仕上がりを左右するフェイスパウダーの正しい使用方法

shutterstock_426210235

メイクの仕上げに欠かせないフェイスパウダー。メイクを美しく見せてくれるだけでなく、化粧崩れ防止、肌の粗隠し、色補正など、さまざまなメリットがあります。便利なフェイスパウダーですが、ポンポンと適当な使い方をしていませんか?正しく使えば効果はグンと上がります。初めてフェイスパウダーを使う人も、使い慣れている人も、正しい使い方を抑えて美肌を手に入れてみませんか。


1.フェイスパウダーって…??

フェイスパウダーも実はファンデーションの一種。ファンデーションの中で含まれる油分が一番少ない、粉分が多いファンデーションです。フェイスパウダーにも固形状と粉状の2タイプに分かれ出ていますが、基本的に成分は同じ。固形状のフェイスパウダーは、粉状のフェイスパウダーに圧力をかけて固めているだけです。

ベースメイクに使うファンデーションとは違い、フェイスパウダーはメイクの仕上げに使うもの。自然かつ美しい肌を作り上げるためには、フェイスパウダーは欠かせないアイテムなんです。

2.フェイスパウダーの正しい使い方

手軽に使えるのに、嬉しいメリットがたくさんあるフェイスパウダー。どう使うのが正しいのでしょうか。ここでは、フェイスパウダーの使い分け方と手順についてご紹介します。

2-1.フェイスパウダーはこんな風に使い分けよう!

【1】化粧崩れ防止

ナチュラルに仕上がるリキッドファンデーション、クリームファンデーション、BBクリームなどは、どうしても崩れてしまいがち。そこで活躍するのがフェイスパウダーです。ファンデーションを塗った後に薄く重ねれば、肌へピッタリ吸い付いて長時間メイクを保ってくれます。さらに、透明感を演出したり、ふんわり優しい雰囲気を演出したりと、なりたいメイクの実現に一役買ってくれるはず。液状ファンデーションを使う際には欠かせないアイテムです。

一方、パウダータイプのファンデーションは、フェイスパウダーの役割も含まれています。さらにフェイスパウダーを重ねてしまうと厚塗り感が出てしまいますので、重ね付けする必要はありません。

【2】化粧直し

化粧直しをする時、ファンデーションを重ねている方も多いと思います。しかし、これはNG。ファンデーションを重ね塗りすることで厚塗りになって化粧崩れが起きやすくなり、余計汚くなってしまうことも。さらには皮脂が過剰分泌して乾燥に繋がることもあるのです。

そんな事態を避けるために活用したいのが、フェイスパウダー。余分な皮脂や汚れを吸い取り、保水をしてからフェイスパウダーを乗せれば、朝メイクしたての美しい肌を復活させることができます。

【3】ナチュラルメイク

ファンデーションの一種であるフェイスパウダーですから、下地の上に乗せてもOK。ベースメイクに使うファンデーションほどのカバー力はありませんが、肌に透明感を出してくれます。肌にトラブルがない方やすっぴん風メイクがしたい方にはおすすめです。ちなみに、フェイスパウダーには油分が少ない分、乾燥しやすいという弱点も。保湿効果のあるベースを使うことで、ある程度カバーできますので、保湿はしっかり行ないましょう。

2-2.フェイスパウダーの正しい使い方手順

フェイスパウダーを付ける方法は、パフを使う方法とブラシを使う方法の2つ。パフはしっかりくっきりした雰囲気に、ブラシはふんわり優しい雰囲気に仕上げることができます。では、正しい手順を見ていきましょう。

【1】フェイスパウダーをとる

パフの場合は、パウダーが均一になるようしっかり揉み込みましょう。余分な粉はあらかじめ落としておきます。ブラシの場合も同じ。手の甲やティッシュを使って余分な粉を落としつつ、ブラシ全体にパウダーが行き渡るように調整します。

【2】付けるときは「顔の中心から外側へ」

パフの場合は優しく肌の上を滑らせるようなイメージで、ブラシは肌へ垂直にあて、クルクルと優しく円を書きながら滑らせていきます。小鼻や目の周りは入念に。丁寧に乗せていきましょう。

【3】フェイスラインをぼかすことも忘れずに

首との境目がくっきり…とならないように、外側に払うようにしてフェイスラインをぼかしていきます。粉のついていないキレイなパフかブラシを使ってなじませていきましょう。

3.フェイスパウダー選びのポイント

正しい使い方を学んだら、次は選び方について。世の中にたくさんあふれているフェイスパウダーの中から、自分にピッタリの物を選ぶにはどうしたら良いのでしょうか。ここでは、基本的な選び方の他、肌の色味別の選び方、選ぶ歳の注意点についてご紹介していきます。

3-1.基本的な選び方の3つのポイント

【1】実際に肌につけて選ぼう!

フェイスパウダーは意外と減りが遅く、1つを使い切るまでに時間がかかるもの。せっかく買ったのに自分の肌に合わないとなると、無駄になってしまう可能性が高いのです。お値段も決して安くはありませんから、必ず顔に付けて選ぶようにしましょう。感触やフィット感、カバー色や仕上がりのイメージを確認することをお忘れなく。可能であれば、実際に付けて1日過ごしてみるとより使用感が分かりやすくなるはずです。

【2】紫外線吸収剤を含まないものをチョイスしよう!

紫外線吸収剤が含まれていないものならば、皮膚の内部にまで浸透する心配はありません。皮膚膜を傷つけないので、肌への影響はナシ。特に敏感肌の方や肌トラブルを抱えている方は重要視したいポイントです。

【3】ピンク系のカラーを選ぼう!

肌よりも白い色がセオリーとなっているフェイスパウダーの色。しかしファンデーションを乗せた上に真っ白なフェイスパウダーを乗せてしまうと、白浮きしてしまいます。それを防ぐためには、ピンク系がオススメ。日本人は元々黄色みがかかった肌色をしているので、ピンク系の色がナチュラルに馴染んでくれるのです。

3-2.肌色別、フェイスパウダーのカラー選び

▼色白の方は…

元々肌が白い方がピンク系のフェイスパウダーを付けてしまうと、時間が経つに連れて白浮きすることも。ベージュ系であれば白浮きすることもなく、ナチュラルに馴染んでくれます。

▼小麦色の肌の方は…

オークル系がおすすめですが、単品だと徐々にくすんだ感じになってしまいます。そこでピンク系のフェイスパウダーを重ねてみましょう。

▼普通の肌の方は…

ルーセントなどのナチュラル系カラーだと、時間が経つにつれてくすみが気になってくるはず。そこで、ピンク系もしくはベージュ系のフェイスパウダーがおすすめです。

▼黄色みが強い肌の方は…

オークル系でも種類によってはしっかり馴染んでくれますが、ピンク系などの明るいカラーを選ぶと、表情を明るく保ってくれます。

3-3.選ぶ時の注意点

注意したいことは2つ。ひとつは、持ち運びするかを考えて選ぶこと。化粧直しなどで持ち運びをしたい場合は、プレストパウダーを選ぶか、詰め替え容器を用意しておきましょう。もうひとつは、出来る限り時間を置いてみること。塗った瞬間は良くても時間が経つとくすんでしまったり、逆に時間が立つと驚くほど肌に馴染むこともあります。失敗したくない方は、テスターで肌に乗せた後に時間を置いてみましょう。

4.おすすめフェイスパウダー3選!

シャネル|プードゥル ユニヴェルセル リーブル

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-17-54-44

(30g/6000円[税抜])
憧れのシャネルブランド。肌の色むらをなくし、ナチュラルで透明感のあるセミマットな仕上がりになるのが特徴です。シミやそばかす、シワも目立たなくしてくれます。

エレガンス|ラ プードル オートニュアンス

e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-17-55-31

(8.8g/10000円[税抜])
様々な年代から人気の「ラ プードル オートニュアンス」。上品な肌さわりが特徴のプレストパウダーです。見ているだけでも楽しいカラフルなパウダーがファンデーションの質感を活かしながら透明感とキメ細やかさを演出してくれます。

ゲラン|メテオリット ビーユ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-17-56-14

(25g/7700円[税抜])
まるでお菓子のような可愛らしい見た目ですが、その効果はバツグン。ふんわりと柔らかなテクスチャーのパウダーが、星屑の煌めきを閉じ込めて、肌の上でその光を放つかのように明るい仕上がりにしてくれます。ハイライトとしても使えます。

5.まとめ

ふんわり優しいメイクの仕上げには欠かせないフェイスパウダー。使い方ひとつで、普段のメイクがグッと華やかになるはずです。いろんな嬉しいメリットを最大限生かせるように、自分にピッタリのフェイスパウダーを見つけてみませんか。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事