今すぐキラキラしたいなら!知っておくべき化粧品ブランドの基礎知識

化粧品 ブランド

星の数ほど存在する化粧品ブランド。

デパート専用ブランドから、薬局、スーパー向けの流通向けコスメ、通販専用ブランド、プチプラコスメ、ナチュラルコスメなど本当にたくさん!ブランドごとにコンセプトがあるので、それぞれに違った良さがあります。

そこで今回は、お馴染みの化粧品ブランドをメーカーごとにご紹介。メーカーの特徴を知って、化粧品ブランド選びの参考にしてみましょう。

1.化粧品ブランドの違い

大手化粧品メーカーは、コンセプトの異なるブランドをいくつか展開していることがほとんど。

イメージやパッケージは全然違うのに、メーカーは同じ…ということが多くあります。大きく分けて、国産ブランド、外資系ブランドがあります。

1-1.国産大手

国産の大手メーカーは、最新の研究に基づいた美容成分を用いて、日本人(アジア人)の肌に合うように作っているところが最大の特徴。また、生産工場も国内に置いている会社が多くあります。化粧品のベースとなる「水」にこだわっている会社が多く、水がきれいな地域で生産されています。

特に、スキンケアは日本人(アジア人)の肌質を研究しているため、効果・効能だけではなく、使い心地や香り、テクスチャーも使いやすく工夫されています。

【資生堂】

日本最大手の化粧品メーカー。高級ブランド「SHISEIDO」「クレドポー」からバラエティショップ向け「AQUAレーベル」、コスメ「インテグレート」、専門店向け「ベネフィーク」など取り扱いブランド多数。海外展開もさかんで、世界各国で販売されています。

【歴史】

1872年、日本初の洋風調剤薬局として、東京・銀座に誕生。1916年、薬局から化粧品部門が独立し、本格的な化粧品事業が始まる。

1927年、株式会社資生堂が発足この頃には資生堂化粧品の取り扱い店であるチェインストアが全国に広がり、製品や美容に関する知識とともに国内外の最新のライフスタイルや流行情報を発信し始める。

日本で初めてビューティーコンサルタント(美容部員)を登場させた会社でもある。(資生堂公式HPより)

【花王】

化粧品では、流通向けスキンケアブランド「ソフィーナ」、コスメブランド「AUBE」、デパートブランド「est」、通販化粧品「ORIENA」が有名。その他家庭用品として「ビオレ」シリーズなどが有名です。

ブランド数は多くないものの、化粧品では具体的な効果性をアピールしている製品が多いのが特徴です。

【歴史】

1887年、花王の前身の洋小間物商から創業。1890年に花王石鹸の販売を開始し、

以後、シャンプーや洗剤など家庭用品、サニタリー用品を開発、製造、販売。

【コーセー】

日本の化粧品業界第3位。デパートから流通、専門店、通販まで幅広いブランドを展開。デパートブランド「DECORTE」「ジルスチュアート」「アディクション」など。

専門店向けは「プレディア」「インフィニティ」などがあります。流通向けは「VISSE」「エスプリーク」「雪肌精」シリーズなど。通販は「米肌」などが有名。

美容液「モイスチュアリポソーム」などが有名。アジア展開もさかんです。

洗顔後すぐに乳液や美容液を使うスキンケアが多いのも特徴です。

【歴史】

1946年の創業から化粧品一筋。化粧品業界で初の美容液とパウダーファンデーションのカテゴリーを形成した実績がある。

【カネボウ】

2004年の会社再編以降、化粧品と家庭用品との別会社になっています。デパートブランドでは「KANEBO」、「CHICCA」、「リサージ」、アイシャドウが人気の「ルナソル」など。

流通向け化粧品は「コフレドール」「エビータ」「KATE」、専門店向けには「トワニー」などが有名。トレンドをとりいれながらも上品な仕上がりが人気。エイジング向けスキンケアも豊富です。

【歴史】

1887年創業。紡績会社としてスタートし、1936年より化粧品事業を開始。2004年に化粧品部門が独立し、2006年には花王グループに編入。

2013年から花王への組織統合が開始。2016年にはグローバルブランドとして「KANEBO」が発売される。

1-2.外資

外資系ブランドは、本国のエッセンスがつまっているため、パッケージにもブランドカラーが大きく出ています。

特にメイクコスメは色展開や発色が国産のものとは違いがあります。スキンケアは最先端技術を使ったものや最新の成分が配合されているものが多くあります。香りもやや強めです。

【エスティ―ローダー】

アメリカが拠点の外資系コスメ企業。

日本では10ブランドを展開しています。「エスティ―ローダー」「クリニーク」「ボビイブラウン」「M・A・C」などが有名です。

ブランドそれぞれのコンセプトがはっきりしていて、イメージも異なります。男性向け化粧品「アラミス」も取り扱っています。全てデパートで

販売されています。看板ブランドのエスティ―ローダーは、外資ブランドの中でもスキンケアに人気があります。

ファンデーションのダブルウェアもロングセラーの人気を誇ります。アメリカ産らしく機能性の高いコスメ、アーティスティックなブランドが多いのが特徴です。

【歴史】

エスティ ローダー日本は、まず支社として1967年に設立され、その後、業務の拡大発展に伴い1976年3月、日本法人 エスティ ローダー株式会社に改められました。

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

むくみが気になるこの時期だからこそしっかりケアを

シリーズ累計1,000,000枚突破し様々な雑誌で紹介されている、着圧ソックスをご紹介。

寒くなってくると新陳代謝が悪くなり、むくみで悩む方が多いのではないでしょうか。

【キュッとルームソックス】は理想の美脚を徹底追求!!
段階着圧設計で、足のポンプ作用をサポートする100%日本製の一般医療機器。

超ロングサイズなので気になる太ももも、しっかりケア。
さらに美容成分も配合されているので履き心地もいいです。
可愛いデザインながら、高機能でお部屋コーデもしっかりきまります。

キュッとルームソックス
価格:単品購入 3,480円(税抜)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事