女優並みのベースメイクを叶える達人級コンシーラーの使い方

shutterstock_520623490

ベースメイクの可能性をグンと広げるアイテムといえば、コンシーラー!「シミ・ソバカスをカバーするもの」というイメージが強いですが、それ以外にもメリハリメイクやエイジングサインのカバー、化粧直しにも使える便利なアイテム。

コンシーラーを上手に使いこなせば、女優やモデル級のベースメイクも夢ではありません。コンシーラーマスターになって、理想のベースメイクを叶えましょう。

1.コンシーラーの使い方見本帖

コンシーラーのテクスチャーや形状は、さまざまですが、目的に合わせて使い分けすることで、メイクの仕上がりが断然違います。目的別のコンシーラーの使い方の基本をご紹介します。

1-1.クマ隠し

目の下のクマをカバーするにはライトカラーのリキッドコンシーラーが便利。クマの真上よりも、少し離した部分にのせ、指やスポンジで広げていくとナチュラルに仕上がります。

unspecified

出典:ルナソル公式

目尻の影も同様にかばーしておくと目元が明るく見えます。どうしてもクマが消えないという人は、オレンジなどの肌色に近いカラーを選ぶと隠しやすくなります。

1-2.シミ・ソバカスカバー

シミ・ソバカス・ニキビ跡を隠すには、テクスチャーが固めのスティックコンシーラーがベスト。肌に近い色か、少し暗めの色のほうが肌トラブルをカバーしやすくなります。

unspecified-1出典: ハウコレ

気になる部分に、ブラシかスティックで直接のせ、その周りだけをぼかすとキレイにカバーできます。上からこすったり、叩きこむと、コンシーラーがとれてしまうので注意。仕上げにパウダーで抑えれば、化粧モチがよくなります。

1-3.トレンドのコントアリングメイクに

トレンドの「コントァリングメイク」には、ダークカラーとハイライトカラーの2色のコンシーラーが使えます。「コントァリング」とは、骨格に合わせてメリハリを強調し、立体感のある顔に仕上げるメイクのこと。小顔に見せる効果があります。

unspecified-2
出典: lier

ファンデよりも密着力があるため、ファンデの2色使いよりもメリハリをつけやすくなります。

1-4.メイク直し・色ムラ

unspecified-3
出典:i-voce

メイク直しや小鼻の赤味など色ムラをカバーしたい時に役立つのがペンシルタイプのコンシーラーです。皮脂をオフしたあと、ファンデがとれた部分や、赤味の出た部分に直接のせ、指でなじませます。ファンデを付け直すよりも、キレイにリタッチできます。

1-5.エイジングカバー

unspecified-4出典:Yahoo!

目元やほうれい線などエイジングサインが気になる部分のカモフラージュには、ライトカラーのコンシーラーがマスト。

明るい色で、しわやたるみの影を飛ばすことで、リフトアップして見せることができます。目尻、目頭のくぼみ、ほうれい線、口角周りに入れることがポイントです。

2.コンシーラーの種類と特徴・使い方

種類豊富なコンシーラーも、質感によって適材適所があります。それぞれの特長を知って、ベストなコンシーラーを探しましょう。

2-1.スティックタイプ

顔料が多く、カバー力が高いのがスティックタイプの特長です。固めの質感のものが多く、肌にピタッと密着するため、落ちにくいというメリットも。大きなシミ・濃いシミ、ニキビ跡、ニキビなどのカバーに向いています。

2-2.クリームタイプ(パレットタイプ)

ベージュの濃淡が数色入ったコンシーラーは、多目的に使えます。クマや小鼻の赤味など色ムラや、シミ・ソバカス、ニキビ、ニキビ跡のカバーなどあらゆる肌トラブルにOK。色を混ぜて使えるので、自分の肌色に合わせてカバーできます。

2-3.リキッドタイプ

サラッとした質感で肌なじみが良いのがリキッドタイプのコンシーラーです。ライトカラーなら目元やほうれい線などエイジングサインのカバーに最適です。夕方のメイク直しにも向いています。スティックやクリームタイプよりカバー力は無いので、ハイライトやくすみカバー用にすると良いでしょう。

2-4.ペンシルタイプ

手軽に使えるペンシルタイプは、小さなシミやニキビ跡、小鼻周りなど細かい部分のピンポイントカバーに便利です。目元・口元のくすみ消しにもOK。しっかりつくので、幅広く伸ばして使うよりも、 ポイント使いに限定したほうが良いでしょう。

3.コンシーラーの困った!解決方法

コンシーラーは便利だけど、厚塗りやヨレが気になるという人も多いはず。メイク時にひと手間をプラスして、コンシーラーのもちを良くさせていきましょう。

3-1.ヨレる

コンシーラーがヨレるのは、密着力不足が原因。特に目元や口元など良く動く部分は、少量をしっかり叩きこんで、ピタッとつけることが鉄則です。コンシーラーをのせたあと、指でのばし、最後にスポンジで叩きこむとしっかりつきます。つける量が多いとすぐにヨレるので、カバー力のあるものを少量にすると上手くいきます。

3-2.カバーできない

シミやニキビ跡がうまく隠せない!という場合は、つけ方を見直してみましょう。スポッツカバーの場合、なじませるよりも「覆う」ように塗るのがコツです。

カバー力のあるコンシーラーを指にとって、シミ・ニキビ跡の上に、直接ペタペタとのせていきます。隠れるまで数回重ねていきましょう。最後にカバーした部分の周りだけを、ぼかすことがポイントです。仕上げはパウダーでしっかりFIXさせましょう。

3-3.崩れやすい

しっかりつけたコンシーラーも、顔をさわったり、こすれると崩れてしまいます。なるべく顔に触れないようにするのがベストです。また汗や皮脂で崩れやすい場合は、ウォータープルーフタイプやオイルフリーなど、さっぱりした処方のコンシーラーを選びましょう。

4.コンシーラーを使った日のクレンジング

顔料が多く、密着力も高いコンシーラーを使った日は、クレンシングも丁寧に行いましょう。特にデリケートで肌に残りやすい目元はポイントリムーバーを使うことが必要です。顔全体もきちんと落とせるクレンジング料を選びましょう。

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

この夏にオススメ!ホワイトニング&保湿ケア

紫外線の多いこの時期に特に!おすすめな京美人の美しさの秘訣を凝縮したホワイトニング美容液オールイワンゲルをご紹介します!

KYO BIJINはホワイトケアと保湿ケアを同時に叶えてくれる新発想のホワイトケアオールインワンゲル

水の代わりに白樺の樹液をベースに使用。
白樺の樹液にはエイジングケアには欠かせない成分ビタミンCやフラボノイドが入っているうえ、とても浸透力が高い注目成分です
その他にも、シミやくすみを防ぐシルク・肌にハリをもたらす酒粕エキス・紫外線後のダメージを補修する米ぬかエキス・美容力をさらに高めるビタミンC+ビタミンPなど美容成分37種配合。
美白も保湿もエイジングケアもと欲張りケアしたい方は一度試してみてください!

KYOBIJIN
価格:1周年記念感謝セール 1609円(税込)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事