女性の深〜いお悩みに女性ホルモン注射はどう活用したらいいの?

womens-menopause

30代を過ぎた頃から 50代の閉経に向けて女性ホルモンは徐々に低下していきます。女性ホルモンの分泌が低下することによって女性の体にはさまざまな深〜い悩みが増えていきます。そんなホルモンケアの一つの選択肢として女性ホルモンの注射があります。

女性ホルモン注射は、女性ホルモンの不足を補う方法として、医師の指導のもと行われますが、詳細を人には聞きにくいですよね。

今回は、人には相談しにくい女性ホルモン注射について良くある疑問を解決していきましょう。女性がいつまでも穏やかに豊かに過ごすためにはホルモンケアは秘訣です!正しい女性ホルモン注射の情報を知っておくことで、『いざ』というときに役立ちます。

出典:womenofgrace


1.女性ホルモン注射が必要な症状

女性ホルモン注射を選択肢の中に入れるときはどういった体の症状がおこっているときなのでしょうか。具体的な症状をあげてみていきましょう。

主な身体的な症状

  • ひどい生理不順に悩んでいる
  • 急に来るほてり
  • 改善されない冷え
  • ひんぱんに起こるめまい・動悸
  • 頭皮の薄毛
  • 体毛が濃くなる
  • 不規則な期間での体重変動
  • 急にでる大量の汗
  • 不妊治療

主な精神的な症状

  • 原因不明のイライラ
  • 悩みはないが激しい落ち込み
  • なんとなく不調

女性に必ず訪れるホルモン低下によって引き起こる更年期障害。卵巣機能が低下し、女性ホルモンが急激に減少してしまうのが原因です。

ホルモンバランスが大きく乱れ、心身にさまざまな症状を引き起こします。例ば、ほてり・のぼせ・動悸・めまい・頭痛・などの身体的な症状といらいらしたりうつっぽかったりの精神的な症状

これらは根本的な原因である女性ホルモンの急降下を解消することで改善が期待できますよ。

こんな悩みありませんか?

スクリーンショット 2016-01-13 14.19.31

  • 『なんだか不調なだけ』と考え我慢している
  • 更年期障害だから、人にいってもしょうがない
  • 毎日のことなのでもう改善しないとあきらめている
  • 相談の仕方がわからない
  • 心が折れそうだけど耐えしのぐのになれてしまった
  • 大人だから心の悩みがあると思われたくない
  • 相談できない

その原因は、ホルモン低下。女性なら誰しにも必ず訪れる悩みなので、必ず人に相談しましょう。人に相談しないことで悪化する可能性の方がたかくなってしまいます。はじめの一歩は人に話すことです。

とりわけ40代をすぎたなら女性としての第二の人生スタート地点。自分の体の変化をよく知り、適切な対処ができることでポジティブな毎日が過ごせるはずです。

 2.はじめにすることは『かかりつけ産婦人科医』を探すこと

スクリーンショット 2016-01-13 14.24.39

女性ホルモンの低下による症状は人によって違いますが、明らかに調子が変だなと自覚してきたら『かかりつけの産婦人科医』を見つけておくことをおすすめします。

女性ホルモンが原因で起こる症状は不定期でいろいろな症状が出るので

次、体調がわるくなったら病院に行こう

我慢できなくなったら病院に行こう

と、ついあとまわしにする女性が多いようで、具体的な婦人病や妊娠などの症状以外は通わない人が多いです。

40代をすぎたころから、相談するなら内科よりも婦人科がおすすめ。信頼できる先生を探しておくことが大切です。

かかりつけ産婦人科医がいることでのメリット

人によってはシングルだったり・母親だったり・おばあちゃんの役割をそれぞれしている女性たちに、かかりつけの産婦人科医がいることでのメリットを紹介しておきましょう。メリットを知ると必要性も見えてきますよね。

  • 子宮がん検査・乳がん検査の相談ができる
  • ちょっとした症状を話しておくことで病気のサインに気づける確率が高くなる
  • 家族には話せない相談もできストレス解消につながる
  • 簡単な改善方法を知れると安心できる
  • 更年期の具体的な原因や専門知識を知ることでネガディブがポジティブへ変わる

婦人系の検査には100%はありません!だからこそかかりつけ医は必要

例えば、更年期障害の症状がひどすぎて、女性ホルモン注射をすすめられたとき、その場で決断するのはちょっと怖いですよね。かかりつけ医だった場合はお互いの信頼度がありますから、適切な処置への理解や納得度が違ってきます。

また、子宮がん検査や乳がん検査を毎年行っていたとして、OKな結果が出ていたとしても100%安心ではなかったりするので、常に自分の体の見えない部分も気を配る必要があるんです。

3.女性ホルモン注射の成分とは

女性ホルモンを外部から注入する注射の成分とは一体どんなものでしょうか。専門的なのか、情報の移り変わりが早いのか理由は不明ですが、詳細を細かく掲載している情報は入りませんでした、おそらく代表的であろう成分の情報を掲載しておきますが、参考程度にしてください。

  • エスラジオール|主に「生殖器の発育」に大きく関与するホルモン
  • デポー|主に筋肉に大きく関与するホルモン
  • ペラニンデポー|主に卵胞ホルモンに大きく関与するホルモン
  • エストロゲン|主に卵胞ホルモンに大きく関与するホルモン
  • プロゲステロン|主に黄体ホルモンに大きく関与するホルモンで男性に打つ場合に使います

女性ホルモン注射ができる医療機関によって扱うホルモン注射の成分が違います。詳細はドクターに相談してください。

4.女性ホルモン注射の打てる医療機関の差

ホルモン注射を打ってみたいな、と思ったときどこ機関にいけばいいか迷いますよね。基本的には医師の指導のもとでしかホルモン注射をはじめることはできません。

主な医療機関をあげていきますか、ホルモン注射を行っているかどうかはばらつきがあるので事前の連絡前評判を知っておくことも大切ですよ。

女性ホルモン注射を行ってくれる医療機関

  • 婦人科|生理不順など女性特有の症状の人が多く保健が適応されます
  • 美容医療|美容目的も多くいるので保健が適応されない場合もあります
  • 内科・外科・泌尿器科|保健が適応されます
  • 整形外科|美容目的も多くいるので保健が適応されない
  • 精神科|保健が適用される場合があります

『病気』と診断されなければ保健が適応されません。しかし整形外科や美容医療は進歩した医療の取り入れが早いので最先端の美容治療が受けれる可能性がたかくカウンセリング力やサービスにも大きな差を感じます

目的別おすすめの医療機関

  • 更年期障害もクリアにしたいし女性らしさも諦めない!>美容医療・整形外科がおすすめ
  • 生理不順や更年期障害だけとになくどうにかしたい!>婦人科・内科などがおすすめ

自分の目的にあった医療機関そして定期的に通える場所・信頼のおけるドクターを探すのが一番です。

5.女性ホルモン注射を打って良かったこと

女性ホルモン注射を打って良かったことを参考程度に上げていきます。

  • 更年
  • 期障害の症状が軽くなった
  • 肌がきれいになった
  • バストが大きくなった
  • 髪の質・ツヤが良くなった
  • 女性らしい体つきになった
  • 不妊の改善への期待
  • 持病の改善への期待

女性ホルモンが安定することで『なんとなく不調』は改善方向へ向かい、肌や爪・髪なんかに若々しさを感じられますよ。

6.知らないと打ってはいけない女性ホルモン注射の副作用

女性ホルモン注射はメリットばかりではありません。デメリットをきちんと理解し納得しない場合や不安がなくなるまでドクターに相談する必要があります。

  • 発疹
  • 顔のむくみ
  • 食欲不振
  • 頭痛、めまい、肩こり
  • 身体のだるさ
  • 発汗、発熱など
  • 吐き気
  • のぼせ
  • 発がん性の確率

ホルモン注射の種類にもよりますが、明確に『腫瘍の悪化を促すことがある』と記載されています。

 1.エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば、乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある患者[腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがある。]
2.乳癌の既往歴のある患者[乳癌が再発するおそれがある。]—-引用:ペラニンデポー筋注5mg/ペラニンデポー筋注10mg

ホルモン注射の種類をしっかりと理解する必要とリスクを分かった上ではじめて注射することをおすすめします。

7.ホルモン注射は約2〜4週間に一度のペース

ホルモン注射のペースには個人差がありますが、一般的には約2週間〜3週間に1度のペースが多いようです。月に1度か2度です。通い安い医療機関がおすすめですね。

8.ホルモン注射の金額|千円(保健適応)〜2万円前後(保健適応外)

ホルモン注射は『病気』と診断されば保健が適応されますが、それ以外は保健が適応されません。またホルモン注射以外に、注射手数料が別途でかかるところもありますので確認が必要です。

ホルモン治療は通わなければならない人も多いので、年間でのコストなどは把握しておいたほうがいいですよ。その金額が自分に適切かどうか、金額のことはドクターに相談しにくいですので、こればかりは自分で決めるしかありません。

目的を見失わずにまずはハードルが高すぎない選択をおすすめします。

9.ホルモン注射はインフルエンザ注射の5倍痛い?

url

ホルモン注射は肩やお尻に打つことが多く、その痛さは個人差もありますが『かなり痛い!』との声が多いです。痛くてもしっかりと揉まなくはいけないので結構しんどいです。

看護師さんいわく、『ホルモン注射はインフルエンザの注射とは違って、油に溶かしてあるから筋肉に入るときに水溶性よりも抵抗がある分痛い』そうです。

人一倍痛がりな人は心配ですね、なので、ホルモン注射のこの痛さを乗り越えてでも、手に入れたい目標や更年期障害の治療への意欲は強いものが必要になってきます。そんな痛みを堪えてでも、不妊治療や持病の改善を乗り越えたい人が多く選択するのがホルモン注射なのです。

10.注射が怖い!でもホルモンを安定させたい時おすすめの内服薬

ホルモン注射の必要性を感じたが、注射が怖い!人もいますよね。そんな時におすすめな内服薬を紹介しましょう。

女性の味方プラセンタを高濃度配合|ヴィーナスプラセンタ 初回定期¥1000

出典:OZIO

プラセンタは美容効果だけではなく、ホルモンバランスや自律神経を整えたり代謝をUPさせる働きがあります。ヴィーナスプラセンタは栄養成分を損なうことなく取り出せる「酵素抽出法」を採用。40倍濃縮された濃厚プラセンタが21.600mgも配合されています。品質保障JHFAマークも取得しているので安心安全なものを摂取できるのもうれしいです。1日4粒
詳しい商品詳細は⇒

購入場所|通信販売

女性にうれしい成分をギュっと凝縮|基本のサプリ キッコーマン 初回限定¥2.730

出典:キッコーマン

更年期症状など気になる始めた女性にぴったりの高品質サプリメント!長年の研究から独自に開発した女性の美しさに欠かせない「アグリコン型」大豆イソフラボンとポリフェノールの王様と言われているプロアントシアニジン!キッコーマンの独自2大成分を配合!その他、日常生活で不足しがちな女性にうれしい成分をしっかり配合することで年齢の悩みを徹底サポートしてくれます。
1日2粒ですので手軽に飲めるのもありがたいポイント♪世界最高水中の安全性が認められている「c-GMP」を取得しているので安心して飲むことができるのもうれしいですね。

購入場所|通信販売

大豆に秘められたサポート力|サプリメント エクエル ¥4000

img63675753

出典:大塚製薬

更年期症状は我慢しないでサプリメントや漢方薬でケアしていきましょう。大塚製薬から発売されているエクエルは、大豆の乳酸菌発酵でつくられたオールサプリメントです。ホルモンバランスに不安なゆらぎ世代の女性の心も体も応援してくれます。1日4粒

購入場所|ドラックストア・通信販売

更年期の辛い症状へ|漢方薬 ルビーナ ¥3080

img_about01

出典:タケダ

体内中等度またはやや虚弱な人向け・ホルモンバランスの乱れが気になる人へ。冷え性・ほてり・のぼせなどの更年期障害やめまいがひどい人へおすすめです。前向きな気持ちで充実した毎日を過ごしていただきたいという願いから生まれたお薬。

購入場所|ドラックストア・通信販売

11.まとめ

女性特有の痛みや悩みのサインを見逃さないように、生理現象に異変を感じたらまずは誰かに相談しましょう。それが専門の人なら安心感はだいぶ違います。病気にならなければ医療機関を頼ってはいけない決まりはなく、『予防』の面ではドクターを頼るのはむしろあたりまえです。自分の体とはこれからも『お付き合い』しなくちゃいけません。ないがしろにせずに積極的にケアをしてあげましょう。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事