洗顔フォームから乗り換える人続出!「洗顔石鹸」5セレクト

12891322_m

「洗顔」は、汗・ホコリ・古い角質などを取り除き、化粧水や美容液などの浸透を促進するために欠かせない日課。メイクをした日はもちろん、すっぴんで過ごした日もお肌にはたくさんの汚れが付着しますから、高価なパックやエステよりも重要なスキンケアと言っていいでしょう。

お肌を清潔、かつ自然な状態に保つためにも、洗顔料選びは手を抜けないところ。洗顔料の種類は、クリームタイプやパウダータイプ、リキッドタイプなど様々ですが、大きく分けて「洗顔石鹸」と「洗顔フォーム」の2つがあります。

今回は、肌に優しいと巷でウワサの「洗顔石鹸」についてのお話です。洗顔石鹸のメリットから、本当にオススメの洗顔石鹸、正しい選び方・使い方まで、気になる情報を一気にご紹介したいと思います!


もくじ

1.「洗顔フォーム」より「洗顔石鹸」を選ぶべき理由
2. 絶対的にオススメしたい、洗顔石鹸ベストセレクト5
3. 肌質で決める、洗顔石鹸の選び方
4. 石鹸で洗顔、多少のつっぱりは喜んでも良い!?
5. まとめ

1.「洗顔フォーム」より「洗顔石鹸」を選ぶメリット

洗顔料としておなじみの「洗顔フォーム」ですが、実はお肌の状態によっては、美肌づくり・スキンケアに悪影響があることをご存じでしたか?

確かにフォームタイプの洗顔剤は、多くの種類がありますし、持ち運びもカンタンで、手のひらで楽に泡立つという利便性がありますよね。洗顔後にはサッパリ・スッキリとした使用感があるのも特徴です。

しかし、強い洗浄力で洗い上げると爽快感こそ得られますが、お肌の表面にある大切な成分まで洗い落としてしまう可能性が……。洗顔フォームに含まれる乳化剤の主成分は、「合成界面活性剤」という「化学物質」であることが非常に多いのです。

洗浄力を高める成分ではありますが、強力に油を溶かす性質のため、お肌に必要なものまで溶かしてしまいます。また「合成界面活性剤」を洗い残してしまった場合、お肌に悪影響のある成分をすり込んでしまうことに。様々なお肌のトラブルを引き起こすリスクがあるのです。

お肌のトラブルに悩んでいる人であれば、洗顔フォームで洗えば洗うほど、症状を悪化させていまう可能性も。今はトラブルがないという人も、使い続けるうちにお肌に必要な成分を失い、不要な成分を蓄積していくことになります。

つまり、現在のお肌についての悩みに関わらず、洗顔フォームを使い続けることはあまりオススメできません。

2. おすすめ洗顔石鹸ベストセレクト5

では、実際に洗顔石鹸を選ぶとしたら、どの商品を選べばいいのでしょうか? 今回は人気の洗顔石鹸の中でも、特にオススメしたいベストセレクトをご紹介します。

北の快適工房 二十年ほいっぷ/120g・1,885円

tit3_right

allprice_no1_01

 

直火釜練り製法により、汚れ落ちと潤いの2つが両立した洗顔石鹸です。無添加なので、アトピー肌や敏感肌の人でも安心して使えます。

くすみが取れて透明感のある肌になった、洗いあがりがしっとりして乾燥しなくなった、などの声が。ミルクのような優しい香りを楽しむファンも多い洗顔石鹸です。

皮脂表面の汚れを落とし、お肌への潤い補充を両立している洗顔石鹸といえます。

購入サイト|北の快適工房

長寿の里 然 よかせっけん(ジャータイプ)/80g・1,800円

banner-62

特徴はなんといっても、火山灰シラスという成分を超微粒子化し、きめ細かい泡立ちを実現していること。お肌の奥にある汚れにまで働きかけると言われています。

クリーミーな泡立ちで、毛穴よごれをしっかりと吸着し、ニキビや肌荒れを防いでくれる洗顔石鹸です。

現在はお肌のトラブルを抱えていない人、自分の肌質がわからない人、乾燥肌・敏感肌で水洗顔を実践したい人など、どんな肌質の人でも安心して使えることが人気です。

購入サイト|長寿の里

TAMANOHADA TAMANOHADA SOAP(ローズ)/125g・800円

top_main2

11121050_5462bce36f528

植物性石鹸素地からつくられた石鹸で、泡立ちが良く、保湿力と洗浄力に優れた洗顔石鹸です。洗顔だけではなく、身体全身にも利用でき、コストパフォーマンスに優れているという声も。

好みに合わせて、ガーデニア・ムスク・オレンジ・ラベンダー・フィグの香りが選べます。オススメはローズ。ゴージャスなローズの甘さを強調した、エレガントな香りが特徴です。

購入サイト|TAMANOHADA

ヴァーナル アンク ソープ/110g・2,500円

main1

 

 

肝心の洗浄力はもちろん、保湿力まで優れた、理想の洗顔石鹸です。お肌の不要な汚れをきちんと落としつつ、保湿成分をたっぷりと含んでいるのが特徴。

クリーミーで弾力性のある泡が、洗顔によるお肌への負担を軽減します。きめ細やかで吸着力の高い泡が、お肌に密着するのを感じられるという声も。

メイクや古い角質を除去し、毛穴の中にある皮脂・タンパク汚れを落としてくれる、毛穴に効く洗顔石鹸です。

購入サイト|ヴァーナル アンク ソープ

COCOLARME VCOマイルドソープ/85g・2,847円

soap_img1

VCO=ヴァージンココナッツオイルを贅沢に配合した洗顔石鹸。VOCにより、もっちりした濃密な泡をつくりだし、汚れをすっきり落としてくれます。肌に必要な潤いをきちんと残してくれる、安心の洗顔石鹸といえます。

赤ちゃんのような透明なお肌を手に入れたい、という女性に人気。VOCには、母乳に含まれるラウリン酸が40%も含まれることが、人気の秘密でしょう。

石油系界面活性剤、合成香料・着色料、保存料は一切含まれておらず、お肌への負担を極限まで減らした洗顔石鹸です。

購入サイト|COCOLARME

3. 肌質で決める洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸選びのポイントは、自分の肌質を理解して、最適な洗顔石鹸を見つけること。乾燥肌、敏感肌、脂性肌、ニキビ肌、混合肌など、代表的な肌質ごとに洗顔石鹸の選び方をチェックしていきましょう。

乾燥肌や敏感肌の場合

乾燥を促進する可能性のある純石鹸は避けたほうが安心。セラミドやヒアルロン酸などの刺激になりにくい、保湿成分が配合されている石鹸を選びましょう。

脂性肌の場合

アブラの落とし過ぎに要注意。皮脂は洗えば洗うほど出てくるものなので、洗浄力が強すぎる洗顔石鹸は実は逆効果です。お肌の表面に浮いている不必要な皮脂を落とすことができれば十分。あわせて、水分の分泌を促してくれる洗顔石鹸を選ぶようにしましょう。

ニキビ肌の場合

注意点は脂性肌と同様。不要な皮脂と汚れだけを落として、水分の分泌を妨げない、促進してくれる洗顔石鹸がオススメです。ついついサッパリ感を求めて、ニキビ肌対策の洗顔石鹸を選びたくなりますが、洗顔後に強すぎるつっぱりを感じることも。そんなときは思い切って、保湿重視の洗顔石鹸を使ってみるのが良いですよ。

混合肌の場合

他の肌質のパターンと同様に、水分と油分のバランスを意識すれば大丈夫。皮脂を落としすぎず、適切な水分量をキープすることが、お肌のバランスを整える際に重要です。

4. 石鹸で洗顔多少のつっぱりは喜んでも良い理由

洗顔石鹸を利用していた人から、「石鹸で洗顔すると、肌がつっぱる」といった声を聞くことがあります。でもそれは単に乾燥しているわけではなく、肌が正常な状態に戻っていく合図でもあるんです。

洗い方や肌質で違いはあるものの、洗顔後は基本的にお肌がつっぱるものだと思ってください。というのも、人間のお肌は弱酸性の性質を持っており、アルカリ性の石鹸で洗うことで、弱酸性の肌がアルカリ性に傾くことになります。アルカリ性に傾いたお肌は、本来の性質である弱酸性に戻そうとして活性化するのですが、そう、これが「つっぱり」の正体。

これを不快に感じる人は多いと思いますが、お肌が活性化して正常な状態に戻っている合図と捉えて、ちょっと我慢してくださいね。もちろん、洗顔後に化粧水や乳液などのスキンケアアイテムを用いることで、つっぱり感はなくなります。

5. まとめ

現在お肌のトラブルを抱えている方も、そうでない方も、洗顔石けんを使うことのメリットをお分かりいただけたでしょうか。

洗顔はスキンケアの基本中の基本。毎日の積み重ねが美肌をつくります。これを機にご自身の洗顔を見直して、美肌づくりの第一歩を踏み出してくださいね!

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca おすすめアイテム

kireca おすすめ

kireca編集スタッフが厳選&オススメするお得なトライアルセットで自分にピッタリのアイテムを見つけよう!

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事