいますよね。箸よりも手で触った部分で料理を取り分けるのは衛生的にもよくありません。手間や時間がかかりますが新しい箸やシルバーをもらう方が好印象です。

②スマホを見る回数が多い

食事の時にスマホを見る回数が多すぎるのは相手にとってとっても印象が良くありません。終電や次の予定を確認したいときは「ちょっとメール見てもいい?」など一言あった方が好印象ですね。

③食事中手で受け皿を作る

食べ物を箸で持ち上げて口に運ぶとき、つい手で受け皿を作ってしまう時ってありませんか?これは実はマナーとして良くありません。もし手の上に食べ物が溢れた時、それをどおするの?というところですね。

そのためにも、懐紙・ハンカチを持っておくことは役に立ちますよ。

④テーブルの上の食べこぼしを床に落とす

これはレストランのはじめに出てくるパンを食べた時によくあるかと思います。テーブルの上のパンくずは基本はそのままにしておきます。床に落とすのはマナーとして良くありません。

⑤グラスワインについた口紅を指で拭う

レストランにてグラスにリップがついてしまうことはよくあるが、ただしい対処方法をしっていますか?

指先でグラスについた口紅を拭って対処してきた方は、間違ったマナーです即刻卒業しましょう。ワインの本場ヨーロッパでもそのような対応をすると奇妙な目で見られてしまいます。

ワインを飲む前にあらかじめティッシュで口紅を落として置くのがマナーです。もしついてしまった場合は懐紙で拭うか、何もないならそのまま放置の方がまだましですよ。

7.まとめ

女子力を上げることは見た目のことばかりではなく、相手への思いやりが大切ですよね。マナーは時代とともに変化するので情報収集も必要です。人との出会いが良好になるようにぜひ役立ててください。

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事