失敗しないチークにはブラシ使いが重要な理由

shutterstock_364441628

顔色を健康的に見せたり、女の子らしい柔らかな頬に見せてくれるチークは、メイク大好き女子のマストアイテム。なのに、チークケースについている小さなブラシで、ぐりぐり入れたりしていませんか?

メイクのイメージ通りにチークを入れるには、専用のチークブラシを使うことがとても大切。ブラシを使ってチークを入れるだけで、いつものメイクがパッと垢抜けます!チークブラシの基本と使い方を知れば、今日からあなたもチークマスターに!

1.チークブラシを使うべき理由

その日のメイクに合わせて、チークの入れ方を変えたい時もありますよね。デイリーには、ふんわりと控えめに、デートなら丸チークで可愛く、などチークの入れ方によって、顔の印象をコントロールすることができます。

そんなチークを自由自在に操るには、チークブラシを活用すべき!チークブラシを使えば、時短にもなり、仕上がりもワンランクアップします。

1-1.狙った場所に入れることができる

チークは入れる場所と入れ方によって、メイクのイメージががらりと変わります。そんな時こそチークブラシを活用すれば、イメージ通りのチークが叶います。頬の広い範囲に入れるチークは、専用の大きめブラシを持っておいたほうが断然便利!コスメについている小さなブラシは、あくまでもお化粧直し用として使いましょう。

1-2.濃くつかない

つけ過ぎると「おてもやん」になってしまうチークは、つける量の加減が大切。その点、チークブラシなら、筆先にたっぷり含ませて、ふわっとのせることができます。ナチュラルメイクやお仕事メイクなど、チークは控えめにしたい場合も、自然な印象で血色感をプラスできます。

1-3.メイクパターンに合わせて重ねて濃さを調節できる

ナチュラルメイクはもちろん、チークをポイントにしたい時も、チークブラシで数回重ね付けをすればOK!好みの濃さになるまで少量を重ねていけば、ニュアンスのあるチークが完成します。クリームチークの重ね付けにも便利。

2.知っておきたいチークブラシの種類

チークブラシといっても、形や大きさがたくさんあって、どれがいいのか迷ってしまいますよね。代表的なチークブラシの形を知って、普段のメイクに取り入れやすいものを選ぶようにしましょう。ビギナーさんなら、平型やフェイスブラシ型、丸型がおススメです。2本目なら斜め型や円柱形が便利に活用できるでしょう。

2-1.平型

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-26-01

出典:ケサランパサラン

最もポピュラーなチークブラシが平型のもの。毛先が平らになっているので、頬にフィットしやすく、チークゾーンにふわりと色をのせることができます。毛質にある程度量があり、柔らかい肌当たりのものがおススメです。頬の上を何回か滑らせれば、量を調節しながら入れることができます。

2-2.フェイスブラシ型

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-26-56

出典:LightintheBox.com

筆先にボリュームがあり、丸くカットされているフェイスブラシ型は、もともとはフェイスパウダー用に作られています。そのため、粉含みが良く、鮮やかな高発色のチークカラーでも自然に入れることができます。チークをとったら、バサっと大きく円を描くイメージで入れると使いやすいでしょう。

2-3.丸型

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-27-55

出典:ビーチェ

毛先が密集していて、ドームのように見える丸型チークブラシは、狙った場所にしっかりチークを入れることができます。チークをとったら、クルクルと小さな円を描くようにブラシを動かしながら入れていきます。ピンポイントでチークを入れたい時、色をしっかり出したい時に便利なタイプです。

2-4.斜め型

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-28-54

出典:ベアミネラル

シェーディングなどフェイスラインにシェードカラーを入れる時に役立つ斜め型のブラシは、チークブラシとしても応用できます。毛先にが斜めにカットされているので、頬骨からこめかみにかけてシャープなチーク使いをしたい場合にピッタリです。他にもハイライトやノーズシャドウを入れたい時にも使えます。筆先が大きすぎないタイプの方が、広い用途に使用でき、便利です。

2-5.円柱型

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-07-14-29-49

出典:Aliexpress

ファンデーションブラシに多い円柱型は、クリームチークなど固形タイプのチークを入れるときに便利です。肌の上にチークをのせ、ブラシでクルクルと円を描くようになじませると、ほんのり上気したようなナチュラルなクリームチーク使いが叶います。

チークを主役にしたい時は、ブラシにチークを取り、ポンポンとスタンプするように置いていきましょう。そのあと、指でなじませれば、ポッと赤味のある頬に。

3.チークがカワイイメイクのブラシ活用方法

チークがポイントになっているメイクは、ブラシを上手に使うことが大切です。メイクパターンに合わせた簡単チークテクニックで、女の子らしい可愛い表情を手に入れましょう。

3-1.パウダーチーク

unspecified

出典:i-voce

メイクの基本でもある、パウダーチーク使いはどんなメイクにもにも合いますし、テクニックもいらないので、一つは持っておきたいコスメです。

基本の入れ方は、黒目の下と小鼻横の延長線が交わる部分を起点にし、頬骨に沿って斜めに入れること。チークブラシにチークカラーを含ませ、2,3回往復させるようにブラシを滑らせていきましょう。チークカラーをブラシにとってそのまま頬にのせると、濃くついてしまうので、一度ティッシュで余分なチークカラーを落としてからつけると失敗が防げます。

3-2.クリームチーク

unspecified-1

出典:Beautymatome

指でなじませてもOKなクリームチークですが、ブラシを使えば密着力がさらにUP。よりナチュラルなチーク使いや、おフェロ顔を楽しめます。クリームチークを指にとり、チークゾーンに数か所置き、あとはブラシでトントンと広げていきましょう。しっかり発色させたい時は、2,3回重ね付けして好みの濃さまで調節しましょう。クリームチークを使う場合は、毛先が密集した円柱タイプのブラシがベストです。

3-3.パウダー+クリームチーク

unspecified-2

出典:i-VOCE

チークをポイントにして、しっかり色味を強調したい時は、パウダーチークとクリームチークのW使いがおススメです。落ちにくくなるので、化粧もちするというメリットもあります。

クリームチークを指かブラシでなじませた後、フェイスパウダーで抑え、さらに上から同系色のパウダーチークをブラシでふんわり重ねます。クリームチークがパウダーチークの下地代わりになって、奥行きのある頬が完成します。

4.チーク以外にも!チークブラシの活用方法

チークブラシはチークだけではなく、顔全体に立体感やメリハリをつけたい時にも大活躍!ブラシの形によって、ベースメイクやメイク直しに役立てることができます。チークだけにとらわれずに、メイクの小道具としてどんどん使いこなしていきましょう!

4-1.ハイライト

目の周り、目の下の三角ゾーンはハイライトで光を集めると、肌全体をキレイに見せてくれます。そこで役立つのが、平型のチークブラシです。

メイクの最後に、ハイライトカラーをチークブラシ全体に含ませ、目の下から目尻に向かってサッと滑らせましょう。これだけで、正しい場所にハイライトを入れることができます。斜め型のチークブラシでも同じように使うことはできます。

4-2.シェーディング

輪郭を引き締め、小顔に見せてくれるシェーディングは、斜め型ブラシがおススメです。

kireca編集部オススメ商品紹介

泡立つホワイトパック

最近話題の炭酸美容はご存じですか??
炭酸美容は肌の血行が促されと新陳代謝がよくなり老廃物を排出を促しターンオーバーを整えます!
すると、肌のくすみ毛穴の黒ずみ・しみしわ・たるみなど様々な肌トラブルの改善に期待できます。
泡立つホワイトパックは極小サイズの炭酸泡がたった30秒で濃密泡になり肌に密着。
その後汚れを浮かし美容成分がぐんぐん浸透。1分間の美容タイムで透明感を実感できる肌に導きます。
季節の変わり目、どんより暗く見える肌におすすめな商品です。

泡立つホワイトパック
初回定期お届けコース3,840円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

この夏にオススメ!ホワイトニング&保湿ケア

紫外線の多いこの時期に特に!おすすめな京美人の美しさの秘訣を凝縮したホワイトニング美容液オールイワンゲルをご紹介します!

KYO BIJINはホワイトケアと保湿ケアを同時に叶えてくれる新発想のホワイトケアオールインワンゲル

水の代わりに白樺の樹液をベースに使用。
白樺の樹液にはエイジングケアには欠かせない成分ビタミンCやフラボノイドが入っているうえ、とても浸透力が高い注目成分です
その他にも、シミやくすみを防ぐシルク・肌にハリをもたらす酒粕エキス・紫外線後のダメージを補修する米ぬかエキス・美容力をさらに高めるビタミンC+ビタミンPなど美容成分37種配合。
美白も保湿もエイジングケアもと欲張りケアしたい方は一度試してみてください!

KYOBIJIN
価格:1周年記念感謝セール 1609円(税込)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケア ジェル NMバランス

ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場!
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。
肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます

スキンケア ジェル NMバランス
1080円(税込/送料無料)

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

クリスマスVer

ランキング

人気の記事

おすすめの記事