憧れのファッションデザイナーへのなり方と仕事内容|初心者向け

ファッションデザイナー

ファッション関連の仕事の中でも、いわゆる「花形職業」と言われているファッションデザイナー。「憧れるけど、私にもなれるの?」「実際のデザイナーはどんな働き方をしているんだろう?」など、気になることも多いと思います。

そこで今回は、ファッションデザイナーに関するアレコレを丸ごと調査! 興味のある方は、デザイナーへの一歩を踏み出す前にぜひ参考にしてくださいね。

もくじ

1.ファッションデザイナーとは?
1-1.どんな流れで仕事を進めるの?
1-2.どこで働いているの?
1-3.日本の著名ファッションデザイナー
2.ファッションデザイナーになるには?
2-1.専門の学校で勉強する
2-2.アパレルメーカーで経験を積む
2-3.独学する
2-4.デザイナーに弟子入りする
3.ファッションデザイナーの求人市場をリサーチ!
3-1.未経験OKの求人はある?
3-2.選考で求められる経験・スキル
4.ファッションデザイナーの働き方の実態
4-1.気になる給与相場
4-2.勤務形態
5.まとめ

1.ファッションデザイナーとは?

世の中には、服・靴・バッグ・小物などのさまざまなファッションアイテムが溢れています。それらのデザインや素材、色、縫製の仕方などを考え、形にしているのが、ファッションデザイナーと呼ばれる職業の人たち。

では、実際にどのような流れで仕事を進めるのか、どんなところで働いているのか、具体的に見ていきましょう。

1-1.どんな流れで仕事を進めるの?

ファッションデザイナーには「センス」が不可欠。ですが、自分の感性や嗜好だけで服をデザインしているわけでは決してありません。個人の名前で仕事ができる著名デザイナーならまだしも、一般的なファッションデザイナーには「芸術」ではなく「売れる服をつくること」が求められるからです。

ターゲットとする消費者にとって魅力的な服をつくるため、まず行なわれるのが緻密なマーケティングや戦略立案。

ターゲットの選定、その人たちのニーズやトレンドの調査、競合の商品の把握、コンセプトの企画などを行なったあと、デザイン画を描き起こしていきます。色や素材、パーツ、縫い方など、ディテールまでイメージできるかが重要。

デザインが決まったらパタンナーが型紙を作成し(パターンメイキングと言います)、仮縫いをしてシルエットなどをチェックしたあと、工場でサンプルを製作。工場への細かな指示を仕様書にまとめるのも、ファッションデザイナーの仕事です。

サンプルがあがってきたら最終チェックをし、いよいよ量産。デザイナーはここまでの工程にトータルで携わります。

1-2.どこで働いているの?

ファッションデザイナーの活躍の場で最もメジャーなのが、アパレルメーカー。自社のブランドを持ち、自社で服をつくっている企業です。ブランドコンセプトやシーズンごとのテーマに基づき、世界観に合った服をつくっていくことが、デザイナーの仕事になります。

また、OEMメーカーで働くという道もあります。OEMメーカーとは、自社のブランドを持たず、ほかのアパレルメーカーのブランド名で服づくりを請け負う企業のこと。

大枠の企画は委託元のアパレルメーカーが行ない、それに沿ってデザイン・製造を進める形が一般的です。

企業に就職せず、著名デザイナーのアシスタントとして経験を積むという方法も。いまをときめくデザイナーのノウハウを近くで吸収できる一方で、初めのうちは雑用に追われるなど大変な部分もあります。

いずれかの方法でスキルを磨いたのち、フリーランスとして独立する人もいます。

自分の名前で仕事をしたり、自分のブランドを持ったり…そんな未来に憧れる方は多いでしょう。

もちろん努力と才能と運があれば叶わない夢ではありませんが、実現するには相当の覚悟が必要であることも事実です。

1-3.日本の著名ファッションデザイナー

ファッションデザイナーを目指すからには知っておきたい、日本のファッション界を支えてきた著名デザイナーをご紹介します。

高田賢三(ケンゾー) 1939年〜

日本のファッションを海外へ発信した先駆者とも言われるデザイナー。出身校である文化服装学院の同期にはコシノジュンコなどがおり、花の9期生と呼ばれていました。

彼のブランド「ケンゾー」は、パリコレクションで何度も人気No.1ブランドに輝いた実績があります。

三宅一生(イッセイミヤケ) 1938年〜

幼少期に広島で被爆した経験から、「創造的で美しさや喜びをもたらすもの」を求めて優れたセンスを発揮。衣服を単なるファッションではなくデザインと捉える独自の視点で、多摩美術大学在学中からデザイン賞を受賞するなど頭角を現します。

卒業後にパリへ渡り、帰国後に「三宅デザイン事務所」ならびにブランド「イッセイミヤケ」をスタート。

山本耀司(ヨウジヤマモト) 1943年〜

慶應義塾大学、文化服装学院を卒業。自身のブランド「ワイズ」で東京コレクションデビュー、「ヨウジヤマモト」でパリデビューという華々しい経歴を持ちます。

当時タブー視されていた黒を前面に押し出したり、アシンメトリーを用いるなど、既成概念をくつがえすセンスで世界を魅了してきました。

川久保玲(コム・デ・ギャルソン) 1942年〜

慶應義塾大学卒業後、旭化成の宣伝部を経てフリースタイリストに。その後に立ち上げた「コム・デ・ギャルソン」では斬新なデザインを数多く発表し、東京コレクションやパリコレクションでセンセーションを巻き起こしました。

2.ファッションデザイナーになるには?

次に、ファッションデザイナーになるための方法をいくつかご紹介します。自分にはどの方法が合っているか、参考にしてみてください。

2-1.専門の学校で勉強する

まずは、服飾系・被服系の専門学校、短期大学、大学などに通う方法。洋裁やパターンメイキングの技術、ファッションの歴史などを体系的に学ぶことができます。

前の章でご紹介した著名デザイナーの多くが学校で学んでいることを考えると、デザイナーへの第一歩としては最もポピュラーな方法と言えるかもしれません。

2-2.アパレルメーカーで経験を積む

未経験での入社を歓迎する求人は多いとは言えませんが、中にはイチから経験を積ませてもらえる会社もあります。

入社後まずは、先輩社員のアシスタントとして知識や技術を身につけていく、いわば「下積み」の期間。

実践を通じて覚えていくほうが合っているという方には、デザイナーへの近道になりうる手段です。

2-3.独学する

テキストで勉強する、通信教育を受ける、とにかく自分でデザインを繰り返してみるなど、自力でスキルを身につけていく方法もあります。

「洋裁技術検定」「パターンメーキング技術検定」「ファッション色彩能力検定」といった、ファッションに関する資格を取得するのも手。学校や企業に入るのと違い、「ファッションの情報が自然に入ってくる」環境に身を置くわけではないため、トレンドや市場動向のキャッチアップは意識的に行なうことが重要です。

2-4.デザイナーに弟子入りする

憧れのデザイナーやブランドが存在する場合は、思いきって弟子入りするという道も。

デザイナーのノウハウや感性を間近で吸収できるというメリットがあります。ただし、誰もが弟子をとるわけではありませんし、弟子が多いためになかなかデザインに関わらせてもらえなかったり、中には無償でハードに働かなくてはならない場合も。

「それでもファッションデザイナーになりたい」という情熱と覚悟が必要です。

3.ファッションデザイナーの求人市場をリサーチ!

ここまでは、ファッションデザイナーの仕事内容や活躍の場、目指す方法などをご紹介してきました。

アパレルメーカーで働くデザイナーが最も多いとお伝えしましたが、では、現状の求人市場はどうなっているのでしょうか?

3-1.未経験OKの求人はある?

未経験者を歓迎する求人の数は、多いとは言えません。イチから教育するにはそれなりのコストと時間がかかりますし、将来活躍するデザイナーに育つかどうかもわからないため、企業にとってはリスクが大きいのです。

ただし、「業界の常識にとらわれないデザイナーをイチから育てたい」「組織の若返りを図るため、経験よりも若さを求める」「未経験者を育てる企業体力がある」といった場合に、あえて未経験者を募集する企業もあります。

求人サイトや企業サイトの人材募集ページをこまめにチェックしたり、転職エージェントに登録して話を聞いてみるなど、積極的にアクションを起こしましょう。

3-2.選考で求められる経験・スキル

ファッションデザイナーとしての経験は不問でも、そのほかの経験やスキルが問われるケースもあります。では、ファッションデザイナーの求人で求められることの多い経験・スキルを見てみましょう。

服飾系の学校で学んだ経験

ファッションに関する基礎知識やスキルを有しているかのバロメーターとして、服飾系の学校を出ていることを条件とするケース。未経験OKの求人の中では、最もよく見る応募資格のひとつです。

Illustrator、Photoshopなどのスキル

デザイン画や仕様書を描く際にこれらのソフトを使う場合、少しでもスムーズに実務に入ってもらえるように、最低限の条件として掲げる企業が多いです。

パタンナーの経験

パタンナーからのキャリアチェンジを歓迎するケースも。パターンメイキングなどの服づくりの基礎技術を持っていることは、アドバンテージになります。

コミュニケーションスキル

ともすれば職人仕事に見られがちなデザイナーですが、マーチャンダイザー・パタンナー・生産管理などさまざまなスタッフと連携して進めていく必要があります。

相手の話をきちんと理解できる、自分の考えを論理立てて伝えられる、好感を持たれる接し方ができるなど、基本的なビジネススキルを重視しない企業はないと言っていいでしょう。

ファッションが好きという気持ち

そして何より、「ファッションが好き」「ファッションを仕事にしたい」という強い気持ちが大切。たとえ求人広告に明文化されていなくても、多くの企業が前提条件として求めていると言えます。

もちろん、口先だけの「好き」ではNG。トレンドについて研究している、ヒットしそうな服を自分なりに多数デザインしているなど、「好き」という気持ちに付随する行動にも企業は着目しています。

4.ファッションデザイナーの働き方の実態

この仕事に限ったことではありませんが、憧れの気持ちだけで仕事を選んでしまうと、あとから「こんなはずじゃなかった…」と後悔することにもなりかねません。最後に、現実的に生活していく上で重要な「給与」と「勤務形態」についてご紹介したいと思います。

4-1.気になる給与相場

企業の規模などにもよるため一概には言えませんが、一般的なアパレルメーカーであれば、平均年収300万円〜400万円ほど。

OEMメーカーであれば350万円〜500万円ほどです。

中には正社員ではなく契約社員で採用するケースも多く、そうなるとボーナスがないぶん年収も若干下がります。実績やキャリアを積めば、企業の人事考課制度に沿った形で昇給していきます。

できる限り年収を上げたいのであれば、基本給だけでなく手当などもチェックしましょう。残業手当、資格手当、住宅手当などの有無により、年収は変わってきます。

4-2.勤務形態

こちらも企業の就業規則によりますが、ほとんどの場合が日勤です。9〜10時に始業し、18〜19時に終業。納期前などの繁忙期は、残業が発生するケースも多いようです。

休日休暇は土日祝がメイン。ただし、繁忙期は休日出勤もありうるかもしれません。お盆や年末年始休暇の日数や時期は、企業により異なります。



5.まとめ

人気職種であるファッションデザイナーについて、気になるアレコレをまとめてみました。いかがだったでしょうか?

「“ファッションデザイナーになりたい”という気持ちがますます強まった!」という方は、ご自身が目指したいデザイナー像をしっかりと思い描いた上で、ベストな道を進んでください。

「いろいろ知ってみて、やっぱり自分には向いていないと感じた」という結論に至っても、もちろんいいと思います。

大切なのは、イメージだけで自分の将来を決めてしまわないこと。その仕事の実態を事前にリサーチした上で、納得のいく道を選んでくださいね!

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事