まぶたのたるみケアははやいほうがいい理由と解消方法

large-8

「たるみなんてまだ関係ない」と思っていたら大間違い!肌を目元の皮膚をたるませる生活習慣や生活環境はいたるところに潜んでいます。このページではめもとをたるませる原因をずばり指摘します。

たるみのあるないで見た目は圧倒的に変わってしまうのです。気づいてからではケアの大変さは比ではありません。運動不足・スマホ・パソコンの操作時間が長い、といった自覚がある方は知っておくだけで見た目年齢をカバーすることができます。


1.まぶたのたるみケアは早い方がいい理由

アイゾーンはとってもデリケートな皮膚だから

目元の皮膚は、眉毛と目の間のまぶた・目尻・目頭・目の下といったアイゾーンをさします。アイゾーンは皮膚の中でもとてもデリケートなのが特徴なんです。画像で解るようにほおの皮膚の構造とアイゾーンの皮膚の構造には違いがあります。

class_05_001

出典:花王

普通の皮膚構造は、表皮・真皮・皮下脂肪・表情筋の四層構造ですが、アイゾーンは表皮・真皮・表情筋の三層構造になっていて特に真皮という繊維色素がかなり薄くなっています。

 たるみはもちろん、くまやむくみシワなどさまざまな悩みが出やすい場所です。最近だとPCやスマホ画面を凝視することで目の周りの筋肉が使われすぎている傾向があります。

緊張が強くなり長時間続くことで、まぶたを閉じる筋肉も強くなり目のたるみの原因になります。特に視力の悪い人は眼精疲労もたるみに関わっているのでより注意が必要です。

何もしなければ一番はじめにまぶたがたるむ

large

デリケートな皮膚であるアイゾーン、なんのケアもしなければ一番はじめにまぶたがたるみます。まぶたが下がったかも?と少しでも感じたらその日のうちにケアを行いましょう。

たるんだ皮膚は伸びてしまった輪ゴムと同じで、一度伸びきってしまった皮膚は縮むことはありません。伸縮性があるうちにケアを重ねなければ年を重ねる上で伸びきってしまいます。一刻も早いケアに心がけることが大切です。

まぶたは見た目年齢を決めている

Cjyr5vAUoAUZZgT

まぶたの印象は見た目の左右に関係します。10代はアイプチといったメイク道具も関心度が高く、アイプチは接着性のある液体で二重をアレンジできるアイテムです。

二重の幅が狭くなってきて影が深くなったり、目の印象が小さくなったり、シワが増えたりとまぶたのたるみを考えることは見た目をかえてくる重要なポイントです。

まぶたのたるみが気になり笑顔が引きつりつつあるかたは、まぶたのたるみを加速させてしまう日常に潜む具体的な原因をしって対策をしていきましょう。

2.まぶたがたるむ原因は肌の三構造に答えがある

まぶたの皮膚の構造は、表皮・真皮・表情筋の三層構造。三構造のそれぞれのくたびれによってたるむ原因は別れてきます。

たるみケアは冷静な見極めが不可欠。何をどう使ってケアするかがとても大切になってきます。ひとくちに「まぶたのたるみ」といっても、その原因や出方はさまざまです。まぶたがたるむのはなぜなのか、弱点を見極めていきましょう。

原因①表皮・真皮・表情筋すべてがガタガタでハリがないまぶた

アイゾーンの三層構造すべてがガタガタしてしまっている場合のたるみはハリがありません。

  • 表皮→表となる角質が弱って外気からのバリアが低下している
  • 真皮→ピンとしたハリを支える真皮の繊維がゆるゆるに劣化していてゆるだるみ・厚み自体の低下も考えられる
  • 表情筋→細胞自体が老朽化している

ハリがない方はこんな方

スクリーンショット 2016-06-03 12.56.20

出典:わくわく生活

  • 顔立ちも体重も同じなのに、顔全体が重心が下がったような気がする
  • 肌に元気がない
  • シワが目立つようになった
  • 見た目年齢が一気に上昇した自覚がある

原因②表皮がカサカサして乾燥しているまぶた

肌にとって乾燥は老化加速の最大の点滴です。とくにまぶたの乾燥は

アレルギー体質の方・乾燥肌の人には必ずでる症状、一度かゆくなるとかゆみをとめることが難しかったりします。日中かゆみを感じても『保湿』をしにくい場所であることもダメージを放置してしまいがちです。

乾燥たるみの人はこんな方

kusumi2_3_02

出典:二十年ほいっぷ

  • 肌の表面がカサカサしてゴアゴアしている
  • 季節の変わり目や疲れた時に、肌は不安定になる
  • くすみや透明感がない肌

原因③むくんだように見える真皮がゆるんだまぶた

まぶたが腫れぼったくむくんで下にさがってきてしまったまぶたは、真皮のコラーゲンやエラスチンが不足していることが原因で筋肉自体も衰えているので2つの方向からの併用したケア方法が必要です。

むくんだまぶたの人はこんな方

スクリーンショット 2016-06-03 13.25.51

  • 太ってないのに、丸顔で下ぶくれ化してきた
  • 肌がゆるみ、顔の印象がもったり重たくなった
  • ほうれい線がくっきり刻まれている

まぶたのたるみは三種類にわけられ、どのたるみも顔の印象を一気に老けさせていまいます。鏡に映る下降サインを目の当たりに気持は焦る一方ですが、まぶたはデリケートなゾーンなのでケア方法が適切でないとかえってよくありません。

しっかり弱点に合わせたケアを心がけていきましょう。

3.まぶたのたるみ対策ホームケア5選

まぶたのたるみケアになる対策方法を新製品や口コミ情報をコツコツ調査し早見・目利きで見つけたものをお届けします。

対策ケア方法①まぶたのたるみは頭皮ケアから

head_spa

まぶたのたるみケアの体験談を調査した上でもっとも即効性を実感できる意見が多かったのは、実は頭皮ケア。顔と皮一枚でつながる頭皮をほぐせば、顔がキュッと上がるのを実感できます。騙されたと思って毎日頭皮マッサージする習慣を持つことでたるみをケアすることになります。

頭皮ケアおすすめグッズ

 96422010010000000002182

リファグレイス ヘッドカッサ
全方位にさすり流し、頭皮から表情筋まで
ケアします。

公式:MTG

ビロードオイルアーバンアーユルヴェーダ
プロ御用達のケアアイテム。
15種類のオイルと13種類の美容配合の
頭皮専用オイルです。
公式:amata

 対策ケア方法②今すぐにまぶたを鍛えられるグッズ

筋肉レベルでたるみをあげる美顔器に頼るのがおすすめです。アイゾーンの筋肉は鍛えにくいですが、筋肉はつきやすいのです。積極的にトレーニングすることでシワのできやすさに差がつきます。

今買うべきグッズをご紹介、簡単に長時間持続できるのと顔全体の筋肉も鍛えられほうれい線が消えるといった噂もありました。

筋肉トレーニングにおすすめグッズ

スクリーンショット 2016-06-03 14.03.31

ドクターアリボ ザ ベガス

じんわり暖かな使い心地で筋肉を刺激
しながら、血行やリンパの流れを促進

公式:Dr .Arrivo

対策ケア方法③たるみケア最前線は細胞まで届くケア

エイジングケアの最前線はもはや『細胞』が人気ワードです。なかでも肌細胞を生み出すおおもととなる3つの細胞は要チェックしましょう。肌の土台から立て直しをする場合は細胞ケアを取り入れましょう。

細胞ケアにおすすめグッズ

スクリーンショット 2016-06-03 14.13.02img_138333_01スクリーンショット 2016-06-03 14.18.55

セルアドバンスト セラムWR

肌細胞を生み出す母細胞をふやし
衰えを防ぐことを目指した美容液

公式:covermark

ステムサイエンスエマルジョン

コラーゲン生産能力に優れた脂肪幹細胞
を増やして動かすことに着目した乳液

 公式:ステムサイエンス

エリクシール シュペリエル

表皮幹細胞と真皮幹細胞に
Wアプローチ。密着度を感じる
美容液です。

公式:資生堂

対策ケア方法④重力に負けないクリームでケア

まぶたのたるみで気になる「重力」。実は無重力環境でも肌は下垂するんです。重力ではなく、乾燥や細胞の劣化がたるみには影響力がつよいです。極限でもピンと張った肌を育むことができるクリームをご紹介。

クリームおすすめグッズ

ョット 2016-06-03 14.33.57スクリーンショット 2016-06-03 14.36.28スクリーンショット 2016-06-03 14.40.31

B.Aクリーム

肌再生の鍵を握る「バーシカン」
に着目。肌の土台のさらに土台を
立て直すことでハリ・弾力がみなぎる
肌に導きます。

公式:POLA

オバジリフトクリーム

遺伝子レベルのアプローチで
肌の柱となるエラスチン・コラーゲン
の生産量アップを目指す
医療発想のクリーム

公式:ROHTO製薬

レネルジーMクリーム

無重力に近い空浮かんで実験
されて作られた
ランコムクリーム

公式:ランコム 

対策ケア方法⑤急ぎたいなら巡り系サプリメント

いくら与えるケアを頑張っても、巡りが悪ければ肌のハリは復活しません。ベネフィークの肌活サプリメントやソフィーナの血管力改善ドリンクで体の中から巡り改善をしてハリアップを目指せます。

巡りケアおすすめサプリ

 スクリーンショット 2016-06-03 14.59.58imgres

ソフィーナリフェノール

血管力を鍛える
コーヒーポリフェノールが
配合されている

 公式:ソフィーナ

ベネフィーク ビューティーブースター

乾燥しょうがと蒸ししょうがを配合し
ポカポカと冷えにくい体に導く

公式:資生堂

対策ケア方法⑥たるみに効果的なリンパマッサージ

見た目の重要なカギになるめもとのたるみ。長時間PCやスマホの画面を目で追うことで溜まりがちなリンパを流して目の上下のむくみを取りたるみ防止になります。

たるみおすすめマッサージ

▼目の回りのむくみ解消マッサージ

①5秒かけてまぶたを閉じ、まぶたで眼球を押す。 ②5秒かけてまぶたを開け、瞬きを10回。 目の玉をまぶたで押す。③親指を目の下、人差し指を目の上に置いて軽く上下に引っ張る④左目の目尻で左手で軽く上に持ち上げ、目線だけ右斜め下45度を5秒間みつける。

まぶたのたるみのケアには、表皮の保湿・真皮のハリ・筋肉を鍛えることにポイントをおき、どれが必要なのかを見極めることです。ケア方法することで引き上げをアップしてくれます。

4.プロに相談|まぶたのたるみを美容皮膚科で速攻対策

たるみケアを頑張っているけど、それだけでは効かないたるみやエイジング。「予防のためならプロの手を借りたい」と思っている人は少なくありません。そこで美容クリニックで施述される方法を解説します。早期にかよいはじめると負担も軽くてすみますよ。

切らずにまぶたのむくみを解消|サーマクールアイ

therma_shijyutsuサーマクールアイ初回 約86,000円 期間 3回〜 施述時間 40分程度出典:青山エルクリニック

目の周りのアンチエイジングとして人気のサーマクールアイ。目の周りにも照射可能なレーザーでコラーゲンを生成してくれます。皮膚を切ることもなく・痛みを感じないことで人気の施述です。人によっては10歳ぐらい見た目年齢が若返る場合もあるほど変化を実感できます。

初めのカウンセリングで仕上がりを画像で見せてくれるので即効性を得たい方はおすすめです。

引き締め効果を期待できる|ハイフ・シャワー

スクリーンショット 2016-06-03 15.43.19ハイフ・シャワー初回 60000円施述時間 15分回数 1回〜出典:美容皮膚科クロスクリニック

ハイフ・シャワーは高密度焦点式の超音波を使用して、赤みや腫れもなく痛みが少なくハリが継続します。ジェルを塗りながらマシーンで照射をほどこす手軽な施述です。人に会うイベント前の駆け込み施述におすすめです。

シワが気になる方|コラプラス・イントラジェン

o0480064013489937253コラプラス初回 14000施述時間イントラジェン

初回 4800

施述時間

出典:アオハルクリニック

イントラジェンは高周波マシンで皮膚のコラーゲン生成を促してくれる施述です。目元の乾燥小じわやハリのなさが気になる方におすすめです。肌の弾力に必要な機能成分コラプラスを超音波導入で組み合わせることでふっくらとした肌で目元の小じわを解消。顔色も良くなります。

5.まとめ

めもとのたるみは見た目年齢を左右するので自分でも変化にいち早く気づくし他人もその変化をキャッチします。大きな原因は加齢ですが、ケア方法はアイゾーンの三層構造に適切な方法で行わなければなりません。しっかりと原因を見極めてケアをしていきましょう。

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事