メリットが多い断食ダイエットでキレイな身体を手に入れる方法

スクリーンショット 2016-09-06 14.16.51

「プチ断食」や「ファスティング」という言葉が登場し、身近になりつつある断食。手軽にスタートできて、すぐに効果を感じられるとあり、若い女性を中心に人気が出てきています。

元々は、一定の期間、全ての食物や特定の食物の摂取を断つ宗教的行為であった断食。しかし便秘が改善されたり、胃腸の調子が良くなったり、ダイエット効果があったりと、最近では私たちの日常に溶け込んできつつあります。

でも間違った方法で断食すると、激しくリバウンドをしてしまったり、健康へ悪影響が出ることも。そこで今回は、本当に効果がある正しい断食についてご紹介していきたいと思います。


1.正しい断食ダイエット方法

shutterstock_154910600

「断食」と聞くと、どうしてもツライというイメージがありますよね。しかも、正しい知識を身に付けて実行しないと健康を害する場合も…。どれくらい断食をすれば効果があるのか分からない、どれが正しいやり方なのか分からない、そんな方のために本当に効果がある断食ダイエットをご紹介します。

1-1.実施日数

断食ダイエットで一番効果的な日数は、ずばり“3日間”と言われています。半日~2日程度を推奨しているケースもありますが、充分なデトックス効果を体感できないことも少なくありません。

というのもデトックスが始まるのは、ファスティングをスタートして2日目の昼くらいから。半日~1日の断食だとデトックスが始まる前に終了となるため、消化器官を休めるだけになってしまいます。2日の断食だとデトックスは始まりますが、すぐに終えてしまうために充分な効果を感じることができないまま終了を迎えることになります。逆に、4日以上の断食を素人だけで行なうのは危険という専門家が少なくありません。

そのため、安全に実行できてしっかりファスティングの効果を感じることができる3日間の断食が、一番効果が出やすい日数と言えます。

1-2.平均減量値

デトックスして身体の中がキレイになり、痩せやすい体質になったとはいえ、やはり目に見えた効果がないと、モチベーションも上がらないというもの。では、断食をすることでどれくらい体重が減るのでしょうか。

個人差はありますが、1日の断食で0.2~1kg、2日の断食で0.5~2kg、3日の断食で1.5~3kgの減量が期待できます。目に見える効果があるとやはり嬉しいですよね。しかし注意すべきは、目に見える体重が減っただけで実際に痩せたわけではないということ。一気に体重が減った分、断食終了後すぐに通常の食事に戻してしまうと、一気にリバウンドをしてしまいます。

1-3.やり方

断食を始める前日は、昼食から食事の量を少しずつ減らしていきます。胃に負担のかかるものや、消化に悪いもの、脂っこいもの、糖分が多いもの、お酒、タバコ、コーヒーは避けるようにします。

断食をスタートしたら、完全に食事を断ちます。しかし水分が不足しがちになりますので、水分は積極的に摂るようにしましょう。1日2リットル以上が目安です。激しい運動などは避け、ゆったりと過ごすのが基本ですが、ウォーキングなどの軽い有酸素運動を併せると効果が高まると言われています。

断食期間中、固形物を摂らずに過ごしたら次は回復食です。断食終了後は消化機能が低下しているので、おかゆなどの消化に良い物を少しずつ摂っていくようにします。回復食の期間は断食をした日数と同じか、それ以上。焦らずじっくり回復食を摂るのがポイントです。ここで一気に食事の量を増やしたり、味が濃いものを食べたりすると、断食した意味がなくなってしまいますので気をつけましょう。

1-4.摂っても良い食べ物

断食ダイエットにも様々なやり方があり、特に本断食と言われる方法は水だけしか摂取してはいけません。ただ、心にも身体にも大きな負担がかかりますから、ダイエット目的で断食する場合には本断食は避けたほうが良いと言われています。

最近では、酵素ドリンクを併用する人が多いのではないでしょうか。炭酸などで割れば、空腹もかなり紛れるようになるはずです。しかしそれだけだと「断食反応」といって頭痛が起こることもあるため、少量の糖分を摂取する必要があります。そこで、野菜ジュースやヨーグルト、豆乳、はちみつなどの固形物でないものを少しずつ摂るようにしましょう。

2.効果を高める2つのポイント

意を決して断食するなら、できるだけ効果を高めたいもの。そこで、断食ダイエットの効果を高めるためのコツをチェックしていきましょう。

2-1.酵素ドリンク

酵素ドリンクは体内の消化酵素の働きを助け、排出効率をグッと上げる手助けをしてくれます。お手軽に取り入れるなら、市販されている酵素ドリンクを使うのが手っ取り早い方法です。様々なタイプがありますので、成分をしっかり見極めてくださいね。

しかし、市販されている酵素ドリンクのほとんどは、熱処理によって酵素が死んでしまっている状態のもの。酵素ドリンクに含まれる栄養素が消化酵素の助けになるので一定の効果は得られますが、生きた食物酵素を摂りたい方は低速度ジューサーで手作りしてみるのも良いと思います。

2-2.軽い運動

断食ダイエット中、過度な運動は厳禁ですが、ウォーキングやストレッチなどの軽い運動は積極的に行ないましょう。というのも、断食をしていると身体が「摂取カロリーが低くても大丈夫」と判断し、食事制限の効果が薄れて言ってしまいます。軽い運動で消費カロリーを高めると「やっぱりカロリーが足りない」と判断され、脂肪燃焼の効果が高まると言われています。

3.注意すべき点

shutterstock_76997062

断食ダイエットを成功させるかどうかは、断食期間ではなく回復食期にあると言っても過言ではありません。

というのも、断食をして体内の毒素がなくなったことにより、これまで100食べても60程度しか身体が吸収していなかったのに、100食べれば100吸収してしまうことになってしまうのです。すると、リバンドをしてダイエット前よりも太ってしまうということにもなりかねません。これまで全く動いていなかった消化器官を動かし始めることになりますので、ゆっくり食事を戻していく必要があります。そのため、回復食期間は長めに取ることが推奨されています。

また、断食ダイエットを始めると、面白いように体重が減ることも珍しくありません。しかし、「もうちょっとだけ…」と期間を伸ばすのはNG。筋肉量が減少し、基礎代謝が下がることで1日の消費カロリー数がどんどん少なくなってしまうため、身体への負担が大きくなることはもちろんさらに痩せにくくなってしまうのです。つまり、断食ダイエットを辞めて普段の食事に戻した途端、一気に太りやすくなってしまうというわけです。

4.まとめ

手軽に実行できて、高い効果が期待できる断食ダイエット。デトックス効果やアンチエイジング、腸内環境の改善など嬉しいメリットがたくさんあります。

一方で、間違ったやり方をしていると効果が出ないどころかマイナスになってしまうことも充分にあり得ます。断食ダイエットをスタートするときには、充分な下調べをしてから実行してみてくださいね。

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事