かゆみ・赤みは肌の乾燥サイン食べ物とサプリで賢く対策する方法

shutterstock_348091607

様々な肌トラブルの根本的な原因になっている乾燥肌。肌はすでに乾燥のサインを出してくれているのですが、数多くの症状があるために、意外と自分が乾燥肌であることに気付いていない人が多いのかもしれません。

そこで今回は、乾燥肌のサインや原因、正しいスキンケア方法や、食べ物やサプリメントで乾燥肌を改善していく方法をご紹介していきます。その他の肌質の方も、なかなか肌質が改善されないのであれば、もともとの原因は乾燥肌かもしれません。ぜひ、最後まで読んでみてください。


1.見逃すな! 肌の乾燥サインとは

shutterstock_402319951 (1)

代表的な乾燥肌のサインの1つに、かゆみがあります。肌の乾燥は、水分を保持する機能を担う角質の細胞間脂質などが減少することによって、肌内部の水分量が低下した状態です。また、肌の表面は、適度に皮脂が覆うことによって外部からの刺激から守るバリア機能を果たします。

しかし、ホルモンバランスの乱れなどによって皮脂の分泌機能が正常に働かなくなると、その機能を上手く果たせなくなります。バリア機能が働かなくなると、水分量が低下してカサカサになった状態の肌にダイレクトに刺激が与えられることになり、これがかゆみの原因となっています。

また、乾燥肌のサインと思っていない人も多いかもしれませんが、肌の赤みも乾燥によって起こる症状の1つです。季節や気温に関係なく常に肌が赤みを帯びているようであれば、乾燥の刺激によって肌に炎症が起こっている可能性があります。

その他、洗顔後の肌につっぱり感がある、肌にカサつきやゴワつきがある、皮がむける、毛穴が開く、なども乾燥のサインになります。

2.肌が乾燥する原因

2-1.間違ったスキンケア

shutterstock_126812141

乾燥肌の原因になる間違ったスキンケアは、こすって摩擦を起こし肌を傷付ける行為です。クレンジングや洗顔時に、皮脂や汚れを落とそうと力を入れてゴシゴシ洗ったり、化粧水をつける時に、奥まで浸透させようとして手でこすったりしていませんか?

こすると、メイクや汚れだけでなく、肌にとって必要な油分や水分保持の役割を果たしている重要な成分まではがれ落ちてしまいますし、角質層が傷付くことで乾燥以外の肌トラブルを引き起こす可能性もあります。スキンケアは、「力を入れず、やさしく丁寧に」が基本です。

肌に刺激が少ないクレンジングや洗顔料を使用して、肌への負担を減らしましょう。

2-2.生活習慣の乱れ

生活習慣の中で特に肌の乾燥に関係しているのは、睡眠です。睡眠中に分泌される成長ホルモンは、肌のターンオーバーを一定周期に保つ役割を担っています。

そのため、睡眠不足により成長ホルモンの分泌量が減ってしまうと、ターンオーバーが遅れてしまいます。お肌の水分を保っている細胞間脂質は、このターンオーバーの過程で生成されるため、ターンオーバーの周期が遅れると生成されなくなります。結果として角質中の細胞間脂質が減少し、乾燥肌を招くことになります。

その他、過度のストレス、エアコンが効きすぎる環境、喫煙習慣なども乾燥肌の原因になります。

2-3.食生活の乱れ

乾燥肌を防ぐためには、健康な肌を作り、肌のうるおいを保つために欠かせない様々な成分を体の内側から取り入れることも大切です。特に、皮膚の材料となるタンパク質、細胞膜の材料となる必須脂肪酸(オメガ3系脂肪酸)、肌の健康を維持する亜鉛、ターンオーバーや新陳代謝に関わるビタミン類、などは肌の乾燥対策の成分として欠かせません。

そして、これらの栄養素をまんべんなく摂るには、バランスが良い食事が必要です。ファストフードやコンビニ弁当などの偏った食事、欧米型の肉中心の食事、極端なダイエットによる食事制限などの乱れた食生活では、正常な肌を保つのに必要な栄養素が不足してしまいます。

3.今すぐ実践! うる肌を取り戻す方法~スキンケア編~

3-1.クレンジング

rankingshare-284d7fa0dc0d11e39a9206ea006bccfa4d52a54d3c41cb534e

クレンジングでは、落とし残しがないようにメイクや汚れをしっかりと落とさなければなりませんが、だからと言って時間をかけてやってしまうと、肌にとっては大きな負担になります。

クレンジングを肌にのせてからすすぐまでの時間は、30秒~1分程度を目安に素早く終わらせるように心がけましょう。肌にのせる前にクレンジングを手で温めたり、ポイントメイクをあらかじめ落としておいたりすれば、クレンジングにかかる時間は短くて済みます。

3-2.洗顔

ひどい乾燥肌のために朝は洗顔料を使わずぬるま湯で洗う人もいるかもしれませんが、乾燥肌の一因は洗顔時の皮脂の落とし過ぎなので、必ずしも間違ったやり方ではありません。

しかし、寝ている間にも皮脂は分泌されているため、就寝前のクリームなどと合わさって酸化した皮脂を肌に残しておくのはあまり良くありません。気になる部分だけでも洗顔料を使って軽く洗い流してください。

夜の洗顔ですが、クレンジングを行った後、さらに洗浄剤を使って洗うのは肌への刺激が強すぎます。メイクを浮かすだけのクレンジング後に洗顔をするか、一度でクレンジングと洗顔ができるものを使い、洗浄剤を使うのは1回までとしてください。

3-3.化粧水

洗顔後は肌が乾燥しやすくなっているため、できるだけ早く化粧水で保湿を行ってください。化粧水はコットンでつける方法もありますが、やり方によっては肌を傷めます。乾燥肌に摩擦は厳禁なので、手でつけましょう。

この時、肌に叩き込んだり、こすって塗り込むようにしたりはせず、手のひら全体を使って顔を包み込み、じんわりとおさえこむように浸透させていきます。特に水分保持力が高い、セラミドやヒアルロン酸配合のものを選んでみてください。

4.今すぐ実践! うる肌を取り戻す方法~その他編~

4-1.食べ物・サプリ

e33be668415f3d030a8b986a73a9f351-300x223

皮膚の材料となるタンパク質を多く含む食べ物は、卵や乳製品、大豆製品、肉、魚などです。サプリメントとしてプロテインパウダーなどで補うこともできます。細胞膜の材料となるオメガ3系脂肪酸は、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が有名ですが、サバやアジ、イワシなどの青魚に多く含まれています。

肌の健康を維持する亜鉛は牡蠣や卵などに多く含まれていますが、体内に吸収されずに排出されやすい性質を持っているため、サプリメントで効率良く摂取するのがおすすめです。過剰摂取すると体に悪影響があるため、過剰摂取には注意してください。

ターンオーバーや新陳代謝に関わるビタミン類は様々な食材に含まれていますが、個々のビタミンが互いに作用し合って相乗効果を生むため、マルチビタミンとしてサプリで総合的に摂取する方法がおすすめです。

4-2.漢方

漢方にはサプリメントと異なり、体質から改善していく働きがあります。薬のような副作用が少なく、一人ひとりの肌質に合わせて複数の生薬を組み合わせられるのもメリットです。

特に乾燥肌に効果的な漢方は、肌をみずみずしく保ちかゆみを伴う炎症を抑える「当帰飲子(とうきいんし)」、体を温めて血行を良くする「四物湯(しもつとう」、血の巡りを良くしニキビ治療にも用いられる「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」などです。服用してみたい人は、専門の医師を訪ね、自分に合ったものを調合してもらってください。

5.おわりに

いかがでしたでしょうか?肌の乾燥は放置しておくと、オイリー肌やニキビといった別の肌トラブルを誘発し、みずみずしく美しい肌からどんどん遠ざかっていくことになります。乾燥肌のサインを見逃さず、体の内側と外側からしっかり対策していきましょう。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事