デリケートゾーンの黒ずみは解消できる! 今すぐできる対策をご紹介

shutterstock_570102550

夏に水着を着るときや温泉にいくとき、彼氏ができたときなどに、ふと気になってしまうのがデリケートゾーンの黒ずみ。

なかなか人に相談することができない部位のため、「デリケートゾーンが黒ずんでるのって普通なのかな…」「人に見られたらどう思われるだろう」と不安になりますよね。

今回は、デリケートゾーンの黒ずみ対策が必要なボーダーラインから、自分でできる対策などをお伝えしていきます。デリケートゾーンの黒ずみでお悩みの方にとって、少しでも気づきとなれば幸いです。


スポンサードリンク

1.そもそもデリケートゾーンは黒ずみやすい

顔や体にできるシミはメラニンが原因であることをご存知の方は多いと思いますが、実はデリケートゾーンの黒ずみもメラニン色素が原因です。

紫外線を直接浴びることがない部位ではありますが、「カミソリで繰り返し剃る」といった刺激を受けることが多いため、メラニン細胞が肌を守るためにメラニンを過剰に生成してしまい、色素沈着を起こしてしまうのです。

またデリケートゾーンの皮膚は薄いため、下着の摩擦による影響も受けます。さらに月経時に使用するナプキンの影響もあるため、デリケートゾーンへの刺激はどうしても避けられず黒ずみが発生しやすいのです。

通常であれば、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)によってキレイな肌になりますが、不規則な生活やストレス、ホルモンバランスの乱れなどの影響も受けることで、ターンオーバーが上手くいかずに黒ずみが悪化してしまうケースもあります。

2.デリケートゾーンの黒ずみ対策が必要なボーダーライン

以下のチェックリストに当てはまる方は、デリケートゾーンの黒ずみ対策を検討することをオススメします。

  • 明らかにデリケートゾーンが黒いと感じている
  • 不規則な生活、ストレスの多い日々を送っている
  • アンダーヘアの処理をするたびに黒ずんでいる
  • 毎日デリケートゾーンをゴシゴシと洗いすぎている
  • 下着がキツめで、下着の跡が赤く黒ずんでいる
  • デリケートゾーンの色にストレスを感じている

もともと日本人などの黄色人種は、白色人種と比べてメラニン活性が高いため、デリケートゾーンが黒ずみやすい傾向にあります。

そのため、キレイなピンク色のデリケートゾーンを実現するのは難しく、必ずしも目指す必要はありません。ただデリケートゾーンの黒ずみに対してストレスや悩みを感じているようであれば、日常のケアに黒ずみ対策を取り入れたほうが良いでしょう。多少黒ずみを解消させることや、これ以上悪化させないようにすることができます。

3.自分でできる対策

それでは、自分でできる黒ずみ対策にはどのようなものがあるのでしょうか。大切なのは「生活での刺激を低減させること」「美白ケアを行なうこと」です。それぞれ具体的な方法をお伝えしていきます。

3-1.デリケートゾーンへの刺激を低減

◎下着を見直そう

キツい下着、またストッキングやボトムなど、デリケートゾーンを圧迫したり刺激を与えたりするような格好はできるかぎり避けることをオススメします。下半身のサイズを計ったうえで、自分の体にあったものか少しゆとりがあるものを選ぶことが大切です。

ボクサータイプの下着は摩擦の刺激が少ないため、選択肢の一つになるといえます。ウエストゴムは締め付けないもので、生地もシルク素材・綿・オーガニックコットンなど肌に優しい素材を採択しているものが良いでしょう。

また紙ナプキンはデリケートゾーンを傷めることがありますので、この機会に布ナプキンを始めてみるのもいいかもしれません。

◎洗いすぎないように

デリケートゾーンを洗う際、石鹸でゴシゴシと洗いすぎていませんか。洗いすぎるとデリケートゾーンのバリア機能が失われ、乾燥してしまい、黒ずみだけでなくかゆみを引き起こす原因にもなります。

必ずボディソーブを手で泡立ててから、デリケートゾーンを包むように手でやさしく洗いましょう。さらに石鹸もデリケートゾーン用の低刺激なものを選ぶことをオススメします。

◎アンダーヘアの処理は電気シェーバーで

アンダーヘアの処理にカミソリや除毛クリームを使用される方は多いですが、繰り返し使うことで肌に負担をかけて黒ずみを悪化させてしまう可能性があります。そこでオススメなのが、デリケートゾーン用の電気シェーバーです。カミソリのようにキレイに剃ることはできませんが、肌への負担を抑えることができます。

3-2.保湿・美白を心がけよう

◎黒ずみケア用の石鹸を使おう

デリケートゾーンの皮膚は薄いため、通常の石鹸では洗浄力が強すぎてデリケートゾーンを傷めてしまう可能性があります。デリケートゾーン専用の石鹸がありますので、そちらを試してみることをオススメします。

特に消臭や美肌を期待できるジャムウ成分が配合されたソープは、愛用している女性が多く人気があります。

◎保湿・美白ケアをしよう

顔・ボディ用の保湿ケアや美白ケア用品はアルコールなどが含まれていることがあり、刺激が強すぎる可能性があります。デリケートゾーンの保湿には、専用のクリームを使うことをオススメします。

使用するタイミングは、入浴後のデリケートゾーンが洗浄された状態やアンダーヘアの処理後などです。保湿クリームをさくらんぼ大程度に手のひらにとり、そのまま体温で温めながら広げていき、指の腹でデリケートゾーンにやさしく馴染ませていきます。クリームの余りが気になる場合は軽くティッシュオフするとよいでしょう。

4.可能性のある病気と治療について

黒ずみが起きているのは、血行不良や冷え性などが原因になっている可能性があります。

体を温める作用のある食品や、メラニン色素の増加を抑えるビタミンCを含んだ食品、鉄分を補う食品やサプリメントを摂取するなど、食生活を見直ししてみるとよいでしょう。

また、ストレスもホルモンバランスの乱れを引き起こすため、うまくターンオーバーができないといった事態を招きます。

規則正しい時間に就寝する、適度な運動でストレスを発散するなど、生活スタイルを改めてみることもオススメします。

黒ずみは長年の生活習慣などによって発生するものであり、決して病気ではありません。

ただ審美の価値観として「すぐに黒ずみを治したい」「日常のケアでは満足できない」というのであれば、美容クリニックなどでレーザー治療を受けるという手も。費用や身体への負担もかかりますが、短期間で悩みを解消できる可能性があります。

黒ずみだけでは病気ではありませんが、かゆみやニオイが発生するようになったら注意が必要です。

子宮頸がん、子宮内膜症、淋病、細菌性膣炎、トリコモナス、カンジダ膣炎、クラミジアなどの性感染症などの可能性があります。少しでも気になることがあれば、一度婦人科での検診を受けることをオススメします。

5.まとめ

デリケートゾーンの黒ずみは相談しづらいことのため、一人で悩みを抱えこんでしまっている女性の方が多くいらっしゃいます。デリケートゾーンもお肌の一部ですので、肌と同じようにケアしてあげることで、多少黒ずみは解消されていきますのでご安心ください。

ただ、大幅に黒ずみを解消できるということはなく、日本人は体質的にどうしても黒ずみやすい傾向にありますので、あまり気に病まないようにすることが一番といえるかもしれません。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事