ダイエット茶は目的別に選ぶ!人気商品ランキング&選び方のコツ

shutterstock_293940392

ダイエット茶のメリットは、厳しい食事制限やつらい運動などでがんばらなくてもいいこと。

ダイエット茶に含まれている成分が体に作用して、太りにくく、むくみにくい体質にしてくれます。とはいえ、自然由来のダイエット茶の効果は、飲むだけで劇的に現れるということはありません。

体質を改善しながら、長い時間をかけてゆっくりと効果を感じられるよう毎日続けていくことが大切です。ダイエット茶は効果だけでなく、自分の好みに合ったおいしくいただけるものを選びたいものです。

今回は、ダイエット茶の選び方や人気の商品をまとめてみました。


1.人気ダイエット茶ランキング

便秘解消やデトックスに加え、脂肪の吸収を和らげたり分解を促進したりと、さまざまな作用が期待できるダイエット茶。人気のあるダイエット茶をランキング形式でご紹介します。

1-1. DHC 食べたい時のダイエット茶 玄米緑茶30包入 (¥1,234)

imgres-1公式サイト

化粧品や健康食品を販売する大手メーカー、DHCのダイエット茶です。ゆっくりと消化吸収を促し、便秘解消などにも効果のある「食物繊維」や糖の吸収を抑える「ギムネマ」、余分な脂質が体内へ留まるのを防ぐ「キトサン」を配合。食べることを我慢したくない人にぴったりです。

1-2. サントリー 黒烏龍茶(¥160/350ml)

imgres公式サイト

サントリーの黒烏龍茶は、脂肪の吸収を抑えて脂肪をつきにくくする「ウーロン茶重合ポリフェノール」を含み、特定保健用食(トクホ)にも指定されています。スーパーやコンビニなどで簡単に手に入るのも魅力のひとつ。

販売されている容量の種類が豊富なので、さまざまな生活シーンにあわせて選ぶことができます。

1-3. ダイエットプーアール茶(ポット用35個入¥3,083)

about_03img公式サイト

健康茶などを扱うティーライフのなかでもダントツ人気のダイエット茶です。

抗酸化作用でさびにくい体を作る「重合カテキン」や、脂肪の吸収を抑える「没食子酸」が痩せやすい体質に変化するようサポートしてくれます。入浴後や軽い運動の前後に飲むのがおすすめです。

2.ダイエット茶の賢い選び方

ひとことで”ダイエット”といっても食べ過ぎやむくみ、メタボなど、お悩みは人それぞれです。まずは、自分がどのような体質なのか、どうなりたいのかを考えてみましょう。

ダイエット茶は長期間にわたって毎日飲むものですから、飽きのこない自分に合ったものを探してみてください。以下でダイエット茶を目的別にご紹介します。

2-1.目的1:カロリーを抑える

消化を促進する働きを持つ「プーアール茶」は、茶葉を発酵させて作られています。お茶に含まれているカテキンには脂肪を外に押し出す効果がありますが、発酵させることでより効果が高い「重合カテキン」にパワーアップ。

この重合カテキンが多く含まれていることも、プーアール茶の特徴です。脂肪の吸収を妨げる働きもあるため、脂っこい食事と一緒に飲むのがおすすめです。

また「ガルシニア茶」は、脂肪の吸収を抑制する働きを持っているため、満腹感が持続します。飲み続けることで自然に食欲が抑えられ、リバウンドしにくい体作をサポートしてくれます。

甘いものが好きな人は、糖分の吸収を抑制する「ギムネマ酸」を含む「ギムネマ茶」を取り入れてみてください。

スイーツやデザートを食べた後に飲むのが効果的です。ほかにも、油の吸収を防いで体外に排出しやすくしてくれる「サポニン」を含む「ウーロン茶」などもカロリーが気になる人に向いています。

2-2.目的2:便秘を解消する

便秘はポッコリおなかの原因になるほか、毒素を体に溜めやすくなってしまい肌にもよくありません。お通じをよくするダイエット茶で、腸内環境を整えましょう。

水溶性食物繊維が含まれる「ごぼう茶」は、便を柔らかくして排出するのに役立ちます。食物繊維が豊富で、排出促進作用を持つ「フィチン酸」が含まれている「玄米茶」も、便秘の悩みに効くダイエット茶のひとつです。

また、人気の「ローズヒップティー」は、腸内の善玉菌を増加させる「ビタミンC」や、水溶性食物繊維の「ペクチン」を含んでいるため、便秘解消におすすめです。

2-3.目的3:むくみを解消する

冷え性や運動不足で代謝が下がってしまい、むくみに悩まされている女性におすすめしたいのは、むくみを解消してくれるダイエット茶です。

体内の余分な水分や塩分を排出してくれる「ピノレジノール」「グルコサイド」成分を含む「杜仲茶」、毛細血管を丈夫にして新陳代謝を促進してくれる「カルコン」や血液をサラサラにすることで血行がよくなる「有機ゲルマニウム」を含む「明日葉茶」などがおすすめ。

ただし、どちらもちょっとクセのあるお茶なので、好みがわかれるかもしれません。最初はほかのお茶と混ぜるなどして、徐々に慣れていくようにすると続けやすくなります。

3.ダイエット茶の賢い飲み方

ダイエット茶を始めると、自分の飲み方は正しいのだろうかと不安になってしまうことがありませんか?

shutterstock_275820332

ダイエット茶の効き目は緩やかに現れるため、焦りは禁物です。少しでも早く結果が出るよう、効果的な飲み方を知っておきましょう。

3-1.飲む量とタイミング

一般的にダイエット茶は1日500~800ml程度を飲むとよいとされています。

ですから、飲めば飲むほど効果が現れやすいということはありません。飲むタイミングは目的によっても異なります。

脂肪燃焼を目的としたダイエット茶なら朝や運動前、糖や脂肪の吸収を抑えるのが目的なら食事と一緒に、便秘や排泄に働きかけるダイエット茶は、夜に飲むのがおすすめです。

基本的に商品や成分によってベストな量や時間帯はさまざまなので、必ずパッケージの説明をよく読んで、効果的に飲みましょう。

3-2.あわせてとりたい食材

ダイエット中の食事や外食で、つい不足しがちな食物繊維。腸内で水分を吸収して膨らむため、ダイエット茶と一緒にとると腹持ちのよさがアップします。

また食物繊維は、体内にある不要な物質の排泄を促進させたり、食べたものをゆっくりと消化吸収したりと、ダイエットに欠かせない要素です。山芋やオクラなどのネバネバ系、きのこ類や海藻などに多く含まれているため、積極的にとるようにしましょう。

3-3.下痢を防ぐには

ダイエット茶には、お茶そのものが持つ成分の力でダイエットを促すものと、便秘を改善させるため下剤成分を含むものの2種類があります。

下剤成分を持つお茶には、「センナ」や「キャンドルブッシュ」などの植物から作られているものがあるため、内容を確認してみましょう。これらに含まれている「センノシド」という成分が排便を促すのですが、とりすぎてしまうと下痢や腹痛の原因になってしまうことがあります。

もし、これらの植物が入ったダイエット茶を飲む場合は、必ず適量を守るようにしましょう。また、食物繊維などで便通をサポートしてくれるものもありますので、便秘改善といえども、できるだけ副作用が出にくいダイエット茶を選ぶように心がけてください。

4.まとめ

ダイエット茶は、毎日コツコツと飲み続けていくことで少しずつ効果の現れるダイエットサポート食品です。一昔前は、ダイエット茶というと効果はあってもクセが強く飲みにくいお茶が多くありましたが、最近は各メーカーでも飲みやすい味になるように工夫を凝らしたお茶が多く出回っています。いろいろ試してみて、目的に合った好みのお茶を見つけてみてはいかがでしょうか。

なお、ダイエット茶を飲むときは、冷たいお茶より温かいお茶がおすすめです。冷たいお茶で体を冷やしてしまうと代謝も下がってしまい、効果が減ってしまいます。

ただし、メーカーが推奨している場合はこの限りではありませんので、パッケージをよく読み、最適な飲み方でおいしく続けてください。

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事