疲れてないのに疲れて見える目元の『くま』対処方法

o-COMPUTER-EYE-STRAIN-RELIEF-facebook

目の下のクマは、多くの女性にとっての悩みの種です。中には、きちんとケアをしているのになかなか改善されないと感じている人も多いのではないでしょうか。

実は、クマには3つの種類があり、種類によって対策の方法も異なります。そこで今回は、クマの種類とそれぞれに合ったケアの方法をご紹介します。


スポンサードリンク

1.目元のくま3種類を診断

目元にでてしまう『くま』には3種類あり、それぞれできてしまう原因も改善方法も変わってきます。

①青クマ

目の周りの皮膚は薄く、たくさんの毛細血管が通っています。そのため血液の流れが悪くなると、薄い皮膚から毛細血管が透けて見え、青っぽいクマになります。

血行不良が主な原因であるため、目の下に刺激を与えると一時的に改善されます。目の下の皮膚を引っ張ってみて、クマの色が薄くなる場合は青クマです。

②黒クマ

目の周りの皮膚がたるむことにより、下まぶたと頬の間にできる影が黒クマです。鏡を持って真上を向いたとき、クマの色が薄くなれば黒クマだと判断できます。

また、皮膚を引っ張ると皮膚が伸びてたるみがなくなるため、青クマと同じようにクマの色が薄くなることがあります。

肌の色に問題があるわけではないため、青クマや茶クマのようにコンシーラーで隠すことができません。

③茶クマ

目の下に色素沈着が起こっている状態が茶クマです。目の周りの皮膚は、体の様々な部位の中でも非常に薄くなっています。加えて皮脂腺も少ないため乾燥しやすく、目をこするなどの刺激で色素沈着が起こりやすくなります。

茶クマは皮膚そのものに色の変化が起こっているため、引っ張っても青クマのように薄くなることはありません。

皮膚を引っ張っても、鏡を持って真上を向いてもクマが薄くならなければ、茶クマだと判断できます。

2.青クマを消したい人のおすすめな方法

青くまができてしまう人におすすめの解消方法を紹介していきます。

青くまの原因

冷え性、生活習慣の乱れによる睡眠・栄養不足、疲労、ストレスなど、血液循環を悪化させるものが青クマの原因です。

また、長時間パソコンを見続けることなどでも目の周りの血流が悪くなります。仕事でパソコンを使うことが多い人は、青クマになりやすいと言えるでしょう。

青くまの対策方法

マッサージや蒸しタオル、ホットアイマスクなどで、目の周りの血流を良くしてあげることが最も効果的です。

強くこするなどして皮膚に刺激を与えると色素沈着の原因になるため、マッサージをする際はアイクリームですべりをよくし、力が入り過ぎないように薬指で行いましょう。

アイクリームは、血液の流れを良くしてくれる成分のビタミンKが含まれているものは特におすすめです。

また、目の周りだけでなく、全身の血行を良くする心がけが大切です。

十分に睡眠・栄養・休養をとり、適度に運動しましょう。また、毛細血管の血流が悪くなるため、喫煙も控えましょう。

血の巡りが悪いために冷え性で悩んでいる人は、青クマになりやすい人です。血行を良くする漢方薬の服用で、体の内側から改善を行っていきましょう。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりゅうがん)には、血の巡りを良くして体温やホルモンバランスを整える働きがあります。試してみてください。

3.黒クマを消したい人のおすすめな方法

黒っぽいくまができてしまう人におすすめの解消方法を紹介していきます。

黒くまの原因

黒クマには2つのタイプがあります。

目には、眼球を外部の衝撃などから守るために眼窩(がんか)脂肪がありますが、生まれつき眼窩脂肪が少なかったり、加齢によってしぼんでしまったりすると、皮膚がへこみ、影が生じます。これが1つ目のタイプです。

2つ目は、加齢などの理由から眼窩脂肪を支える筋力が弱くなることで、脂肪が外に飛び出したようになり(いわゆる目袋という状態)、その下に影ができてしまうタイプです。

黒くまの対策方法

黒クマは、3つのクマの中でも特に解消が難しいと言えます。

一度皮膚がたるんでしまうと改善しにくいため、年齢を重ねる前の早い段階からケアをはじめることが大切です。アンチエイジング効果がある化粧品を使い、目元にハリを持たせるようにしましょう。

マッサージによってたるみを伸ばすことも効果的です。肌が傷まないように注意しながら、毎日コツコツと行っていきましょう。

また、顔のむくみは黒クマを目立たせる原因になります。運動不足や塩分の摂り過ぎに注意し、同時にむくみの改善も行いましょう。

その他、1つ目のタイプの場合はへこみ部分にヒアルロン酸を注入する、2つ目のタイプの場合は突出した眼窩脂肪を取り除く、といった手術で治すこともできます。

4.茶クマを消したい人におすすめな方法

茶色のくまはなかなか改善しにくいので、解消状況が表面化するまではメイクでのカバーもいいかもしれませんね。

茶くまの原因

茶クマの主な原因は、色素沈着です。

色素沈着は、紫外線のダメージによるメラニンの増加や、目の周りをこするなどの刺激によって起こります。

アトピーやアレルギーを持っている人、乾燥肌の人はかゆみのために目をこすりやすく、注意が必要です。

目の周りの皮膚は非常に薄いため、色素沈着が起こりやすい部位です。化粧を落とすときや顔洗うときなども、目の周りは優しく触れるように気をつけましょう。

また、化粧の落とし残しも色素沈着の原因になります。アイメイクは丹念にとるよう心がけましょう。

茶くまの対策方法

茶クマの場合は、目の周りへの刺激をなくすことが重要です。

毎日のメイク、クレンジング、スキンケア時は、とにかく優しく肌に触れるよう心がけてください。これまで使っていたアイメイクを落ちやすいものに変えることも効果的です。

アトピー性皮膚炎や乾燥がひどい場合は皮膚科の治療を受け、根本的にかゆみをなくすことからはじめましょう。

また、目の周りのスキンケア用品は、美白効果があるものを使用しましょう。美白作用があるビタミンC誘導体配合のものが特におすすめです。

肌に強い刺激を与えないよう気を付ければ、ピーリングによる古い角質の除去も効果があります。週1〜2回を目安にし、定期的にメラニンを排出するようにしましょう。

5.くまに効果的な専門エステ方法

ここまでクマの種類や原因、対策についてご紹介してきましたが、クマの種類によってきちんとケアしても、改善につながらないことがあります。

それは、クマには3つの種類があるとお話ししましたが、実際には、茶クマと青クマ、茶クマと黒クマといったように、2つの種類を併せ持っていることもあるためです。

そのような場合には、自分で行うケアだけでは十分でなかったり、間違ったケアを行っていたりすることがあります。

どうしても解消されない場合は、思い切って専門家に頼ってみましょう。

エステは、手術を行うよりもずっと安い費用で気軽に利用できるメリットがあります。

マッサージやピーリングは自分で行うと肌を傷つける危険性がありますが、プロの手に任せればそのような心配もいりません。

また、深い部分から細胞レベルで肌を活性化してくれる光を使った施術などもあり、目元のくすみが大きく改善されます。

初回は体験サービスとして価格を抑えているところも多いため、ぜひ利用してみてください。

5.くまに効果的な美容手術方法

最も手軽で広く知られているのは、主に黒クマの改善に効果的な、ヒアルロン酸を注入することによるたるみの改善です。

しかし、3〜6ヶ月と効果がある期間が短いため、定期的に治療を受けなければならない欠点があります。

同じく黒クマの治療では、皮膚のたるみを切り取る方法もあります。最近では、切開せずに目の下の脂肪を取り除く脱脂法が選ばれています。

傷跡が残らず、術後の腫れも少ないことが特徴です。

色素沈着が原因である茶クマの場合は、レーザー治療が効果的です。

レーザーを利用して異常がある細胞を除去しますが、痛みが少なく副作用もない安全な治療法です。

病院によって得意とする治療法が異なるため、興味がある人はまずネットなどで調べて適切な病院を探し、一度医師に相談してみてください。

6.まとめ

クマの種類によって正しいケアを行わなければ、なかなか改善されなかったり、場合によっては、さらにひどくなったりする場合もあります。自分のクマの種類がどれにあたるのかを見分けて、適切な対策を行っていきましょう。

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事