可愛くなるのはやめられない!別人級の詐欺メイク実践方法

shutterstock_317072057

Befor・Afterを見比べると、あまりの変身っぷりに思わず驚愕してしまう「詐欺メイク」。驚きつつも、「どうやったらこんなに変われるの?」と興味津々の人も多いのでは?そんな詐欺メイクも、実はちょっとしたテクニックを使えば、誰でも簡単にできちゃいます。今っぽいナチュラル感をキープしながら、劇的に可愛くなれる詐欺メイクにトライしてみましょう。


1.詐欺メイクマスターに学ぶ詐欺メイクのポイント

詐欺メイクのポイントは、欠点をテクニックでカバーして、チャームポイントを活かすことにあります。メリハリが無い・目が小さく見える・幼く見えるなど、コンプレックスをカモフラージュするコツを知っておきましょう。

1-1.ノーズシャドウで骨格形成詐欺メイク

TVでお馴染みのお笑いコンビ・たんぽぽの川村ミエコさんの詐欺メイクは、別人級のインパクトがありますよね!ポイントは何と言ってもノーズシャドウとシェーディング、ハイライトの使い方です。骨格にメリハリをつけることで、顔に立体感が生まれ、各パーツが強調された美人顔に近づけます。

眉頭下に入れたノーズシャドウで鼻を高く見せ、フェイスラインをシェーディングすると引き締まった小顔に見せることができます。さらにTゾーン・頬・顎先の3か所にハイライトを入れると、立体感が際立ちます。目元はアイライン&アイシャドウで横幅を出し、タレ目風にすることで女性らしい甘い表情になります。

凹凸の少ないのっぺり顔が気になる人、ハーフ顔にしてみたい人は参考にしてみましょう。

1-2.盛らずにナチュラルメイク風!目元パッチリ詐欺メイク

すっぴんのままだと、目の下のクマや小鼻のくすみなど肌の色ムラが目立ち、年齢よりも老け見えしてしまうこともしばしば。目元もぼんやりして見え、お疲れ顔になってしまいます。

そこで役立つのがピンク系の化粧下地です。色付きベースで透明感をプラスし、少量のファンデで色ムラのない、均一な肌色に整えます。目の下のクマ・小鼻脇・口角のみ、ライトカラーのコンシーラーを重ねづけすればナチュラルにカバーできます。

さらに、アイメイクはライトブラウンのシャドウ・ブラウンアイライナーでまとめ、ソフトな印象に。下まぶたにも同じブラウンシャドウで涙袋を作ることにより、目を大きく見せることができます。さりげなく目元を強調するため、目と眉の幅が近づくようにアイブロウを描くのもポイントです。

1-3.劇的チェンジ!頑張りたい日の詐欺メイク

一重・奥二重のまぶたにコンプレックスを抱えている場合は、アイテープを使ってさりげなく二重メイクにするのもアリ!二重の幅を広げ過ぎないようにすると、ナチュラルな印象をキープできます。

さらに目尻のみのつけまつ毛と、涙袋メイクで目元の横幅と縦幅を広げることで、存在感のある目元に。その分、チークとリップをヌーディカラーにして色味を抑え、目元に視線を集めるようにするとバランス良くまとまります。

2.詐欺メイクを叶える5大ポイント実践編

びっくりするくらい印象が変わる詐欺メイクは、ベース・二重メイク・涙袋にポイントを置くのが正解です。さらに、瞳が大きく見えるカラコンと、ボリュームのあるヘアスタイルもマスト!やりがちなアイシャドウのグラデ塗り、バサバサのつけまつ毛は一昔前の盛りメイクに見えるので注意しましょう。

2-1.陶器肌&メリハリベース

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-20-58-25

透明感があって、トラブルが目立たない毛穴レス肌は、それだけで可愛く見えるもの。パール入りやコントロールカラーの下地を使って、くすみのない肌に仕上げましょう。

下地で肌色を整えれば、ファンデも薄付きでOKです。テカリ・毛穴が気になる場合は、皮脂抑制下地をプラスすると良いでしょう。さらに、小顔に見せたい場合は、フェイスラインにシェーディングを入れてみましょう。パウダータイプのシェード用カラーをチークブラシでサッと入れるだけで、輪郭が引き締まり、シュッとした印象になります。

さらにベースメイクが終わったら、ハイライト&ノーズシャドウで目元と鼻筋に立体感をプラスしましょう。Tゾーンと目頭にはハイライトを、ノーズシャドウは眉頭下から鼻筋に沿ってブラシで入れます。するとメリハリが生まれ、顔立ちをくっきりと見せることができます。ハイライトとノーズシャドウは、ほどよく肌に馴染むカラーを選びましょう。

2-2.二重メイク

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%

すっきり一重や奥二重のまぶたを速攻でぱっちり見せるなら、二重メイクが欠かせません。皮膚の引きつりや糊が目立ちやすいアイプチよりも、アイテープのほうがナチュラルに見えます。透明の絆創膏の両サイドを5mm幅にカットして使う絆創膏アイテープも手軽でおススメです。二重幅が広すぎると不自然に見えるので注意しましょう。

2-3.涙袋メイク

数年前から流行中の涙袋メイクは、アリとナシでは印象が大違い!目が大きく見える、女の子らしい目元になれるなど、キュートに見せるモテメイクでもあります。メイク方法はとても簡単。アイメイクの最後に、薄いブラウンのペンシル(ライトブラウンのアイブロウペンシル、アイシャドウでもOK)で下まぶたのくぼみ部分にラインを引いていきます。

そのあと、ラインの上から下まつ毛キワまでにハイライトカラーをチップでのせていくだけで、ぷっくりした涙袋が完成します。ハイライトカラーは、ライトベージュやピンク系を選ぶと馴染みやすく、ナチュラルな印象になります。

2-4カラコン

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-20-59-51

すっかり定着したカラコンも、それだけで目をパッチリ見せることができる便利なアイテム。レンズのサークル直径とカラーによって、印象がかなり変わるので、TPOに合ったものをチョイスするようにしましょう。元の瞳の色に近いカラーで、着色直径14mm程度のサークルレンズなら普段使いにも向いています。

2-5.髪型補正

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%

メイクがばっちり決まったら、ヘアスタイルも気を抜かないで!前髪のアリ・ナシや、顔周りのスタイリングによって、欠点をカバーしたり小顔に見せることができます。特に前髪は印象が変わる重要なポイント!眉上で揃えた前髪は目元に視線を集め、ガーリーな雰囲気に、斜めに流すと大人っぽくてキレイなお姉さん風になれます。顔周りの髪も、ゆる巻きやブローでふんわり立体感を出せば小顔効果も期待できます。

3.周囲がドン引き!詐欺メイクの注意点

詐欺メイクで大切にしたいのは、ほどよいナチュラル感。ついつい頑張りすぎてしまうと、時代遅れの盛り盛りメイクまっしぐらに…。もっと目を大きく!もっと肌をキレイに!というコンプレックスカバーに囚われてしまうと、ちぐはぐなメイクになってしまいます。全体のバランスを見ながら、上手に足し引きをして、清潔感のある仕上がりを目指しましょう。

3-1.不自然な白浮き

肌トラブルをしっかりカバーしようと、厚塗りするのはNG!ファンデーションは、重ねれば重ねるほどムラ付きし、崩れやすくなってしまいます。さらに厚みが出るで、白浮きする可能性も。

ベースメイクは下地+ファンデで薄付きに仕上げ、気になる肌トラブルはコンシーラーのポイント使いでナチュラルに仕上げましょう。ファンデーションはフェイスラインにのせたときに、肌から浮かない色を選ぶのがベストです。

3-2.盛りすぎのギャルメイク

インパクトのあるギャルメイクは、整形級の印象チェンジが可能ですが、今ではちょっと古臭い印象…。さらに厚化粧感が漂って、男性陣から不評なことも。目を大きく見せたいからと、二重メイクにつけまつ毛、アイラインにカラコンなど頑張りすぎるのは今っぽくありません。

つけまつ毛をするならナチュラルタイプを選ぶ、ダークカラーで囲み目をしないなど、アイメイクは欲張らないように注意!

3-3.細部が汚く、清潔感ゼロ

メイクをする際には、いつでも気を付けておきたいのが細部の処理です。アイラインやアイシャドウをぼかしていない、マスカラが束になってついているなど言語道断。

肌から浮いて不自然に見えてしまいます。他にも、アイテープの両端が浮いて汚く見える、ファンデがフェイスラインに馴染んでいないなども清潔感が無い印象に…。メイクを始めたら、「ぼかす・なじませる」の2ステップを忘れずに!

4.まとめ

プチ整形やプロの手に頼らなくても、可愛くなるのは意外とカンタン!顔立ちにコンプレックスがある人も、まずはそれを受け入れて、上手にカモフラージュできる方法を探しましょう。自分の顔をよく知って、活かすところとカバーするところを見極めることが、上手な詐欺メイクの第一歩になりますよ!

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事