ダイエット中のOKサラダ・NGサラダ|あなたの食べ方は大丈夫?

shutterstock_569546782

ダイエット中に不足しがちな栄養分をたくさん摂るサラダ。ダイエットによいと思う人も多いかもしれませんが、食材の選び方や食べ方によってはその効果が得られないこともあります。

そこで今回は、ダイエットを成功に導くサラダと、その食べ方を徹底解明していきます!

1.サラダダイエットの効果ってどうなの?

1-1.サラダダイエットとは

shutterstock_458526211

サラダダイエットとは、食事のときにたっぷりのサラダを食べるというダイエット法です。低カロリーで低脂肪の野菜は、ダイエット向きの非常にヘルシーな食材。

生の野菜は歯ごたえがあるものが多く、かさ増しもしやすいため、自然と咀嚼回数が増えて満腹感を得やすくなります。食前に食べれば、食事量を減らすことも可能です。

また野菜には、代謝機能の向上を助けてくれたり、肌の調子を整えてくれたりするビタミンやミネラルも豊富に含まれています。サラダダイエットを行うことで、美しく健康的なダイエットが望めるでしょう。

1-2.サラダダイエットのメリット

サラダダイエットには、女性の味方になってくれるうれしいメリットがたくさんあります。

・代謝がアップするビタミン類を効率よく得られる

脂質の燃焼をサポートして代謝を上げる役割を持つB2、B6などのビタミンは、ダイエットには欠かせないビタミンですが、水溶性のため、野菜を茹でたり煮たりする調理法では栄養分が流れ出てしまいます。

野菜を生のまま摂取するサラダなら、これらのビタミンを効率よく摂取できます。

・食物繊維で便秘が改善する

野菜は食物繊維が豊富です。食物繊維には、腸内環境の改善や余分な脂肪や老廃物の排出を促進させる効果があります。サラダを毎日食べるように心がければ、慢性的な便秘の解消や防止にもつながるでしょう。

・飽きずに続けられる

サラダは使う食材やかけるドレッシング次第で、味だけではなく見た目も変えることができます。ほかの食べ物を利用するダイエットと比べて、飽きずに毎日続けやすいこともメリットのひとつです。

1-3.サラダダイエットのデメリット

とても魅力的なサラダダイエットですが、やり方を間違えるとかえって太ってしまうことも考えられます。デメリットにも注意しましょう。

・栄養バランスが偏る

野菜が中心のサラダだけでは、栄養が偏ってしまいがちです。

いろいろな食材を使って工夫すればある程度の栄養バランスは保てるかもしれませんが、ダイエットの敵に見える糖質や脂質も、健康維持には必要な栄養素。三食すべてをサラダに置き換えるような、体に負担がかかるダイエットは避けましょう。

・食べる順番によって効果が薄れてしまう

サラダダイエットでは、食べる順番もとても重要です。食事の最初にサラダを食べるのが、基本的なやり方です。最初にサラダを食べると満腹中枢が刺激されやすくなり、食べ過ぎを防ぐことができます。

また、野菜の食物繊維は血糖値の急上昇を抑制する作用があり、食べたものが脂肪として蓄積されにくくなります。

サラダを食べる順番を間違えてしまうと、これらの効果が薄れてしまうこともあるため、気をつけましょう。

・体が冷える

生野菜は体を冷やす性質を持っています。体温が下がると代謝も下がって痩せにくい体質になる可能性があり、ダイエットにとってマイナスです。

サラダを食べるときは、温かい汁物やお茶などを一緒に飲むように心がけるなどして、体を温める対策をしましょう。

・野菜が苦手な人は続けにくい

野菜が苦手な人にとって、生の野菜をたくさん食べる必要があるサラダダイエットはなかなか続けにくいかもしれません。まずは2日に1度や1日1食など、少ない頻度から始めてみましょう。

トッピングやドレッシングを工夫すれば、苦手な野菜もおいしく食べられます。

2.キレイに痩せる! ダイエット中のOKサラダ

2-1.海藻類・きのこ類のサラダ

shutterstock_174764114

わかめや昆布、もずく、海苔などの海藻類、えのきやしめじ、まいたけ、エリンギなどのきのこ類は、いすれも野菜と同じくダイエットに効果的な食物繊維やビタミンを豊富に含む食材です。

また、たくさん食べても低カロリーである点もうれしいポイントのひとつ。野菜が苦手な人は野菜の量を少し減らして、海藻類・きのこ類でかさ増しをするのもおすすめです。

2-2.たんぱく質を取り入れたサラダ

サラダダイエットでは、たんぱく質が不足しがちです。

shutterstock_271030664

筋肉の合成に必要なたんぱく質は、代謝を高めるためには欠かせません。ダイエットにおいては、食物繊維やビタミン、ミネラルと同じく非常に重要になります。

良質なたんぱく質を豊富に含む代表的な食材は肉類です。しかし、肉類には脂質が多く含まれている場合もあるため、牛肉ならばももなどの赤身肉、鶏ならササミやむね肉などの脂質が少ない低カロリーの部位を選ぶのがベスト。

また、豆腐、納豆といった大豆製品や豆類、卵などからもたんぱく質を効率よく摂取することができます。

3.かえって太る!? ダイエット中のNGサラダ

3-1.糖質が多い野菜サラダ

じゃがいもやさつまいもなどの芋類、コーン(とうもろこし)は栄養価も高いのですが、その分、糖質も高くなります。

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

この夏にオススメ!ホワイトニング&保湿ケア

紫外線の多いこの時期に特に!おすすめな京美人の美しさの秘訣を凝縮したホワイトニング美容液オールイワンゲルをご紹介します!

KYO BIJINはホワイトケアと保湿ケアを同時に叶えてくれる新発想のホワイトケアオールインワンゲル

水の代わりに白樺の樹液をベースに使用。
白樺の樹液にはエイジングケアには欠かせない成分ビタミンCやフラボノイドが入っているうえ、とても浸透力が高い注目成分です
その他にも、シミやくすみを防ぐシルク・肌にハリをもたらす酒粕エキス・紫外線後のダメージを補修する米ぬかエキス・美容力をさらに高めるビタミンC+ビタミンPなど美容成分37種配合。
美白も保湿もエイジングケアもと欲張りケアしたい方は一度試してみてください!

KYOBIJIN
価格:1周年記念感謝セール 1609円(税込)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事