泡洗顔、正しくできてる? 見落としがちな間違いと正しい手順

shutterstock_324678509

「肌トラブルを解決するには、まずは洗顔から」と言われるほど、お肌にとって大切な洗顔。中でも泡洗顔は、しっかりと泡立てた洗顔料やせっけんを使って顔を洗うため、刺激が少なく肌にもやさしい方法として知られています。

しかし泡洗顔は、正しい方法で行わなければ、新たに肌トラブルを招く可能性があることをご存知ですか?そこで今回は、見落としがちな泡洗顔のポイントや、正しい手順などをご紹介していきます。


スポンサードリンク

1.泡洗顔はホントにお肌にいいの?メリット・デメリット

1-1.泡洗顔のメリット

large-2

泡洗顔は肌と指の間に泡が入ることで、生じる摩擦を少なくすることができるため、肌にとって非常にやさしい洗顔方法です。皮脂や汚れをしっかりと落としたいと思うあまりに、手でこするようにして顔を洗う人がいますが、この方法では、洗顔の度に肌に無数の細かい傷を付けていることになります。

このため、洗顔がかえって肌のくすみやニキビの悪化などの、肌トラブルを引き起こす原因になることもあります。一方、泡洗顔の場合は、やさしく洗いながらも泡が毛穴の奥まで届いて、余分な皮脂やメイク、汚れなどをしっかりとからめとってくれます。

また、簡単でリーズナブルな洗顔方法であることも、メリットの1つです。洗顔料の性質によって若干の違いはありますが、市販の泡立て用ネットを使えば、特別な洗顔料でなくても簡単に泡を作ることができます。

1-2.泡洗顔が合う人・合わない人

large-3

皮脂や毛穴の汚れをしっかりと取り除く洗顔法なので、毛穴の汚れや黒ずみが気になる人や、オイリー肌に悩んでいる人には向いていると言えます。

反対に、乾燥肌や敏感肌の人の場合は、肌に必要な皮脂や水分まで奪われる可能性があるため、向いていない場合があります。洗顔後に肌がつっぱる場合には、洗いすぎによる乾燥を引き起こすこともあるので、注意しましょう。

ニキビの原因が乾燥による場合も、泡洗顔を行うことでさらにニキビの状態を悪化させてしまうことがあります。しばらく泡洗顔を続けていても肌の状態が改善しなければ、一度別の方法を試してみましょう。

2.泡洗顔の正しい手順

2-1.手順

手に汚れが付いたままだと泡立ちにくくなるため、まずはしっかりと手を洗いましょう。次に、ぬるま湯でさっと顔表面を流します。こうすることで、顔の表面に付いているホコリや汚れがある程度落ち、泡が肌にしっかりと密着します。

適量の洗顔料を乗せた手のひらの中央をくぼめてボウルのような形を作り、反対の手の人差し指、中指、薬指の3本を使って、少しずつぬるま湯を加えながら手早く泡立てます。上手く泡立てられない時は、泡立てネットを使っても良いです。

片手にこんもりと乗るくらいの泡になったら、皮脂量が多いTゾーンから泡を乗せていき、指が触れないように注意しながらやさしく洗いましょう。皮脂が溜まりやすい鼻の周りや眉間、顎の部分は指の腹を使って細かく丁寧に洗い、乾燥しやすい目元や口元などは、泡を乗せる程度に留めます。

顔全体を洗い終えたら、泡が残らないようにぬるま湯でしっかりとすすぎましょう。洗顔料のぬるつきがなくなるまですすぐのが目安ですが、ゴシゴシとこすって落とさないように気をつけてください。

2-2.洗顔後のケア

顔を濡れたまま放置しておくと、水分が蒸発する際に角層の水分まで失われてしまいます。洗顔後は、すぐに清潔なタオルなどで水分を拭き取りましょう。タオルは顔にあてるようにし、この時も肌をこすらないように注意しましょう。

また、洗顔後は肌が非常に乾燥しやすくなっています。洗顔後3分以内には、化粧水や美容液などでしっかりと保湿ケアを行ってください。

3.泡洗顔の注意点

3-1.洗顔料は肌にやさしいものを使う

どんな洗顔料を使っても、泡で洗えば肌に負担はかからないと考えている人もいますが、「泡立てること=肌にやさしい」ではありません。どんなに泡立てても、使っている洗顔料自体の洗浄力が強すぎたり、刺激が強い添加物などが含まれていたりすれば、肌に負担をかけてしまいます。

そのため、泡洗顔で洗顔をする場合でも、洗顔料選びはとても重要です。特に泡洗顔用の洗顔料の場合は、泡立ちを良くするための添加物などが含まれていることがあります。無添加で、肌への刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。

乾燥がさほど気にならない人は、少々洗浄力が強くはなりますが、固形せっけんで泡洗顔をやってみても良いでしょう。洗顔料よりもシンプルな成分でできている固形せっけんであれば、肌への刺激はずっと少なくて済みます。

3-2.泡立ては手早く行う

洗顔後のケアでも説明した通り、肌の角層の水分は肌表面の水分が蒸発する際、同時に失われていきます。手のひらで泡を作っている時は、顔が濡れた状態です。

泡立てに時間をかけてそのまま放置していると、どんどん水分が失われて乾燥肌の原因となります。片手にこんもりと乗る程度の泡があれば顔全体を洗うのに十分なので、これを目安として泡立ては20秒くらいで手早く済ませるようにしましょう。

3-3.洗顔時の水温に気をつける

泡洗顔の際に特に見落としがちなポイントが、洗顔時の水温です。水温は、冷たすぎても熱すぎても肌に悪く、約33~36度のぬるま湯が最も適しています。

冷たい水は泡立ちが悪くなり、泡洗顔には適していません。また、皮脂は30度くらいの温度で溶け出すため、30度以下の冷たい水では、余分な皮脂や毛穴汚れが落ちにくくなります。

反対に40度以上のお湯では、皮脂や角質が落ちすぎて乾燥肌やくすみの原因になってしまいます。シャワーのお湯は、40度程度に設定して、洗顔の際はシャワーの湯を直接肌にあてないようにしましょう。

乾燥肌の場合は、もともと皮脂の分泌量が少なくなっており、33~36度のぬるま湯でも皮脂が落ちすぎていることがあります。乾燥が気になる人は、26~28度くらいを目安にしましょう。

4.泡洗顔をするのにおすすめの洗顔料

4-1.キュレル 泡洗顔料

抗炎症作用がある成分の「グリチルリチン酸2K」が配合されており、特に、ニキビやアレルギー症状による肌荒れに悩んでいる人に最適です。無香料・無着色でアルコールフリーなので、敏感肌の人でも安心して使えます。特に皮脂トラブルに悩む人には、「キュレル 皮脂トラブルケア泡洗顔料」もおすすめです。

4-2.イハダ ソフトタッチ泡洗顔料

洗顔の際は少なからず、汚れや皮脂と一緒に肌に必要なうるおい成分まで流れ出てしまいます。しかし、イハダの泡洗顔料は、花粉やPM2.5、ハウスダストといった汚れだけに反応してしっかりと洗い落とす、「選択的洗浄性」を持っています。

また、無香料・無着色・アルコールフリーでかつ、防腐剤・鉱物油(石油を原料とした油成分)無添加と、徹底的に肌へのやさしさにこだわっているところも魅力だと言えます。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?洗顔方法では王道と言える泡洗顔ですが、知らずに間違った方法で洗顔し続けていた人も意外と多いのではないでしょうか。泡洗顔は皮脂や汚れをしっかりと取ることができる洗顔方法ですが、特に乾燥肌の人の場合、その方法自体が自分のお肌に合っていないことがあります。やり方が間違っているために、乾燥を引き起こしていることもあるので、まずは自分の泡洗顔のやり方を見直すことからはじめてみましょう。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事