あか抜け眉をつくるには?!眉マスカラの使い方徹底解説

shutterstock_649927369

もはや眉メイクに欠かせなくなった眉マスカラ。

眉毛を簡単にカラーリングできて、メイクの印象を変えられると、愛用している人も多いはず。しかし、眉マスカラを何となく選んでいませんか?髪色だけではなく眉の形やファッションに合わせて選ぶことで、メイク全体の完成度が高まります。

今よりもっと垢抜ける、そんな美眉をつくるために、眉マスカラの選び方・使い方を見直してみましょう。


1.眉マスカラとは?

眉マスカラとは、眉毛に色をつける眉専用のカラーリングコスメです。

shutterstock_721453432

眉を描いたあと、上から眉マスカラで色をつけることで、眉の印象を変えることができます。髪の色とバランスをとることができるため、眉マスカラの愛用者は年々増え、現在は定番アイテムとなっています。

2.眉マスカラを使った眉メイク見本

眉マスカラはカラー別でつけたときの印象が異なります。色のイメージを参考に、眉マスカラの色の違いを知っておきましょう。

2-1.ライトカラーで目を大きく

髪色や自眉毛よりも、少し明るいカラーの眉マスカラは、アイメイクを際立たせる効果があります。

眉と肌と馴染ませることで、眉の存在がマイルドになります。そのため目元が引き立ち、目を大きく見せることができます。

2-2.流行の太眉はダークブラウンで

ここ数年のブームである太眉は、ダークブラウンの眉マスカラでキリッと見せるのが鉄則。明るすぎず、暗すぎない髪色よりワントーン明るいくらいのブラウンが定番です。赤味ブラウンなどニュアンスのあるカラーを使うと、流行感がプラスされてオシャレな印象になります。

2-3.ナチュラルになじむアッシュ系

アッシュ系カラーとは、グレイがかかったクールな色。オリーブやカーキ、グレイがかかったブラウンなどがあります。

黒髪の人やアッシュ系の髪色の人にマッチします。もともとの眉が濃い人が使うと、マイルドな印象になります。クールなメイクをしたい人にも◎。

3.眉マスカラの使い方

眉マスカラは、ペンシルやアイブロウパウダーで眉毛を描いた後、最後の仕上げとして使います。
眉が全体的にしっかりある人は、眉マスカラで整えるだけでも良いでしょう。

<ハウツー>

m-4

出典:TCM

  1. ブラシを横にして、眉頭の下から上へ眉毛を立ちあげるようにつける
  2. 眉の中央を下から上へ毛流れをとかすようにつける
  3. ブラシの先端を使い、眉尻の毛流れにそってつける
  4. はみ出した部分やダマになった部分は、綿棒やコームでオフする
  5. 最後に眉全体のアウトラインをぼかし、肌になじませる

<眉マスカラの失敗例>

眉マスカラを使うときに、注意しておきたいこともあります。残念な眉にならないよう、気を付けるべきポイントを知っておきましょう。

  • 「黒髪なのにイエローゴールドの眉マスカラ」など、色があっていない
  • ベタッとつけすぎて、眉の毛流れがわからない
  • ダマになっていて、ところどころで固まっている部分がある
  • 地肌にはみ出してついてしまっている
  • ムラ付きしていてまばらに見える

4.眉の形別:眉マスカラの選び方

眉の形や生え方によって似合う眉マスカラが異なります。

例えば濃い眉さんがダークカラーの眉マスカラを使うと、さらに眉が主張してしまいますし、薄眉さんがライトカラーの眉マスカラを使うと肌と同化して眉が消えたように見えてしまうこともあります。自分の眉をベースに、バランスよく見えるカラーのものを見つけましょう。

4-1.濃い眉さん

もともとの眉がしっかりある人は、アッシュ系カラーかクリアタイプで、毛流れを整えましょう。眉のまばらな部分のみアイブロウパウダーで薄く描き足し、上から眉マスカラで整えましょう。

眉が悪目立ちせず自然な印象になります。

4-2.薄眉さん

眉が薄い人は、アイブロウパウダーで全体に眉を描いたあと、少し濃い目の眉マスカラで仕上げましょう。

眉全体に存在感が出て顔立ちがはっきりします。カラーはダークブラウンやグレイ系が良いでしょう。

4-3.まばら眉さん

眉が途切れていてまばらな場合は、まずアイブロウパウダーで全体的に眉を描き足します。まばらな部分を埋める感じでパウダーやアイブロウペンシルで書いていきましょう。

最後は、眉マスカラで全体的に色をつけ整えます。眉マスカラはブラウン系のカラーが、まばらな部分をカバーしてくれます。

5.メイクイメージ別:眉マスカラとアイメイクのバリエーション

眉マスカラは、髪の色やファッションに合わせて選ぶのが正解。眉の印象で全体のイメージが変わるので、TPOに合わせてチェンジしても良いでしょう。

5-1.アッシュ系

ぱっつん前髪や、黒髪など重い印象のカラーリングをしている人は、アッシュ系カラーの眉マスカラがお似合いです。黄味の強いカラーは浮いてしまうので避けた方が良いでしょう。

アイメイクはグレイやグレイッシュブラウン、ピンクブラウンなど、ニュアンスのあるカラーがおススメ。グラデーションにせず、単色又は2色使いですっきりさせたほうが垢抜けます。

その分チークはピンク系やローズ系を選ぶと女の子らしさをプラスできます。

5-2.ブラウン系

オフィスシーンやデートなど、高い好感度を狙うならブラウン系の眉がベスト。

黒髪やブラウン系カラーの髪にもぴったり。ソフトながらもキリッとした印象でしっかりした印象を与えることができます。定番のブラウンアイメイクや人気のボルドーメイクにもマッチ。ローズ系やピンク系のチークやリップと良く合います。

5-3.ライトブラウン系

人気の赤やボルドー、ブラウンなど鮮やかカラーのリップに合わせるならライトブラウンの眉がおススメ!眉の印象をソフトにすることで、口元が引き立ちます。

アイメイクは、ブラウンやカーキ、ネイビー、ゴールドなどどんな色にも合わせやすく、ピンクやオレンジ、ベージュ系のチークにもマッチします。

髪色も選ばないので、毎日のメイクに取り入れやすいはず。

6.おススメ眉マスカラ3選

比較的長く使える眉マスカラは、コスパ良しのアイテムが豊富!落ちにくいものも多いので機能性が高いものもたくさんあります。まずは毎日使えるブラウン系からトライ!

6-1.ヘビーローテーション カラーリングアイブロウR

m-12

出典:ヘビーローテーション公式

メーカー:伊勢半 価格:800円(税抜)

オススメポイント:ロングセラーのアイブロウマスカラは、豊富な色数と一度塗りでもしっかり色づく高発色が人気の理由。ピンクブラウンやアッシュ系カラーなどもそろいます。

皮脂、汗、水、こすれに強く、化粧もちするのにお湯で落とせるところも高ポイント!地肌につきにくいブラシ設計で、テクニックいらずで使えます。髪のカラーをしている人や薄い眉の人に特におススメです。

6-2.ファシオ カラーラスティングアイブロウマスカラ

m-13

出典:ファシオ公式

メーカー:コーセー 価格850円(税抜)

オススメポイント:汗、皮脂、水に強く、化粧もちする眉マスカラです。

誰にでも似合うブラウン系が揃うので、失敗も少ないはず。小さめのブラシも小回りが利くので、ムラなくつけられます。お湯でオフできる、眉毛に優しい処方。初心者さんや初めて使う人にもトライしやすいはず。

6-3.MAC ブロウセットクリア

m-14 - コピー

出典:MAC公式

メーカー:MAC 価格2,600円(税抜)

オススメポイント:透明なジェル状のアイブロウマスカラ。

透明マスカラとしても使える多機能タイプです。乾きが早く、落ちにくいうえ、ダマにならずに毛流れを整える事ができます。敏感肌にも使いやすいお肌に優しい処方も嬉しい。眉メイクを長時間キープしたい人や濃い眉さんにおススメです。

7.まとめ

顔全体の印象を左右する眉は重要なメイクポイント。眉の色が違うだけでも、印象はかなり違って見えます。キリッと見せたい日はブラウン、華やかにしたい日はライトブラウンなどその日のファッションや予定に合わせて眉マスカラを使い分けるのもおススメです。

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事