女のコらしさをつくる『でか目』になるアイメイク方法

34739065172

流行は次々と移り変わっていくけれど、カワイくなりたい!という気持ちはいつだって同じですよね。特にアイメイクは、気合を入れて、少しでも大きく、印象的に見せたい!とついつい頑張ってしまいがち。

ですが、抜け感のあるナチュラルなメイクが全盛の今、ギャルメイクにならずに、デカ目をつくるメイク方法にお悩みの女子も多いはず。メイクジプシーになる前に、今っぽいデカ目メイクのコツを知って、自然だけれども、デカ目効果抜群のイマドキ顔にアップデートしましょう。


1.アイメイクでのでか目は清楚でナチュラルが主流な理由

瞳を大きく見せるカラコンや、バレにくいアイプチなど、もはや、メイクだけに頼らなくても誰でもデカ目になれちゃう時代。こういったデカ目アイテムも進化している中、がっつり盛りメイクで目を大きく見せるのは、今風ではないかもしれません。

イマドキのアイメイクは、ナチュラルだけど、目が大きく見える、というナチュ盛りで、清楚にカワイく仕上げるのが鉄則なんです。

今っぽいデカ目アイメイクのポイントは、ブラウンベースのアイシャドウでメリハリをつけ、長めのくっきりアイラインで目の横幅を広く見せるのがコツ。さらに涙袋を強調することで、目元全体を一回り大きく見せることができます。濃いめのアイメイクよりも、アイシャドウの光沢やアイラインを上手に使えば、控えめだけど、印象的なデカ目の完成です。

2.でか目を作るアイメイク方法

アイプチやつけまつ毛は、それだけでデカ目になれちゃう便利アイテムですが、アイメイクとなじむように使うことで、より自然な印象にするのが、イマドキに仕上げるコツです。

  1. アイメイクの前に、アイシャドウベースでまぶた全体のくすみをオフします。
  2. ハイライトカラーで、目の周り、まぶた全体を明るくし、立体感を出します。
  3. アイシャドウのミドルカラーをアイホール(まぶた全体)にぬります。
  4. アイシャドウのラインカラーを目のキワギリギリにぬり、まぶたのカラーとグラデーションにしていきます。
  5. さらに、ラインカラーを目尻から、まぶたのくぼみにごく薄くぼかし、Wラインを入れます。
  6. 下まぶた全体にハイライトカラーを入れます。この時、ペンシルを使用するよりも、チップで涙袋全体に入れると、白目が際立ち、目が大きく見えます。
  7. アイラインでまつ毛の間を埋めたあと、まつ毛から目尻より2mmほど長めにラインを引きます。
  8. ビューラーでまつ毛をカールさせたあと、マスカラでまつ毛の1本1本を、広げるようにぬります。下まつ毛も同様につけていきます。
  9. アイプチなら、透明ファイバーや絆創膏アイプチがバレにくく、オススメです。
  10. つけまつ毛も、柔らかい毛質のラングラッシュタイプなら、デカ目効果も高く、ナチュラルに見えます。

3.一重・奥二重さんでも作れるでか目ポイント

くっきり二重さんなら、デカ目メイクも映えるよね…とお嘆きの一重さんや、奥二重さんも、基本のデカ目メイクにちょいテクニックをプラスすれば、パッチリ目元も夢ではありません。同じく、たれ目さんや小粒目さんも、素の目元を活かした愛らしいパッチリデカ目に近づけます。

もともとのたれ目さんだけではなく、小粒目ぎみで、目元を優しげに、大きく見せたいという人には、下まぶたメイクが効果的です。

上まぶたのメイクのあと、目の下の目頭から黒目の下までは、ハイライトカラーで涙袋を強調させ、目尻から黒目までの部分には、アイシャドウのミドルカラーで太めのラインを引き、最後に指で目尻側のみなじませます。こうすることで、目尻が下がって見え、可愛らしい印象になります。

 アイライナーは疑似ラインででか目を作れる

まぶたが重く見えがちな一重、奥二重さんは、疑似ラインにトライしてみましょう。といっても、アイシャドウでWラインを入れるよりも簡単で、コツがいるアイプチよりも、はるかに手軽なんです。

やり方は専用のアイライナーで、なんと、二重を書き足すだけ!目の下にもラインを入れてなじませれば、自然な涙袋もつくれるので、デカ目効果がグンとUPします。さらにマスカラで、上下のまつ毛を強調させれば、目の縦幅も広がって見え、パッチリした目元をアピールできます。

 おすすめライナーはこれ!ケイト ダブルラインフェイカー

3e454b3ec7a13287521089cdaf26531b

出典:カネボウ メーカー:カネボウ化粧品  価格:¥1,000(税抜)

特徴:二重のラインを描き足すことで、より大きな目元にメイクする極薄ブラウンカラーの二重メイク専用のアイライン。ぼかしやすい影色カラーなので、アイシャドウともなじみが良く、自然な仕上がりです。アイプチを使った二重ラインの上をなぞることで、より二重を強調することもできます。

2.メイク古くない?でか目アイメイクの注意点

Beauty_co_006131_1

デカ目に見せたい一心で、昔のままのメイクをひきずっていませんか?

一昔前は、盛り盛りメイクで誰もがデカ目を目指していましたが、今もそのままやっていると、ちょっと時代遅れになっているかもしれません。ここ最近、ずっとメイクを変えてないな、という人は、まずチェックしてみて下さいね。

極太アイライナーはもう古い

かつてギャルメイクにはマストだった黒の極太アイラインは、今や、やりすぎを通り越して、ただの仮装メイクになってしまいます。確かに、インパクトはありますが、目元がラインに埋もれてしまい、どこに瞳があるのか、わからなくなってしまうことも。

また、アイシャドウをナチュラルにまとめても、アイラインが太いだけで、ギャルっぽくなり、一気に懐かし系に見えてしまうキケンもあります。

マスカラをなんども重ねたまつ毛は清潔感が失われた印象に

重ね塗りしまくりのバサバサマスカラ ふさふさの長いまつ毛は、デカ目メイクの近道ではありますが、何度も重ね塗りをしたバサバサまつ毛は今っぽくありません。ダマになっていたり、ひじきのようにカピカピになったまつ毛は、清潔感もないうえに、オフに時間もかかるのでまつ毛を傷める原因にもなります。

アイライナーで目を囲むだけでひと昔前の顔の印象に

今時誰もやってない、囲み目メイク 目を大きく見せるために、目元全体をアイライナーでぐるりと囲む、いわゆる「囲み目」メイクも、頑張ってる感が強すぎて、ちょっと古くさいかも。

特にブラックのアイランや、アイシャドウでやってしまうと、昔っぽいうえに、さらに目が小さく見える場合もあります。「囲み目」をするなら、ブラウンカラーを使用したり、上下目尻だけの部分的にするなど、やりすぎないように注意しましょう。

3.アイメイク以外ででか目に見せる方法

large

デカ目メイクで、目元を一番にアピールしたい時は、それ以外のパーツメイクを抑えるのが鉄則です。濃いめ太眉や、湯上り風チーク、赤リップなど、今は鮮やかカラーを使ったポイントメイクも流行中ですが、全て一度に取り入れてしまうと、ただの厚化粧に見えてしまいます。とにかく目を大きく!見せたい時のパーツメイクテクニックを紹介します。

眉マスカラでバランスの良い仕上げに

今は、太目の存在感がある眉が主流ですが、そのままだと、アイメイクと主張し合ってしまい、ちょっとチグハグな印象に。目元を際立たせたい時は、地の眉毛よりやや明るいかな?というぐらいの色の眉マスカラで整えると、眉の印象が抑えられます。メイクのイメージや、髪色に合わせて、しっくりくる色を選びましょう。

ほっぺチークでウブな顔

チーク 頬の中央に丸くふわっと入れる赤系チークは、とてもカワイイですが、デカ目メイクにはちょっと不向きです。目元が十分印象的なのに、さらにチークが目立ってしまうと、厚化粧に見えるうえ、頬にばかり目線が集中してしまいます。デカ目に見せるには、チークはなじみやすいカラーを控えめに入れ、血色をプラスするイメージで、バランスよく仕上げましょう。

ナチュラルリップで立体感のある印象に

リップ 少し前に流行した赤リップも引き続き人気ですが、デカ目をアピールしたい時には、引き算したほうが正解です。かといって、マットなベージュや、カラーレスリップだと、イマドキ感がなくなるうえ、不健康に見えてしまうので、アイメイクと相性のいい、薄づきのティントカラーのリップやナチュラルカラーがオススメです。

4.有名人から学ぶでか目アイメイク術

有名人 メイク上手な有名人といえば、モデル出身の今井華さんと、寿るいさん。ギャル時代のデカ目メイクをアレンジしながら、現在は自分の個性に合わせた自然なメイクがお似合いです。メイクとカラコンのバランスなど、アイメイク以外も参考になりますね!

印象に残るでか目メイク!タレント 今井華さん

2konnlUx1GAiWiO_fiToIiU-VLDi7SHNfxjhThUdDSs

出典:今井華

ギャル時代は、長いつけまつ毛に、ブラックの囲み目、がっつりノーズシャドーで、まさに盛り盛りメイクだった今井さんも、現在はナチュ盛りメイクで大人の女性にシフト中です。明るめのブラウン系アイシャドウだけで目を大きく、広げて見せているところはさすがです。さらにアイメイクのポイントであるアイアライナーをブラウンにすることで、長めのラインでも優しげに見えます。

カラコンとのバランスも良いので、つけまつ毛ナシでも十分デカ目に見えます。派手メイクの印象はないのに、華やかな雰囲気のあるメイクは、ぜひお手本にしたいですね。

メイクが濃くないのにでか目!モデル 寿るいさん

qah9u7PAQg3y_roG0MxtKWtMs2yyxMgBnOP1SfwYmAA

出典:寿るい

ぱっちりした大きな瞳が、とにかくカワイイ寿さんも、こってりギャルメイクから、現在のナチュ系メイクで清楚な印象にイメチェンしました。寿さんのメイクポイントは、アイラインと下まぶたのハイライト使いにあります。

アイラインを目尻より長く、ややハネぎみに描くことで、目元をくっきり強調し、下まぶた全体に、薄いパールピンクのハイライトを入れ、白目をクリアに見せています。その分、アイシャドウは、色味を抑えて明るく整え、ナチュ系のカラコンで仕上げています。つけまつ毛はほとんど使わず、カールさせたまつ毛に、マスカラも少量のシンプルメイクなので、すぐにマネできそうですね!

5.まとめ

オシャレに見せたい女子会も、カワイイって言われたいデートでも、アイメイクがきまれば、自信をもって、楽しめるはず。流行もあるけれど、アイメイクはやっぱり、自分の目元を美しく、魅力的に見せるもの。今っぽさを取り入れた、自分に似合うデカ目メイクなら、ますます素敵になれますよ。

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事