狙い通りのまつ毛にする!今さら聞けないまつ毛パーマQ&A

まつ毛パーマ

「まつ毛パーマ」「まつ毛エクステ」「つけまつげ」「ビューラー×マスカラ」…目ヂカラをアップさせる方法はいろいろありますが、結局どれが一番自分に合っているのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

中でも「キレイなアイメイクを保ちつつ、メイク時間が短縮される」として人気の「まつ毛パーマ」と「まつ毛エクステ」は、どちらに挑戦するか悩んでいる人が多いようです。

ここでは「まつエク」や「つけま」などと比較した「まつパー」のメリット・デメリットをはじめ、良いサロンや良いセルフキットの選び方などをご紹介していきます。「まつ毛パーマに挑戦したい」と考えている人も「実際まつ毛パーマって良いの、悪いの!?」と悩んでいる人も必見ですよ!

もくじ

1.まつ毛パーマ4つのメリット 
2.まつ毛パーマのデメリット 
3.サロンまつ毛パーマとセルフまつ毛パーマの違い 
4.優良サロンと優良セルフキットの選び方 
5.オススメサロン&オススメキットの紹介 
6.よくあるトラブル&対処法 
7.まとめ

1.まつ毛パーマ4つのメリット

まつ毛パーマのメリットは「ラク」という一言に尽きます。髪の毛にパーマをかけるのと同じように専用のパーマ液でまつげにカールを記憶させていくまつ毛パーマは、メイク時間をかなり短縮できるのです。その他にもメリットは盛りだくさん。それでは具体的にご紹介していきましょう。

メリット1:メイクがラク

まつげ全体を均等にカールさせることができるまつ毛パーマ。当然、ビューラーをする必要はありませんし、ビューラーでカールさせた時よりもキレイで自然な仕上がりになります。

マスカラをしなくても目ヂカラが保てるため、ナチュラルメイクが好きな方は大幅なメイク時間の短縮につながります。また、しっかりメイクをしたいという方も、ビューラーをする工程やつけまつげをつける時間が省けるので時短になります。

メリット2:お手入れがラク!

目元を触ってもOK

まずはお手入れが大変な「まつ毛エクステ」と比較してみましょう。大きな違いは、目元を触っても問題ないということです。

「まつ毛エクステ」の場合は、目元をこすったり、かいたりすると、エクステが取れてしまう可能性大。できるだけ触らないようにするのが長持ちさせるコツです。

しかし「まつ毛パーマ」は自分のまつげをカールさせているだけなので、どれだけ触ってもOK。日常生活で気を使う必要がありません。

クレンジング方法

「まつ毛エクステ」は油に弱いため、オイルフリーのクレンジング剤しか使えません。しかし「まつ毛パーマ」の場合、オイルフリーはもちろんオイルクレンジングの使用もOK。普段通りのメイク落とし方法を継続できます。

アフターケアも楽々

また「まつ毛パーマ」はアフターケアもラクです。長持ちさせるにはまつ毛美容液の使用が必須ですが、それ以外のケアは特になし。

「まつ毛エクステ」は毎日毛先の流れをコームで整える必要があるため、面倒です。ちなみに、まつ毛パーマをかけるとまつ毛が水や湿気に強くなるのも大きな魅力。雨が降っても汗をかいてもアイメイクが落ちづらくなりますので、メイク直しの手間も省けます。

メリット3:長持ちするからラク!

一般的に2週間~1ヶ月程度もつと言われている「まつ毛エクステ」に比べ、個人差はあれど「まつ毛パーマ」は3週間~1ヶ月半カールを維持できると言われています。

そのため、サロンに行く頻度が少なくて済むのはもちろん、セルフでやる場合もパーマをする回数が減るので、時間や手間が省けるのです。

メリット4:まつ毛へのダメージが少ない

「まつ毛エクステ」や「つけまつげ」は人工の毛を自分のまつげにつけることになりますが、「まつ毛パーマ」はあくまで自分の毛。比較的ダメージが少ないといえます。

また「まつ毛エクステ」や「つけまつげ」はまぶたに重さを感じたり、ひどい場合は毛先が目に入って痛みを感じたりしてしまいますが、「まつ毛パーマ」は「装着している」という違和感もありません。

見た目も自然に仕上がるため、男性ウケも良いようです。

2.まつ毛パーマのデメリット

「まつ毛パーマ」のデメリットは、目ヂカラアップ度が低いということでしょう。だから目をガッツリ盛りたいという人には向いていない方法かもしれません。では具体的にどういうことなのか、ご説明していきたいと思います。

デメリット1:ガッツリ盛れない

長さや本数、太さまで選んでまつげを飾っていく「まつ毛エクステ」や「つけまつげ」に比べて、自分のまつげを利用する「まつ毛パーマ」。

よほど太くて長いまつげの持ち主でなければ、マスカラなしでばっちりアイメイクの完成とはなりません。あくまでナチュラルに目ヂカラをアップさせる方法が「まつ毛パーマ」なのです。

デメリット2:理想的なデザインになりにくい

先にも述べたとおり、自分のまつげを利用するのが「まつ毛パーマ」ですから、なかなか思い通りのデザインにはなりません。

たとえば、もともとまつげが短めな人の「目じりのまつげを長くして目を大きく見せたい」といった要望には、なかなか応えられないのです。

自分のなりたいまつげラインを演出したいのであれば、「まつ毛エクステ」や「つけまつげ」を選んだほうがよいでしょう。

3.サロンまつ毛パーマとセルフまつ毛パーマの違い

「まつ毛パーマ」のメリットとデメリットをご紹介してきましたが、いざ挑戦してみようとして悩むのが「サロンに行くか」「自分でやるか」の選択。ここでは双方のメリットをご紹介していきますので、自分に合った方法を選ぶための参考にしてください。

≪サロンへ行くメリット≫

キレイな仕上がり

プロに施術をしてもらえるので、キレイなカールを確実に作ってくれます。

セルフでやると

  • 「左右対称にならない」
  • 「パーマがすぐ落ちる」

といった失敗もあり得ますが、ちゃんとしたサロンを選べばそんなトラブルとは無縁。中には気に入らない場合は無料でやり直してくれるというサービスを提供しているサロンも。

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

むくみが気になるこの時期だからこそしっかりケアを

シリーズ累計1,000,000枚突破し様々な雑誌で紹介されている、着圧ソックスをご紹介。

寒くなってくると新陳代謝が悪くなり、むくみで悩む方が多いのではないでしょうか。

【キュッとルームソックス】は理想の美脚を徹底追求!!
段階着圧設計で、足のポンプ作用をサポートする100%日本製の一般医療機器。

超ロングサイズなので気になる太ももも、しっかりケア。
さらに美容成分も配合されているので履き心地もいいです。
可愛いデザインながら、高機能でお部屋コーデもしっかりきまります。

キュッとルームソックス
価格:単品購入 3,480円(税抜)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事