意外と簡単! コントゥアリングメイクのやり方3ステップと、オススメの化粧品

shutterstock_551818834

いま最も旬なメイク、「コントゥアリングメイク」ってご存知ですか?

誰でもメリハリのある小顔に見せることのできるメイク方法があったら、試してみたくなりませんか。コントゥアリングメイクは、そんな女性の小顔願望が叶ってしまう夢のようなメイク方法なのです!

難しそうだと思われるかもしれませんが、おさえるべきポイントは“基本の3ステップだけ”。それさえ覚えてしまえば意外と簡単なので、ぜひチャレンジしてみてください♪


1.コントゥアリングメイクとは?

コントゥアリングメイクとは、ハイライトとシェーディングを駆使したベースメイクのことなのですが、“整形メイク”や“フォトショップメイク”とも言われるほど、別人のように劇的に変われてしまうメイクです。

shutterstock_503791000

海外で大流行して、最近では日本でも徐々にメジャーになってきたメイク方法なので、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

目鼻立ちは勿論のこと、輪郭までも変わって見えるのがコントゥアリングメイクのスゴイところ。小顔効果で「痩せた?」と言われたり、彫りが深く見えて「整形した?」なんて言われたら、バッチリ大成功、ということですね♪

そもそも“コントゥアリング”とは、“輪郭”という意味の英単語です。

ベースメイクの明暗をよりハッキリさせることで、高く見せたり逆にへこませて見せたりと、立体感を演出するメイク方法です。

頬骨や鼻筋、おでこなどがより高く見えるように入れるのが“ハイライト”。輪郭や鼻の脇、へこませたい部分などに影ができるようにシャドウをいれるのが“シェーディング”です。

ハイライトとシェーディングを駆使し、立体的な骨格を作り出して理想の顔立ちを実現するメイク、と思っていただけると良いと思います!

2.意外と簡単♪ コントゥアリングメイクのやり方

2-1.コントゥアリングメイクのハイライトの入れ方

コントゥアリングメイクのベースメイクの手順をご紹介!

まずは、普段通りに化粧下地を顔全体に塗っておきます。

次に、ハイライトとなる部分にファンデーションを広く塗っていきます。おでこ・頬骨・鼻筋・鼻の下・顎あたりまで広い範囲をまんべんなく塗っていきます。大袈裟に感じるくらいに広い範囲に塗ってしまって問題ありません。

使うものは、スティックタイプやクッションタイプのファンデーションがオススメです♪

エチュードハウス/プレイ101スティック ファンデーション #Fair

01.エチュードハウススティックファンデーション

出典:etude

¥1,600(税抜)

2-2.コントゥアリングメイクのシェーディングの入れ方

次にシェーディングを入れたい部分に濃い色をのせて陰影をつけていきます。輪郭・もみあげ・頬骨の下・鼻筋・小鼻・目と鼻の間などに、大胆に塗ってしまって大丈夫です!

シェーディングも、スティックタイプが使いやすくてオススメです♪

セザンヌ/シェーディングスティック

スクリーンショット 2017-10-02 10.15.59出典:cezanne

¥600(税抜)

2-3.ハイライトとシェーディング部分をなじませる

ハイライトとシェーディングをパフで丁寧になじませていきます。パフの他にシェーディングブラシやメイクブラシがあるとより便利。

このとき、ぼかしすぎて普通のファンデーションのような色になってしまってもOK。境目をぼかしすぎても、ハイライト部分やシェーディング部分の色にメリハリがついていれば大丈夫です。

ブラシを使う場合は、大きめのものが使いやすくて良いでしょう。広範囲を一気に塗ることができる“ブラッシュ”というブラシがいちばんオススメできますが、普通のファンデーションブラシでも十分に使えるので問題ありません。

エスクリープ/ファンデーションブラシ

03.エスクリープファンデーションブラシ出典:esprique

¥1,200(税抜)

2-4.ベースメイク後

コントゥアリングメイクのベースメイクが完成したあとは、普段通りのメイクをのせていけばOKです!

せっかくコントゥアリングメイクがバッチリ仕上がったなら、化粧直しの際には色のついていない、ルースパウダーで化粧直しすることをオススメします。

チークはハイライトを塗る段階で重ねておいてもナチュラルに仕上がります。シェーディングを入れるので、いっそのことチークを省いてしまっても問題なく仕上がりますよ。

コントゥアリングメイクの手順はここまでで終了です。意外と簡単だと思いませんでしたか?

コントゥアリングメイクは3ステップ。“ハイライト”を入れて、“シェーディング”を入れて、馴染ませたらベースの完成! マスターしてしまえば、毎日のメイクがより楽しくなりますよ♪

3.コントゥアリングメイクにオススメの化粧品

3-1.プチプラでオススメなスティックハイライトとスティックシェーディング

セザンヌ/ハイライトスティック・シェーディングスティック

スクリーンショット 2017-10-02 10.15.59出典:cezanne

¥600(税抜)

先ほどもご紹介しましたが、コントゥアリングメイク人気で売り切れ続出とまで言われている、プチプラコスメ代表のセザンヌから発売されているシェーディングとハイライト。

肌の上でクリームタイプに変化してから、サラサラになるタイプです。600円というプチプラ価格なので挑戦しやすいですよね。

とにかく大人気で売り切れ続出なので、コントゥアリングメイクに挑戦されたい方は、見かけた時が買い時だと思います!

3-2.少しピンクがかったハイライトの複数使いで、違った表情に挑戦

レブロン/フォトレディ インスタフィックス(ピンクライト)

05.レブロンフォトレディハイライト#ピンク出典:revlon-japan

¥1,800(税抜)

3-3.これひとつで、コントゥアリングメイクのベースが完成しちゃう!

カネボウ/ヴァリアンブラッセ(コントゥア)

06.カネボウコントゥア

出典:kanebo-cosmetics

¥2,500(税抜)

カネボウから、ハイライト1色とシェーディング2色がセットになった商品をご紹介。これ1つでコントゥアリングメイクのベースが簡単に完成してしまいますね!

ブラシも付いていて奥行きのあるメイクが簡単に作れます。肌へのフィット感があり、付け心地も抜群です。

4.秋にオススメのソフトコントゥアリングメイク!

ここでひとつ、「コントゥアリングメイクには興味があるけど、挑戦するにはメイクが濃くなりそうで怖い…」と思っている方に朗報です!

夏の日差しの下では、ハッキリクッキリなノーズシャドウ、かっこいいですよね。でも秋冬だと濃すぎるかも…。そう思う方は、普通のコントゥアリングメイクよりも挑戦しやすい、ソフトにナチュラルなコントゥアリングメイクはどうですか?

ソフトコントゥアリングメイクのちょっとしたコツをお伝えします。

4-1.ハイライトをナチュラルな色味で挑戦してみる!

使うハイライトのカラーを、普段よりも少し明るめのファンデーションに変更してみてください。それだけでも肌のトーンが明るく見え、ナチュラルなハイライト効果が生まれます!

スティックファンデーションだと、塗りやすく馴染ませやすくてオススメです。

チャコット/スティックファンデーション/#117

07.チャコットスティックファンデーション出典:chacott

¥1,800(税抜)

4-2.シェーディングを濃すぎない色に変えてみる

使うシェーディングのカラーを、濃すぎないナチュラルなカラーにするのもおすすめ。普段よりも濃い目のファンデーションを、シェーディング代わりに使ってみても良いと思います。

その色に慣れてきたり、物足りないと思うようになったら、少しずつ濃い目の色に挑戦してみてください。お手頃価格のスティックなら、お好みで何色もそろえられて便利です。

レブロン/フォトレディ インスタフィックス(#190キャラメル)

08.レブロンフォトレディ#190キャラメル

出典:revlon-japan

¥1,800(税抜)

5.まとめ

いかがでしたか? 慣れてくると普段のベースメイクと変わらない時間でできてしまうくらい、意外と簡単なコントゥアリングメイク。

シェーディングの濃さを調節して、より彫りの深いメイクや、ナチュラルなソフトコントゥアリングメイクに挑戦してみても、いろんな表情が楽しめると思います!

コントゥアリングメイクの技術を身に付けて、小顔メイクを思いきり楽しんでくださいね♪

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事