今すぐ始めたい!効果的にシミを消す方法

shutterstock_255220438

一度できてしまうとなかなか消えないシミ・ソバカスは本当にやっかいなもの。できるだけ薄くしたいし、目立たないようにしていきたいですよね。

ホワイトニング化粧品も種類が豊富だし、エステや皮膚科などお手入れ方法もたくさんあるので、どれが効果的か迷ってしまうことも。 できるだけ早く改善するために、シミ・ソバカスケアの基本とメイクでのカバー方法をマスターしておきましょう!


スポンサードリンク

1.シミを消す手段とそれぞれの特徴

シミ・ソバカスを改善していくには、様々な方法があります。シミ・ソバカスの状態や目的に合わせてケア方法を選んでいくことが大切です。

うっすら気になる程度なら美白化粧品の使用で改善できることもありますし、色素の濃いシミの場合は美容皮膚科やエステで本格的な改善を目指すことも できます。それぞれの特徴を知って、自分に合うシミ・ソバカス対策を取り入れていきましょう。

1-1.化粧品

スキンケアでシミを改善していくには角質ケア・保湿・美白ケアの3点をポイントに、時間をかけてじっくりお手入れしていくことが大切です。

角質ケアでは肌表面の余分な角質を除去することで、できてしまったシミを徐々に目立たなくさせていくことができます。同時に十分な保湿をすることで肌本来の持つバリア機能が保たれ、ダメージに負けない肌に整っていきます。

さらに、美白有効成分入りの化粧品でシミ・ソバカスに積極的に働きかけていくことで、今あるしシミを薄くしたり、これ以上濃くしないよう予防することができます。

スキンケアを美白ラインで使っても良いですし、美白美容液で集中してケアをすることが大切です。化粧品での美白ケアは自分のペースで取り入れる事ができ安全性も高いですが、即効性は無いので継続したケアが必要です。

1-2.市販医薬品

紫外線が原因のシミ・ソバカスだけではなく、肝斑などホルモンバランスの乱れからくるシミの改善には市販薬もインナーケアとして有効です。

シミの元となるメラニンの生成を抑えるL-システインやアスコルビン酸(ビタミンC )配合のものがおススメです。効果には個人差はありますが約2か月を目安に取り入れてみましょう。

1-3.皮膚科

美容皮膚科やクリニックでは、ピーリングやレーザーを用いたホワイトニングケアがメインになります。シミ・ソバカスの種類や肌質によって、施術方法は異なるのでしっかり説明を受ける必要があります。

美容皮膚科での治療は即効性がありますが、自由診療のため費用は事前に確認しておきましょう。どうしても消したいシミがある場合はクリニックで一度相談してみることをオススメします。

1-4.エステ

セルフケアでは行き届かないマッサージやマシンを使ったお手入れが可能なエステは、美白ケアにも有効です。美容目的なのですぐにシミ・ソバカスが消えることはありませんが、毎日のスキンケアの効果が出やすくなり、肌状態が整うことでシミ等を目立たなくさせることができます。

超音波やイオン導入などマシンを使用したエステならより効果が期待できます。通うなら月1,2回を目安に美白専用コースを選ぶと良いでしょう。

1-5.メイク

日中の紫外線はそのまま浴び続けているとシミ・ソバカスの原因になるだけではなく、今あるシミも濃くしてしまいます。シミは濃くなるほど改善に時間がかかるので紫外線を極力直に浴びないようにする必要があります。

日焼け止め下地やファンデーションでしっかり肌を保護するようにしましょう。シミ部分はコンシーラー等を使用すれば、UVカットとシミのカバーが同時にできます。

2.シミを消し方法の選び方ポイント

シミ・ソバカスを目立たなくするためのケアはどの方法を選べば良いのか迷ってしまうもの。 シミ・ソバカスの濃さや、大きさ、改善目的によってできるところから始めていきましょう。

また、すぐには消えないシミ・ソバカスもベースメイクでカバーすることは可能!お手入れ+メイクでシミの目立たない肌に整えていきましょう。

2-1.化粧品

これ以上シミ・ソバカスを増やしたくない、明るい肌色にトーンUPさせたいという人は美白ラインのスキンケアを取り入れてみましょう。スキンケアのライン使いも効果的ですが手持ちの化粧品にプラスしたい場合は、美容液がおススメです。

美白化粧品はメーカーによって様々な種類があり、シミ・ソバカスへのアプローチ方法も異なります。そのため購入前にメーカ―サイトで下調べをしたり、販売員に尋ねるなどして納得できるものを選ぶようにしましょう。

また、美白化粧品は継続することで効果が徐々に現れてくるので、根気よくお手入れを続ける事が大切です。

2-2.市販医薬品

美白ケアをより積極的に、少しでも効果を早く感じたいという人は市販の治療薬やサプリメントで内側からケアしていくことも有効です。

外側からのスキンケアと内服薬のインナーケアの両方からアプローチすることで、より高い効果が期待できます。 特に目の下やほほ骨に広がったシミなどは、内的要因が原因の肝斑という種類である可能性もあります。

その場合は市販医薬品も取り入れることでより改善されやすくなるでしょう。

2-3.皮膚科

色素が濃くファンデーションやコンシーラーでも隠せない大きく目立つシミは、美容皮膚科やクリニックでケアをした方が即効性はあります。

目安として半年~1年の施術・通院が必要になりますが、改善までのスピードには個人差があります。また、人によってはピーリングやレーザーが合わない場合もあるので施術前にしっかりカウンセリングができるクリニックを選びましょう。

2-4.エステ

皮膚科に行くほどではないけど以前よりなんとなくシミ・ソバカスが増えてきた、または濃くなってきた気がするという人はお手入れ不足が原因かもしれません。

また、ストレスや疲労により一時的に濃く見えることもあります。そのような場合はエステサロンの美白コースで集中的にケアすることが有効です。肌状態が整うことでシミ・ソバカスが目立たなくなる場合もあります。

2-5.シミ消しメイク方法

一度できてしまうとなかなか消えないシミ・ソバカスですがファンデーションやコンシーラーを上手に使えば目立なくさせることは可能です。気になるシミ・ソバカスのタイプ別にベースメイクを使い分けましょう。

コンシーラーはパウダーファンデーションの前、リキッド・クリームファンデーションなら後に使いましょう。カバー力が欲しい場合はファンデーションはリキッド、クリーム、練りタイプが向いています。流行中のクッションファンデーションもカバー力が期待できます。

<広範囲のシミ・ソバカス>

鼻周りから目の下、頬骨周辺にできやすいソバカスや、何もしないと目立つシミには練りタイプやクッションファンデーションがおススメです。もともとカバー力があるので気になる部分だけに重ね付けすれば自然で厚塗り感なくカモフラージュすることができます。人気のファンデーションブラシを使うと、よりナチュラルに仕上がります。

スクリーンショット 2016-04-04 19.52.52

出典:メイクのお悩み解決し隊

■ハウツー

  1. スキンケアのあと下地で肌を整える
  2. ファンデーションを全体に薄くつける
  3. 何もついていないスポンジで顔全体を叩きこみ、ファンデーションを密着させる
  4. 同じファンデーションでシミ・ソバカスの部分だけ叩きこむように重ねる
  5. パウダーで仕上げる

■シミ消しオススメファンデーション

商品名:プリマヴィスタ クリーミィコンパクトファンデーション

スクリーンショット 2016-04-04 19.52.58

出典:花王ソフィーナ公式サイト

メーカー:花王株式会社  価格:オープン価格

オススメポイント:カバー力のある練りタイプのファンデーションなのでひと塗りでもくすみやソバカスをカモフラージュすることができます。目立つシミも重ねづけでしっかりカバーが可能。保湿効果も高くSPF33・PA++で紫外線カット効果もあります。ツヤのある仕上がりも嬉しいですね。

<目立つシミ>

色素が濃く大きさもある目立つシミはコンシーラーを使ってピンポイントでカバーをすると良いでしょう。ナチュラルにカバーするには濃淡2色のコンシーラーで自分の肌色に合わせて調節しましょう。固形タイプのコンシーラーなら密着力があり、カバー力も高いのでおススメです。

スクリーンショット 2016-04-04 19.53.02

出典:シミ・あざをメイクで消す(隠す)方法

■ハウツー

  1. スキンケアのあと下地で肌を整える
  2. ファンデーションを全体に薄くつける
  3. シミ部分に濃い色のコンシーラーでカバーする
  4. 上からこすらないように、さらに明るい色のコンシーラーを重ねる
  5. コンシーラーの周りを肌となじませる
  6. パウダーでしっかり抑える
  7. さらにカバーしたい場合は、パウダーファンデーションで部分的に抑える

■シミ消しオススメコンシーラー

商品名:ブライトアップファンデーション

スクリーンショット 2016-04-04 19.53.08

出典:カバーマーク公式サイト

メーカー:ピアス株式会社 価格:3,780円(税込)

オススメポイント:メイクアップアーティストからOLさんまで幅広く愛用されている実力派のコンシーラーです。高いカバー力に加え、ヨレにくくパサつかないので長時間の使用も安心です。濃淡2色を揃えておけば、どんなタイプのシミ・ソバカスもしっかりカバーできるはず。

3.シミのメカニズム

スクリーンショット 2016-04-04 19.53.13

出典:ちふれ公式サイト

シミの元となるのは肌細胞内で発生するメラニン色素という物質です。このメラニン色素は、もともとは肌細胞が体を守ろうとして発生させる一種の防御機能の役割を持っています。

そのため紫外線や物理的刺激を感じると、メラニン色素を出してダメージから皮膚を保護しようと働きかけます。 その際に表皮細胞の内部にあるメラノサイトからメラニン生成の伝達物質が発生し、やがてメラニン色素を放出します。

その後、メラニン色素を含んだ肌細胞は形を変えながら表皮の一番上にある角質層まで押し上げられ、ターンオーバー(新陳代謝)により自然に剥がれ落ちていきます。

4.シミ防止方法

シミの防止と改善には、とにかく紫外線対策をすることがポイントです。紫外線のダメージは時間とともにジワジワ進行していきます。日焼け止めや日傘、帽子を活用して積極的にUVケアしていきましょう。

また、コットンやタオルでこするなど、物理的な刺激もメラニンの発生原因になるので 洗顔やスキンケアの際も注意しましょう。生活習慣が不規則な人や、ホルモンバランスの乱れが気になる人はサプリメントを取り入れても良いでしょう。

4-1.UVカット

シミを増やさず、また今以上に濃くしないためにはできるだけ紫外線をカットすることが重要です。

夏の間だけしか日焼止めを使わない、洗濯物干しや少しの外出ならスッピンのまま、という人は レッドカード!紫外線は僅かでも肌に与えるダメージが大きいため、日常の紫外線対策は基本です。

手早く紫外線対策をするなら、UVカット効果のある日中用乳液やCCクリームを活用すると良いでしょう。化粧下地としても、そのままでも使えるので便利です。

<SPF値の目安>

普段使い(通勤・買い物等):SPF15~PA+以上

長時間の外出:SPF20~PA++以上

レジャー・リゾート:SPF30~PA++以上

4-2.インナーケア(サプリメント等)

シミ・ソバカスの改善に有効なビタミンC等は、身体の内側から取り入れることでより積極的にアプローチすることができます。サプリメントなら体内で消耗されやすいビタミンCと、その働きを助けるビタミンEをセットで摂取することが効果的です。

また、シミ・ソバカス改善の市販医薬品も有効成分がバランス良く配合されているため、それ1品でしっかりインナーケアをすることができます。効果には個人差がありますが、数か月単位で様子を見ながら続けることが大切です。

5.まとめ

シミ・ソバカスの改善は根気よく続けることで効果が現れてくるので、あきらめずに楽しみながらお手入れしていくことが大切です。また、睡眠不足や喫煙・過度の飲酒もシミ・ソバカスの悪化を助長するので生活習慣にも注意していきましょう。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca おすすめアイテム

kireca おすすめ

kireca編集スタッフが厳選&オススメするお得なトライアルセットで自分にピッタリのアイテムを見つけよう!

スポンサードリンク



ランキング

人気の記事

おすすめの記事