憧れのファッションデザイナーへのなり方と仕事内容|初心者向け

ファッションデザイナー

ファッション関連の仕事の中でも、いわゆる「花形職業」と言われているファッションデザイナー。「憧れるけど、私にもなれるの?」「実際のデザイナーはどんな働き方をしているんだろう?」など、気になることも多いと思います。

そこで今回は、ファッションデザイナーに関するアレコレを丸ごと調査! 興味のある方は、デザイナーへの一歩を踏み出す前にぜひ参考にしてくださいね。

もくじ

1.ファッションデザイナーとは?
1-1.どんな流れで仕事を進めるの?
1-2.どこで働いているの?
1-3.日本の著名ファッションデザイナー
2.ファッションデザイナーになるには?
2-1.専門の学校で勉強する
2-2.アパレルメーカーで経験を積む
2-3.独学する
2-4.デザイナーに弟子入りする
3.ファッションデザイナーの求人市場をリサーチ!
3-1.未経験OKの求人はある?
3-2.選考で求められる経験・スキル
4.ファッションデザイナーの働き方の実態
4-1.気になる給与相場
4-2.勤務形態
5.まとめ

1.ファッションデザイナーとは?

世の中には、服・靴・バッグ・小物などのさまざまなファッションアイテムが溢れています。それらのデザインや素材、色、縫製の仕方などを考え、形にしているのが、ファッションデザイナーと呼ばれる職業の人たち。

では、実際にどのような流れで仕事を進めるのか、どんなところで働いているのか、具体的に見ていきましょう。

1-1.どんな流れで仕事を進めるの?

ファッションデザイナーには「センス」が不可欠。ですが、自分の感性や嗜好だけで服をデザインしているわけでは決してありません。個人の名前で仕事ができる著名デザイナーならまだしも、一般的なファッションデザイナーには「芸術」ではなく「売れる服をつくること」が求められるからです。

ターゲットとする消費者にとって魅力的な服をつくるため、まず行なわれるのが緻密なマーケティングや戦略立案。

ターゲットの選定、その人たちのニーズやトレンドの調査、競合の商品の把握、コンセプトの企画などを行なったあと、デザイン画を描き起こしていきます。色や素材、パーツ、縫い方など、ディテールまでイメージできるかが重要。

デザインが決まったらパタンナーが型紙を作成し(パターンメイキングと言います)、仮縫いをしてシルエットなどをチェックしたあと、工場でサンプルを製作。工場への細かな指示を仕様書にまとめるのも、ファッションデザイナーの仕事です。

サンプルがあがってきたら最終チェックをし、いよいよ量産。デザイナーはここまでの工程にトータルで携わります。

1-2.どこで働いているの?

ファッションデザイナーの活躍の場で最もメジャーなのが、アパレルメーカー。自社のブランドを持ち、自社で服をつくっている企業です。ブランドコンセプトやシーズンごとのテーマに基づき、世界観に合った服をつくっていくことが、デザイナーの仕事になります。

また、OEMメーカーで働くという道もあります。OEMメーカーとは、自社のブランドを持たず、ほかのアパレルメーカーのブランド名で服づくりを請け負う企業のこと。

大枠の企画は委託元のアパレルメーカーが行ない、それに沿ってデザイン・製造を進める形が一般的です。

企業に就職せず、著名デザイナーのアシスタントとして経験を積むという方法も。いまをときめくデザイナーのノウハウを近くで吸収できる一方で、初めのうちは雑用に追われるなど大変な部分もあります。

いずれかの方法でスキルを磨いたのち、フリーランスとして独立する人もいます。

自分の名前で仕事をしたり、自分のブランドを持ったり…そんな未来に憧れる方は多いでしょう。

もちろん努力と才能と運があれば叶わない夢ではありませんが、実現するには相当の覚悟が必要であることも事実です。

1-3.日本の著名ファッションデザイナー

ファッションデザイナーを目指すからには知っておきたい、日本のファッション界を支えてきた著名デザイナーをご紹介します。

高田賢三(ケンゾー) 1939年〜

日本のファッションを海外へ発信した先駆者とも言われるデザイナー。出身校である文化服装学院の同期にはコシノジュンコなどがおり、花の9期生と呼ばれていました。

彼のブランド「ケンゾー」は、パリコレクションで何度も人気No.1ブランドに輝いた実績があります。

三宅一生(イッセイミヤケ) 1938年〜

幼少期に広島で被爆した経験から、「創造的で美しさや喜びをもたらすもの」を求めて優れたセンスを発揮。衣服を単なるファッションではなくデザインと捉える独自の視点で、多摩美術大学在学中からデザイン賞を受賞するなど頭角を現します。

卒業後にパリへ渡り、帰国後に「三宅デザイン事務所」ならびにブランド「イッセイミヤケ」をスタート。

山本耀司(ヨウジヤマモト) 1943年〜

慶應義塾大学、文化服装学院を卒業。自身のブランド「ワイズ」で東京コレクションデビュー、「ヨウジヤマモト」でパリデビューという華々しい経歴を持ちます。

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

この夏にオススメ!ホワイトニング&保湿ケア

紫外線の多いこの時期に特に!おすすめな京美人の美しさの秘訣を凝縮したホワイトニング美容液オールイワンゲルをご紹介します!

KYO BIJINはホワイトケアと保湿ケアを同時に叶えてくれる新発想のホワイトケアオールインワンゲル

水の代わりに白樺の樹液をベースに使用。
白樺の樹液にはエイジングケアには欠かせない成分ビタミンCやフラボノイドが入っているうえ、とても浸透力が高い注目成分です
その他にも、シミやくすみを防ぐシルク・肌にハリをもたらす酒粕エキス・紫外線後のダメージを補修する米ぬかエキス・美容力をさらに高めるビタミンC+ビタミンPなど美容成分37種配合。
美白も保湿もエイジングケアもと欲張りケアしたい方は一度試してみてください!

KYOBIJIN
価格:1周年記念感謝セール 1609円(税込)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事