自分でやれば超お得! セルフまつ毛エクステの方法とコツ

まつ毛エクステセルフ

もはや女子の間では常識となりつつある、まつ毛エクステ(まつエク)。定期的にサロンに通っているという方も多いのではないでしょうか。

しかし、最近では「サロンでは思う通りにならない」「サロン代を節約したい」といった想いからセルフまつ毛エクステに挑戦する方が増えていることをご存知ですか?

「両目で100本!」というようなゴージャスまつげを目指すのは難しいかもしれませんが、50本程度のナチュラルなまつエクがお好みの方なら、セルフで充分可能。

今回はセルフまつ毛エクステのメリット・デメリットから、具体的なつけ方・はずし方、さらにはコツまでご紹介していきます。ヘアアレンジやネイルを自分でやるのが好きな方は、セルフのまつ毛エクステにもきっとハマるはずです!

もくじ

1.まつ毛エクステセルフの3つのメリット
2.まつ毛エクステセルフのデメリット
3.具体的なつけ方とはずし方
4.プロのように上手につける方法
5.エクステを長持ちさせるお手入れ方法
6.使ってよかったオススメキット
7.まとめ

 1.まつ毛エクステセルフの3つのメリット

「自分でやるのは面倒だな」「セルフは難しそう…」とお考えの方、ちょっと待ってください。セルフでまつ毛エクステをやるメリットは、実はたくさんあるんです。

【メリット1】とにかく安い!

サロン代の相場は6000円~1万円程度。そしてきれいな状態を維持するには、月に1回はサロンに通う必要がありますよね。

一方、セルフでやれば、1回のサロン代程度のお金で約1年分のセルフキットを購入することができるのです。

まつ毛や接着剤(グルー)などの消耗品の減り方により個人差があるとはいえ、1万円以内で約1年間きれいなまつ毛が維持できるなら、かなり安いといえます。

【メリット2】自分好みにできる!

サロンに行くと、想像と違った仕上がりになることもしばしば。しかし、自分でやれば、いくらでも修正可能。

「本数が足りないな」と思ったら足せばいいし、全体のデザインが気に食わなければもう一度やり直せばいいんです。

その修正にお金はかかりませんから、時間と手間さえかければ自由自在に自分好みのまつげを完成させられるといえるでしょう。

【メリット3】慣れてくれば時短に!

サロンに足を運ぶのは時間がかかりますし、予約の手間もかかります。しかし、セルフでやれば「やりたい」と思った時にすぐできるというのがメリット。

それにサロンに行くとカウンセリング含めて2時間程度かかりますが、セルフなら慣れてくれば30分程度で両目60本くらいはつけられるようになるため、大幅な時短になります。

しかも「エクステが少し抜けてきたかな…」と感じたら、メンテナンスがすぐできるのも嬉しいポイント。

サロン通いの場合は「次にサロンに行くまで我慢するか…」と気に入らない状態のまま過ごしてしまいがちですが、セルフならいつも自分の納得のいく状態が維持できるのです。

2.まつ毛エクステセルフのデメリット

セルフのまつ毛エクステには、メリットもありますが、デメリットもあります。セルフまつ毛エクステに挑戦する際の注意点でもありますので、ぜひ事前に読んでください。

【デメリット1】練習が不可欠

まつ毛エクステを他人に施術するには美容師免許が必要なほど、その技術の習得は簡単なものではありません。そのため、上手にまつ毛エクステをつけられるようになるには、どうしても練習が必要です。

最初は接着剤(グルー)がだまになってしまったり、つけられてもすぐに抜けてしまったりと誰でも失敗するでしょう。

しかしできるようになれば、先ほど紹介したメリットがいっぱいのセルフ。慣れるまでぜひ頑張ってみてほしいと思います。また、一般的には、最初に両目のまつ毛エクステをつけるのには2時間~3時間かかるようです。手先の器用さとは別に、根気強さも必要そうですね。

【デメリット2】目や肌にトラブルが起こる可能性あり

接着剤(グルー)がついてしまって肌がかぶれたり、接着が不十分だったエクステが目に入って充血してしまったり…

サロンでやってもトラブルが起こることがあるくらいですから、セルフでやる分、トラブルの可能性は少なくありません。少しでも痛みやかゆみ、腫れなどを感じたら、すぐにまつ毛エクステの使用をやめて、眼科や皮膚科に相談してください。

3.具体的なつけ方とはずし方

では具体的にセルフでのつけ方&はずし方をご紹介していきましょう。とはいえ、セルフキットを発売しているメーカーごとに細かい方法は違いますので、実際につける時は必ず添付の説明書やDVDをご覧ください。

こちらの記事では基本的な方法をご紹介しますので、自分にもできそうかどうかの判断基準にしていただけると幸いです。まつエクの基本的なつけ方は次項の順番で行いましょう。

まつエクの基本的なつけ方

ステップ1

フキットの他に、鏡(できれば三面鏡)と綿棒を用意します。もしキットにまつげ用のコームや持続力をアップさせるコーティング剤が入っていない場合は、事前に購入しておきましょう。

コームは100円SHOPでもゲットできます。また歯間ブラシでも代用できるようです。

ステップ2

メイクを落とします。特にアイメイクは念入りに落としましょう。メイク落としを使った後にあぶら取り紙を使用するのがベスト。

まつげに油分が残った状態だと接着剤がつきにくくなってしまうためです。あぶら取り紙がなければ、精製水などをしみこませた綿棒でまつげをなでてきれいにしてください。

この時、化粧水をつけるのはNGです。最後にまつげ用のコームでとかします。

ステップ3

まぶたをサージカルテープで固定していきます。エクステは本物のまつげの根元につけていくため、根元が見えやすいようにするのが目的です。

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

この夏にオススメ!ホワイトニング&保湿ケア

紫外線の多いこの時期に特に!おすすめな京美人の美しさの秘訣を凝縮したホワイトニング美容液オールイワンゲルをご紹介します!

KYO BIJINはホワイトケアと保湿ケアを同時に叶えてくれる新発想のホワイトケアオールインワンゲル

水の代わりに白樺の樹液をベースに使用。
白樺の樹液にはエイジングケアには欠かせない成分ビタミンCやフラボノイドが入っているうえ、とても浸透力が高い注目成分です
その他にも、シミやくすみを防ぐシルク・肌にハリをもたらす酒粕エキス・紫外線後のダメージを補修する米ぬかエキス・美容力をさらに高めるビタミンC+ビタミンPなど美容成分37種配合。
美白も保湿もエイジングケアもと欲張りケアしたい方は一度試してみてください!

KYOBIJIN
価格:1周年記念感謝セール 1609円(税込)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事