《気品が大事》頑張らなくてもおしゃれママになる5つのルール

normal

フルメイクだった習慣がナチュラルメイクを余儀なくされる『ママ』をスタートしたからって、おしゃれをしたくなくなるわけがない。出産を終えて人生の方向を見据えた上で自分のあり方を腰を据えられたと言うママは多く、これまでよりふっきれた自分らしいおしゃれが本当の意味ですることができます。

何かと物入りな出産後、賢く気品ただよう『おしゃれママ』の偉業をなしているママたちのマインドを実録!これからママになる方やなりたい方の参考になります。


スポンサードリンク

その⒈『後ろ姿』おばさん化に気をつけろ!歪みのない後ろ姿

large-2

前や横からのシルエットは気にしても、後ろ姿は意外に盲点。実は後ろからはかなりの人がみています。見た目年齢を決定づける要素がたくさんあるのです。ピンと伸びた背筋・歪みのないボディライン・キュッと上がった小尻・スラリとしたまっすぐな脚。痩せている必要や高いヒールを履かなくたって美しい後ろ姿は作れます。

出産後骨盤の歪みは誰しもがあるので放って置かず赤ちゃんと一緒に出来るエクササイズを家事をしながら取り入れていきましょう。出産後のボディラインの分かれ道で後ろ姿を老けさせている要素は次項です。

  1. 猫背で頭が前に出ている
  2. お尻が平らで下垂ぎみ
  3. ウエストのくびれが見当たらない
  4. 脚をそろえた時にガニ股になっている
  5. 肩・骨盤・背骨が歪んでいる

5つの項目のうちにひとつでも当てはまる肩は簡単エクササイズが必要!後ろ姿を若返られましょう。

産後1ヶ月〜3ヶ月に出来るエクササイズ

産後、急激に変化したホルモンのバランスを整える呼吸法、生じやすい腱鞘炎を軽減・予防するストレッチ、胸、肩、首周りの緊張を解放したり、骨盤底筋を引き上げるポーズです。

  1. 両足をクロスさせて座ります。
  2. 息を吐きながら上体を前に倒します。
  3. 猫背にならないように注意してください。
  4. 上下の脚を変えて同じ動作を4回行います。

慣れない育児で忙しい時期ですが、ちょっとした空き時間に少しづつ骨盤引き締めをしていきます。慣れてくると筋トレをスムーズにおこなえ回数や時間も増やしていけます。

その2.賢く光熱費を制す!省エネ生活チェック

独身時代のように、テレビやエアコンをつけっぱなしにしたり水やお湯をじゃんじゃん使うことはできない。限りある費用をもっとも効率良く使うには知識は絶対不可欠。親という役になったからには『知りませんでした』はできれば避けたい、無駄という名のものを根絶させましょう。

large

光熱費の請求書をみて『もっと減らしたい』と考えているなら最旬の家電事情をチェック

光熱費を引き落としでポイントがたまるまたはお得のある講座になっているか

電気・ガス・水道料金を講座引き落としにすることでポイントがたまる場合が多いです。毎月コンビニで支払い用紙をで支払いをしていませんか?

電球はLEDになっているか

仕事の関係で引っ越しなどの移動がない限り電球はLEDが結局安い

家電でもっとも電気代を食っているのは冷蔵庫・いつまでも旧式を使用していないか

冷蔵庫は一度買うと10年以上は使うことになる電化製品、一軒家のおたくの場合2台使用している場合もあるが、電気代をもっともあげている電化製品です。買い替えの時期や性能をケチると結局は高くつくケースがあります。

エアコンをつけたり消したりしてはいないか

最新のエアコンならばつけっぱなしの方が電気代がかからない、扇風機を併用すれば、涼しい空気・暖かい空気を部屋の中を巡回させることができます。扇風機はブランドにもよるが1ヶ月の電気代は200円程度、併用した方がお得です。

無駄にテレビがついていないか

BGMとしてテレビをつけっぱなしになっている家庭は多い、腰を据えて観ていないのならばラジオの方が断然お得。ラジオはテレビのように放送規制もさほどないので新しい情報・音楽を知れることも多い。

消耗品をちまちま買って時間と労力を浪費していないか

毎月消費されるものは自ずとして決まっていきます。水・米・トイレットペーパーを買わない家庭はないはずです。毎度特売をチェックして買いに行くのならば便利な通販の定期購入の方が断然お得、重いものを運びチラシをチェックする必要はない。

家族の人数によっては炊飯器はいらない

gasugohan01

炊飯器に○万円かけている家庭は多い。日本人ならば白米は一生食べ続ける。お子さんも小さくて夫婦二人きりならば、ガスで米を炊くことができます。炊飯器の購入は大人数になったり子供成長とともに検討してみては。

その3.流行に左右されない神ブランド4選

ファストブランドが溢れているファッション業界。トレンドをわざわざ意識しなくても、その時期に気に入ったものを購入すれば勝手にトレンド感はとりいれられています。おしゃれママたちは『自分の体型に合った服』をじゅうししています。活用できるプチプラ・ファストブランドをご紹介。

デイリーな洋服|GU(ジーユー)

スクリーンショット 2016-09-09 14.19.50

公式サイト

1000円以下の商品も多く全身GUでも決してダサくならない。完売ラインもあるほどユニクロよりもトレンドをおさえているのに飽きもこない作りは重宝します。通販もできるので店舗まで行く必要もありません。

オフィシャルな洋服|H&M(エイチアンドエム)

スクリーンショット 2016-09-09 14.26.00

公式サイト

おしゃれすぎるラインもありますが、ジャケット・タイトスカート・シャツにおいては定番ものも豊富でオフィシャル使いには便利なデザインが多いです。サイズの幅も多くタグをつけたままならば交換・返金の融通もきくのもうれしい。

メイク用品|CANMAKE(キャンメイク)

37f9d4c6-bf34-4b1d-b570-6836310e4b09

公式サイト

メイク用品は消耗品、高価なものは買い続けるのがしんどいですよね。キャンメイクはティーン向けですが使用するのには問題なく、アイテムも豊富。たくさん買っても1万円越えるのが難しいほどです。

便利アイテム|ダイソー

スクリーンショット 2016-09-09 14.36.48

公式サイト 

100円ショップのなかでも企業努力アイテム数の豊富さは目を見張るものがあるダイソーは日本を代表できるほどのクオリティ。最近では期間限定での『かわいい雑貨』などイベントも打ち出しており、毎日行ってもちょっと奮発しても致命傷にならない欠かせないブランドです。

その4. 話し方で残念な夫婦を回避する

img_a18ca49412475c1410899c45efc8cd75114134

『ちょっと!行ってきてよ!』なんて家族に声をあらげている人を街中でみかけたとき、見ている他人は悲しい気分になる。家族をつくって初めて気づいた互いの残念な部分。『思っていたのと違う!』と感じることは当然あります。一生暮らしを共にするパートナーに『やってよ!』という気持ちは充分わかるが、残念ながらその気持ちは声を荒げても思い通りに伝わることはありません。

鬼嫁・こわい・やさしくしたくなくなる・イラつくなどいいことは一つもないのです。今後何十年も、もしかしたら死ぬまで一緒にいる相手なのだから上手くいかない気持ちの伝え方を間違っていないか手段を錯誤することが大切です。『手に入ってしまったのだから何をしてもいい』と思っているならば、相手もそう思ってありえない行動を取る動機になりかねない。夫婦はあくまで他人。優しくされても借りを返さないこともあります。

 その5.一気に老けるをストップするスキンケア方法

ママになったからにはじっくりメイクをしてヘアメイクをしている時間などない。目指すは『すっぴんかわいい』。すっぴんを磨くべく、老けを防ぐスキンケア方法を解説します。

部屋のあちこちに保湿ケアを置いて24時間保湿

特に外出の予定もないのにメイクをする気にならない日はあります。そんな時は24時間保湿ケアをする日にするのがおすすめ。洗面所はもちろんのこと、お風呂場、さらにはキッチンとリビングにも小分けしたぼとるに保湿ケアを置いてこまめに保湿!

女性ホルモンを安定させる食事

たんぱく質たっぷりの食材を毎日食べることで美肌効果が高いビタミンB群を摂取。赤身に含まれるL-カルニチンには、脂肪燃焼効果もあります!夫婦でダイエットをすることにもなりますのでおすすめです。

特にイソフラボンを意識して取ることでホルモンの安定と肌にも効果抜群。肌の生成に役立つメラニン・美肌を作る効果も高いです。アボカド・大豆・豆乳・豚肉・プルーンなどがおすすめです。

徹底したUVガード

廊下の大敵は乾燥と紫外線、洗濯物を取り込むのでも浴びる日差しにもUVガードは必要不可欠です。将来的のシワ・シミの対策意識は持っておく必要があります。

 その6.自分流の精神安定方法

large-1

自分のことを一番に考えることをやめなければならない『ママ役』は、一人でこなすには過酷です。周りの人に頼ること、その術を身につけることは大切です。誰でもなれている『ママ』に『できない』とは言い出しにくいですよね。そんな時に助けになるのは、自分流の精神安定方法。この精神安定方法には『固定概念』を外しておくことがポイントです。

  • 食事は毎度きちんと作らないといけない
  • 家事をしていて当たり前
  • しつけができて当たり前
  • 失敗できない
  • 手本にならなきゃ

誰にも言われていないのに『ちゃんとしなくては』と自分自身を追いつめてしまっている場合は少なくありません。自分が勝手に作り出しているイメージは一度すてて自分流を作り上げていくことが必要のないプレッシャーから逃れ精神の安定に役立ちます。

まとめ

おしゃれママとは見てくれのことではなく、これまで開放できなかった自分らしさを知ることがおしゃれの真髄です。カジュアルにフレッシュにモードに、自分だけの素質を磨くことを目指していれば、輝きを失うことはありません。

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事