いつものアイメイクを10秒でチェンジ!カラーアイライナーの使いこなし術

shutterstock_614857547

目元にチラリと見えるピンクやブルーのラインがカワイイ!と人気のカラーアイライナー。

使い方は簡単なのに、メイク上級者に見えて、たちまちおしゃれな雰囲気に。持ち歩いて、メイクの上からサッと足すだけで、一気に垢抜けるので、アフター6後のメイク直しにも便利。

メイク初心者さんにもおススメのカラーライナー使いは、今すぐマスターすべし!


1.初心者さんでもすぐマネできる!カラーアイライナーがカワイイメイクパターン3選

人気モデルのみなさんは、カラーライナー使いがとっても上手!プライベートで愛用している人も多いそう。アイブロウやチーク、リップとのカラーバランスも参考にしてみましょう。

1-1.田中美保さん(モデル)

ナチュラルでオトナ可愛い魅力がいっぱいの田中美保さんのカラーライナー使いは、馴染みカラーでさりげない印象。

ke-1

出典:TCM

ボルドーのアイライナーはブラウンシャドウや赤゙系リップとも相性が良く、悪目立ちしない便利カラー。田中さんのように目尻より長く跳ね上げても上品にきまります。

1-2.岸本セシルさん(モデル)

写真ではわかりにくいけれど、岸本さんが使っているのはインディゴブルーのアイライナー。

ke-2

出典:Fortune

目元をくっきり見せてくれますが、黒ほどキツくなく、ブラウンほどソフトにはならない絶妙なカラーです。ネイビーでも同様の効果が得られます。カラーライナーをブラックアイラインの代わりとして、使ってみたい方におススメです。

1-3.鈴木えみさん(モデル)

メイク上級者としても知られる鈴木さんは、遊び心のある個性的なメイクも大得意!難しそうに見えるピーコックグリーンのアイラインも、色のバランスさえ気をつければ簡単に使いこなせます。

ke-3

出典:MAQUAOnline

アイメイクのアクセントとして、二重部分の目尻側に入れるだけでOK。初心者さんは、肌になじむイエローやオレンジ、ピンクのアイライナーから使ってみると良いでしょう。

2.カラーアイライナーの選び方

カラーライナーは、発色が大切。イメージに合った色味が出るか手元でチェックしてから選びましょう。初心者さんは、プチプラコスメからトライしてみるのがいいかもしれません。

2-1.色・価格で選ぶ

カラーライナーは冒険メイク!という人は、まずプチプラコスメから試してみましょう。

1000円以内で買えるものも多いので、チャレンジしやすいはず。失敗しないか不安なときは、オレンジやゴールドブラウンなどのなじみカラーを、アクセントしてトライするなら、ブルーやピンクが初めて使う1本としておススメです。

2-2.質感で選ぶ(リキッドorペンシル)

カラーライナーにも、リキッドとペンシルの2種類があります。リキッドは、落ちにくく、目尻の跳ね上げラインが描きやすいので、アクセント使いに向いています。一方ペンシルは発色が良く、上からぼかしやすいのが特徴。

目の下に使いたい時や、ぼかしてニュアンスをプラスしたい時にぴったりです。

3.カラーアイライナーの使い方

カラーアイライナーの使い方はとても簡単。基本の使い方を抑えておけば、色や質感で印象を変えることができます。アイメイクのアクセントとして「効かせる」使い方を心がけて。

3-1.上まぶた

一番カンタンなのは、同系色のアイシャドウと合わせたカラーライナーを使う方法。目尻にカラーのアクセントがくるように、ほんの少し跳ね上げることがコツです。

ke-4

出典:グッスマラボ

さりげなく入れるなら、リキッドライナーで細く。メイクのポイントにするなら、ペンシルアイライナーで太めにするだけで完成!

3-2.下まぶた

印象的にカラーライナーを使うなら、下まぶたがおススメ。

ke-5

出典:i-Voce

瞳をキレイに見せてくれる効果があります。下まぶたのまつ毛キワに、細く入れることが成功のカギ。ブルーやグリーンなど寒色系のハッキリ色は使う面積が小さいほどアクセントになります。ピンクやオレンジ、レッドなら下まぶたにライン的に入れてもOK。

4.カラーアイライナー×TPO別おすすめメイク術

さまざまなシーンて使えるカラーライナー。ラインを引き立てるためには、チークを控えめにすることがコツです。

4-1.オフィス

ke-6

出典: WomanNews

お仕事シーンでは、ネイビーやグリーンなど寒色系のラインがマッチします。目を開けた時にチラッと見えるぐらいがベスト。ベージュやブラウンのシャドウと組み合わせれば、悪目立ちしません。

4-2.デート

見つめられたいデートには、カラーライナーのW使いがおススメ。

ke-7

出典: DCnote

目がぱっちり見えるオレンジを上側に、目元に視線を集めるピンクを下側に入れるだけ!アイシャドウが無しでも、目元に存在感を出すことができます。意外な組み合わせだけれども、簡単で可愛く仕上がります。

4-3.イベント

イベントやパーティで試したいのは、カラーラインのW使い。

発色が強くない、パステル系のカラー同士がうまくいきます。ライトブルー×パステルピンク、パステルイエロー×ライトグリーンなどがおススメの組み合わせ。上下のまつ毛キワにぼかすだけでキュートに仕上がります。パステル系のラインには、ピンクのチーク&リップがバランスよく仕上がります。

4-4.トレンド

トレンド感のあるオシャレなライン使いなら、リキッドライナーがぴったり。ボルドーやゴールドブラウンのカラーなら、流行の鮮やかリップと合わせてもしっくりまとまります。ラインを引き立てるために、チークはナシか薄いピンクをサッとぼかすくらいがバランスよくきまります。

5.おススメカラーアイライナー3選

アクセント的に取り入れたいカラーライナーは、プチプラでも十分楽しめます。デパートブランドのコスメでも買いやすい価格なので、気になるものからトライしてみましょう。

5-1.商品名:キャンメイク ジェルラインアーティスト

ke-10

出典:ChomottoBEATE

メーカー:キャンメイク 価格:594円(税込)
オススメポイント:ジェルならではのスルスルとしたなめらかな描き心地で、ぶきっちょさんでも安心して使える細芯タイプ。失敗しても綿棒でぼかせるので便利。

ウォータープルーフタイプなので、落ちにくく、仕上がりが持続しやすいので、夏場にもピッタリです。レッドやピンクを目尻側に使えば、 簡単にトレンドメイクが叶います。

5-2. 商品名:ラブライナー カラーコレクション第2弾(限定)

ke-11

出典:msh公式
メーカー:msh 価格:1,728円(税込)
オススメポイント:細く、きれいなラインが描きやすいと評判のラブライナーシリーズのカラータイプです。はっきりしすぎない発色で、さりげないカラーラインが楽しめます。

どの色も合わせやすく、馴染みが良いので、初めてのカラーもチャレンジできそう。滲みにくく、汗・水・皮脂に強いのにお湯でオフできるのも嬉しい。色素沈着しにくい処方なので敏感肌の人もトライしやすいでしょう。

5-3. 商品名:シャネル スティロユー ウォータープルーフ

ke-12

出典:シャネル公式

メーカー:シャネル 価格:3,000円(税抜)
オススメポイント:落ち着いた発色の渋色が揃うライナーは、モードにまとめたい人や、大人の女性に向いています。パール感がないので、オンタイムのメイクにもOK。

水・湿気・汗に強いので化粧もちも良く、時短メイクにも役立ちます。繰り出し式で持ち歩きにも便利。

6.まとめ

1本あると便利なカラーライナー。ポーチに入れておけば、急なお誘いがあってもすぐにオシャレメイクにチェンジできる優秀アイテム。いつものアイメイクを新鮮に見せてくれるので、取り入れない手はないですよ!

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事