初デート成功の秘訣は食事にアリ!次に繋がる食事デートマニュアル

初デート食事

緊張必至の初デートですが、中でも食事はお互いの顔を見てゆっくりお話できる大切な時間。

会話はもちろん、ちょっとした態度やマナーから相手の人となりがわかるので、お付き合いに発展させたい相手かどうかを探るにはもってこいのデートです。

ただし、同じように自分自身も見られているわけですから、油断は禁物!

今回は、そんな初デートでの食事を成功させるためのポイントをご紹介していきます。これから気になる人と初デートするという方は必見ですよ。

1.要注意! 相手に嫌われる可能性大のNGマナー
1-1. [1]店員に横柄な態度をとる
1-2. [2]音を立てて食べる
1-3. [3]箸の使い方が悪い
1-4. [4]断りを入れずにタバコを吸う
2.お店選びを成功させる6つのポイント
2-1. [1]まずは事前リサーチ
2-2. [2]何よりも雰囲気が大事!
2-3. [3]高すぎるお店は避けよう!
2-4. [4]食べやすい料理を選ぶべし!
2-5. [5]居酒屋はあり? なし?
2-6. [6]並ぶのは絶対NG!
3.ランチとディナー、どっちがベスト?
4.お店を予約したらやるべきこと
5.お会計はどうする?
6.まとめ

1.要注意! 相手に嫌われる可能性大のNGマナー

初デートは、今後付き合っていける相手かどうかをお互いに“査定”する場所。特に食事のマナーは普段の姿が出てしまうため、減点されやすいポイントでもあります。

一般的なマナー違反をしないようにすれば問題ないのですが、ここでは特に異性から嫌われてしまいやすいNGマナーをご紹介していきます。

「初デートの後から連絡がとれない…」なんてことがないように、しっかりご覧くださいね。

1-1. [1]店員に横柄な態度をとる

男女問わず、敬遠されるのが店員に横柄な態度をとること。接客などについて文句を言うのはもってのほかですし、店員に対して「これ下げて」「お会計して」などとタメ口をきくのも嫌われます。

絶対に自分が文句を言われない“お客様”という立場の時に偉そうな態度をとるのは、小心者と思われるからでしょう。

またそうした態度は、いずれ交際をしていくうちに「自分にもされそう」だと感じるという意見もありました。出来た人間と思ってもらうためにも、お店の人にも笑顔で丁寧に対応しましょう。

1-2. [2]音を立てて食べる

言わずもがなですが、音を立てて食べるのは、マナー違反。一緒に食べている側からしたら、美味しいものも美味しく感じなくなってしまいます。

もし音を立ててしまう癖があるなら、これを機になおしましょう。ゆっくりと意識して噛めば、音は出ないはずです。自分で音が出ているかわからないという方は家族や友人に確認しましょう。

1-3. [3]箸の使い方が悪い

品が悪く見えるという理由で、嫌われがちなのが箸の使い方が悪い人。完璧に持てるという人は少ないかもしれませんが、せめて以下に紹介する箸の使い方だけはやめましょう。

・ねぶり箸…箸をなめる
・刺し箸…食べ物を箸で刺して食べる
・寄せ箸…箸を使って器を手前に寄せる
・ちぎり箸…箸をナイフとフォークのように使って、食べ物を切る
・迷い箸…どの食べ物をとるか悩んで、箸をあちこち動かす
・持ち箸…箸を持った手で器をとる

1-4. [4]断りを入れずにタバコを吸う

基本的には初デートでタバコを吸うのはやめましょう。

とはいえお酒の席では我慢できないという気持ちもわかります。どうしても吸いたいという場合は、必ず断りを入れるようにしましょう。いきなり火をつけるのはマナー違反です。

お酒を出す店でなければ、そもそも分煙がされている店がほとんどですから、相手がタバコを吸う方でない限り、禁煙席を選びましょう。我慢できないという方は「吸っても平気?」と
事前に確認してください。

2.お店選びを成功させる6つのポイント

初デートの評価を決定づけるのが「お店」。「料理が美味しくない…」「店内がうるさくて相手の声が聞こえにくい…」などのマイナスイメージを抱いてしまうと、デートそのものの印象が悪くなってしまいます。

お店選びは男性にお任せするケースが多いかもしれませんが、女性から提案したり、一緒に選んだりすることも大いにあると思います。

ここでは、お店選びに失敗しない6つのポイントをご紹介していきますので、グルメサイトを見る前にこちらの記事をチェックしてください!

2-1. [1]まずは事前リサーチ!

初デートの日程やどこに行くかが決まったら、次にやるべきことは食事プランを考えること。でも、すぐにお店選びを始めてはいけません。

まずは相手の好きな食べ物、嫌いな食べ物をリサーチしておきましょう。本人に聞くのが手っとり早いですが、ムリであれば共通の友人に聞いてみてください。好みがわかれば、お店選びもしやすいですよね。

また、嫌いな食べ物を知っておくこともお店選びのしやすさにつながります。さらにメニュー選びの際に「これは嫌いだったよね? じゃあこっちのメニューのほうがいいかな」といった気遣いができるのもメリットです。

次にやるべきことは、最適な食事場所を選ぶこと。どこかに出かけてから食事をする場合は、移動が面倒にならない場所を選ぶことが大切です。

また、お食事のみのデートの場合は、お互いが落ち合いやすい場所を選ぶのがオススメ。アクセスが悪くなければ、「一緒に行ってみたい街があるんだけど」と可愛く提案してみてもいいでしょう。

2-2. [2]何よりも雰囲気が大事!

外観、インテリア、照明の明るさ、客層、混み具合など、チェックしておきたいポイントはたくさんあります。特に女性は、流行のお店やカワイイ雰囲気のお店が大好きですが、初デートでは会話も楽しみたいですよね。

よって、選ぶべきなのは落ち着いた雰囲気のオシャレなお店。

具体的にいえば、大人のカップルが多いお店です。騒々しいお店だと会話も聞こえづらいですし、雰囲気が良いとはいえません。
また人気で混んでいるのは仕方ないですが、隣の席と近いのはテンションダウン。客席の配置にゆとりがあるお店を選びたいですね。

ぐっと距離を縮めたいなら、個室もアリです。さらにいえば夜のデートなら、照明は暗めがオススメ。良い雰囲気が演出できます。

ちなみに雰囲気とは少し違うかもしれませんが、靴を脱ぐ必要がないというのも大事なポイント。ブーツなどを履いているといちいち脱ぐのは面倒ですし、足の臭いやストッキングの伝線などの思わぬしくじりが露呈してはアウト!

こういった細かいポイントは自分の目で確かめないとわからないものばかり。もし初デートまで日にちがあるなら、事前に下見に行くことをオススメします。

2-3. [3]高すぎるお店は避けよう!

初デートの場をあまりにも高級なお店にしてしまうのはNG。女性の場合は「いつもこういうお店に行っているのかな」「お金がかかりそう」と思われる恐れがありますし、男性の場合は「気合が入りすぎ」と引かれる可能性が大きいです。また、懐石料理やフレンチのコースなど、マナーが厳しい場所ではせっかくの会話が楽しめません。

ランチなら1人2000円以内、お酒なしのディナーなら1人3500円以内、お酒ありのディナーでも1人5000円以内が無難でしょう。

2-4. [4]食べやすい料理を選ぶべし!

エスニック料理といった普段食べ慣れていない料理は、口に合わないと全品食べられない…という事態になりかねません。凝った料理を求めているわけではないので、美味しいものを食べられればOKなのです。そのため、お店の絶対数が多い和食やイタリアンがオススメ。食べやすい上に、グルメサイトなどにも多く掲載されているため、美味しいお店を見つけやすいです。

また、焼肉や中華は避けましょう。というのも、臭いが気になる料理だから。せっかく気合を入れてオシャレをしても焼肉の煙で服が臭くなっては台無しですし、にんにくの入った料理が多い中華は口臭が気になります。

2-5. [5]居酒屋はあり? なし?

デートに居酒屋はナシと思われがちですが、お酒が好きな相手なら全然アリ。ただし、大衆居酒屋やチェーンの居酒屋ではなく、オシャレなお店を選びましょう。

ガヤガヤとうるさい居酒屋や年配の男性が多い居酒屋では、いい雰囲気になりようがありません。

こじゃれた雰囲気で食事の美味しい居酒屋を見つけてください。とはいえ、初デートで飲み過ぎは注意です。緊張しているからといっていつもよりペースを上げないようにしましょう。

2-6. [6]並ぶのは絶対NG!

「人気店なら並ぶのも辞さない」という流行に敏感な人も多いです。しかし初デートは別。お互いに深く知り合う前の「長時間待つ」という行為は、会話に詰まって気まずくなったり、イライラしてしまったりと、マイナスな方向に働いてしまいかねません。段取りの悪い人と思われる可能性もありますから、できるだけ事前に予約をしておきましょう。

もし「気合が入っていると思われたくない」といった理由で予約をしたくない方は、隠れ家的なお店を探すか、空いている時間を狙って行きましょう。

3.ランチとディナー、どっちがベスト?

ずばり初デートなら、まずはランチデートがオススメ。お酒の力を借りずに会話を楽しめれば、相性の良さを確信できますし、ディナーより安く済みます。

「健全な女」「安全な男」を演出できるのもメリットでしょう。

もし盛り上がったら、その後お出かけしてディナーまで…というように臨機応変に動けるのもランチデートの良さといえます。

4.お店が決まったらやるべきこと

お店が決まったからと言って、まだ安心してはいけません。デート当日までにやるべきことがあと2つ残っています。

まず一つ目は、選んだお店に応じた服を選ぶこと。

たとえば、ホテルにあるレストランで食事をする場合、Tシャツやショートパンツなどのカジュアルすぎる格好はNG。反対に、居酒屋に行くのにあまりかしこまった格好では浮いてしまいますよね。

TPOに合った服装を心がけましょう。詳しくは『20〜30代の男女に徹底リサーチ! 初デートに着てきてほしい服装』の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

続いて二つ目は、予め話のネタを用意しておくこと。並んで歩いている時はスムーズに会話できても、改まって向かいあってみると緊張するものです。

気まずい沈黙でテンションが下がるのを防ぐためにも、いくつか話題を考えておきましょう。詳しくは『「また会いたい!」と思ってもらうための初デート会話術』でご紹介しています。

5.お会計はどうする?

やっぱり「初デートは男性におごってほしい」というのが、多くの女性の本音。普段は割り勘派だとしても、「初デートくらいは男性に…」と思っている方は多いのではないでしょうか。

男性が「おごるよ」と言ってくれるのであれば、快くその申し出を受けましょう。一度は支払う姿勢を見せたほうがいいですが、あまり何度も断らないほうが可愛げがあります。もちろん、おごってもらったらお礼をお忘れなく。もしどうしても払いたいという場合でも、お店を出た後にしましょう。そのほうが男性を立てられます。

男性側は、払っておいて損はありません。相手が断固としておごられるのを拒否した時以外は、気持ち良く全額支払うことをオススメします。
もっとスマートに!ということであれば、女性がお手洗いなどで席を立った時にお会計を済ませるという方法もあります。

ただし、本格的に付き合っていくとなると、毎回おごるのは厳しいですよね。だからこそ女性が支払う姿勢を見せた時、「いいから、いいから」と頑なに断ってはいけません。
「初デートなんだから見栄張らせてよ」「俺が誘ったんだから、今日はかっこつけさせて」といった一言を添えましょう。これなら相手に負担を感じさせることなく「今日のところはおごるよ」というニュアンスも伝わります。

注意したいのは、「絶対に割り勘がいい」という女性も多かれ少なかれ存在すること。相手が払うといって聞かない場合は、後から端数だけ出してもらうといった対応をしましょう。

6.まとめ

初デートが特別な時間だというのは男女共通の想いのはず。初デートにファミレスを選ぶ人が少ないのもそういうことでしょう。

いろいろお店選びのコツなどをご紹介してきましたが、大切なのは「相手とのひとときを楽しみたい」「相手に自分の好意を伝えたい」という想いを念頭に置いて行動すること。

思いやりと気遣いがあれば、大きな失敗はしないはずです。

お付き合いもお互いへの思いやりや気遣いがあってこそ続いていくもの。初デートはそうした新たな関係をスタートするための準備期間なのかもしれません。

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事