緊急対応!デリケートゾーンのかゆみを防ぐ正しいケア方法

shutterstock_190682960

デリケートゾーンのお悩み上位3位は『におい』『生理の時のムレ』『かゆみ』ですが、今回はかゆみについて気になる悩みを解説していきます。なかなか人には聞けないが、問題としては深刻。潤いに満ちたコンディションを保つために欠かせないデリケートゾーンのかゆみについての正しいケアを伝授します。知っておくことで、安心感が格段に違います。


1.デリケートゾーンがかゆいと感じた時の5つの緊急対処方法

突然襲いかかってくる『かゆみ』。婦人科に行く時間がないからといって、決して素手で掻く何てことは絶対にNG!傷でもできて菌が入ってしまう可能性があります。

①市販の薬をぬる|フェミニーナ軟膏

imgres

公式サイト 15g ¥880

まずは、市販の薬でケアをしましょう。それでもひどいかゆみがおさまらければ、他の病気が潜んでいる場合ものあるので早めに婦人科で診てもらうことをお勧めします。

軟膏を塗る手はしっかりと洗い清潔な状態で、手で触れない程度に気になるところに塗ります。使い終わった後のキャップ付近や薬の保存状態には注意!汚い化粧ポーチなんかに入れっぱなしでは次に使う時に余計な菌まで付いてきてしまいます。

小さめのジップロックに入れておくのがおすすめです。

フェミニーナ軟膏は医薬品なのでコンビニエンスストアでは販売できません。ドラックストアで購入しましょう。

②通気性の良い下着をはく

下着の通気性が悪いと、ムレがひどくなりかゆみにつながります。例えば生理のたびにかゆみを感じる方は生理用のナプキンも見直すことも同時に行いましょう。

  • 綿
  • メッシュ
  • シルク

素材の下着に変えるとムレを軽減できかゆみが治まる可能性があります。

③生理中はナプキンをこまめに替える

経血でナプキンが汚れていないと思っても、膣からの分泌物や尿などで実はかなり汚れています。経血が少なくなる生理後半でもナプキンは2時間〜3時間に1度を目安にこまめに変えるように心がけましょう。かぶれたりかゆみを感じるようならナプキンの種類を変えて様子をみましょう。

④デリケートな肌に対応したウェットシートを使う

1_d_wet

公式サイト

おすすめはソフィのデリケートウェットシート、デリケートな肌にも優しい成分のシートで手のひらサイズ。そのままトイレにも流せるので外出先でも違和感なく持ち運びが便利です。『洗い流したような感覚と同じ』とモニター満足度95%!かゆみがきになる対処には助かるアイテムです。

⑤市販ナプキン<布ナプキン<タンポンをつかう

肌が弱い人の中にはナプキンの素材でもアレルギー反応を起こす人もいます。かゆみやひどいかぶれを起こす場合は市販のナプキンよりも布ナプキンにしてタンポンを使用するとだいぶかゆみやかぶれを軽減できます。

2.デリケートゾーンのかゆみチェック|こんな人は病院へ編

かゆみだけでは止まらず、おりものの色や状態に変化もあれば病気の可能性もあります。普段からおりものをチェックして、チェック表の状態が続くようなら、恥ずかしがらずに婦人科へ相談をしましょう。婦人科が初めての方は女性の先生がいるところにすると相談もしやすいです。

  • 灰色がかったおりものである
  • 痛みに近いかゆみがあり、尿やシャワーがしみる
  • デリケートゾーンのにおいが気になる
  • おりものの量が急に増えた気がする
  • 市販の薬ではかゆみがおさまらない
  • カッテージチーズのようなおりものが出る

チェックが多い人の病気の可能性があるので知識として知っておきましょう。

トリコモナス膣炎

膣内にトリコモナス原虫が寄生してしまい発症。黄色味の強い泡立ったおりものが増えて、デリケートゾーンに熱を持っている感じやかゆみがあります。感染力が強いので、不安を感じたらすぐに婦人科へその際はパートナーも一緒にいきましょう。

カンジダ膣炎

激しいかゆみ・ぼろぼろしたおりものが特徴です。菌というかカビの一種で、体調を崩すなど免疫力の低下によってもともといる菌が増殖して症状が出てきます。

クラミジア

10代〜20代の女性に多く、症状がおもてに現れにくいために気づかないうちに進行すると子宮外妊娠や不妊症の原因にも。パートナーも感染している可能性があるので同時に治療しましょう。

3.デリケートゾーンのかゆみの原因

人には相談しにくいデリケートゾーンのかゆみの原因をしって対策を立てていきましょう。

①デリケートゾーンに無関心が原因

日本人女性はデリケートな部分を『秘め事』という意識が強く、同性の親や親友にもオープンに語ることができない人が多いです。専門雑誌やネットの情報で初めて知る情報も少なくないのでは。ここ最近はVIOの脱毛がモデルさんから発信され関心を持つようになりました。デリケートゾーンのケアはとっても大切です。無関心のままではよくありません。

②デリケートゾーンのムレが原因

特に生理中は経血やナプキンによるムレがかゆみの原因です。さらにショーツのサイズが合ってない場合にもあります。デリケートゾーンは肌が弱いので、いつも清潔に通気性の良いものを身につけるのがおすすめです。

③間違った脱毛方法が原因

無理なデリケートゾーンの脱毛によって肌が荒れかゆみを感じる場合があります。自己流のカミソリや毛塗りをつかっているなら即刻やめましょう。カウンセリングでは無料なので脱毛のプロに相談をしていきましょう。

4.デリケートゾーンケア|コスメケア編

 洗う|LCジュウム・ハーバルソープ

スクリーンショット 2016-07-06 12.03.33 スクリーンショット 2016-07-06 12.03.38

公式サイト

黒ずみや臭いの元がスッキリするデリケートゾーン専用の石鹸です。インドネシア伝統的ハーブを含み使用感はマイルドです。カラダの気になる部分にのせて、3分間パックするだけ。黒ずみ、ニオイの元を洗い流して素肌をスッキリ爽快ケア。植物由来の成分で作られた石鹸なので、全身にお使い頂ける、優しいボディケア石鹸です。

専門の石鹸でデリケートゾーンの正しい洗い方

  1. たっぷり泡立ててIゾーンの内側から外側に向かって泡をつけます
  2. 素手で優しく包み込むように・なでるようにあらいます

ボディーソープで布などを使ってゴシゴシ洗うのはNGです。デリケートゾーンの洗いすぎは必要な菌まで洗い流してしまうのでトラブルの原因の一つです。外輪部をお湯で洗い流すか専用のソープでパックするのがおすすめです。

潤す|ピュビケアデリケートミルク(オーガニック)

スクリーンショット 2016-07-06 12.12.01

公式サイト

デリケートゾーン専門家が開発した保湿クリーム。オーガニックの植物エキスをたっぷり含み、ハチミツがしっとりとお肌を保湿してくれます。

専門のクリームでデリケートゾーンの正しい潤し方

  1. パール大くらいの量を手に取る
  2. Vゾーンの黒ずみになりやすい部分は念入りにクリームを塗る
  3. お尻にもわれめにそって塗る
  4.  Iゾーンの内側から外側にむけて塗る
  5. Vゾーンの毛にも馴染ませるように塗る

下着の摩擦でかゆみが出る人は乾燥しているのでくりーむがおすすめです。

デリケートゾーンのかゆみがきになると普段通りの振る舞いをすることができません。頻繁に感じるという方はしっかりとケアをしてあげましょう。

5.まとめ

顔の肌のケアは毎日行っているがさらにデリケートなゾーンは『なにもしていない』という人は無関心ではいけません。今からでも正しいケアをすることは女性にとって究極のアンチエイジングになるので是非スタートしてみてください。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事