セラミド化粧品は、選び方を間違えると効果激減!? 正しい選び方&おすすめアイテム

shutterstock_189472748

保湿効果の高い化粧品としてよく知られている「セラミド化粧品」。

お肌の乾燥に悩む方のなかには、スキンケアにセラミド化粧品を取り入れることを検討している方もいるのではないでしょうか。

ですが、「セラミド」の名がつく化粧品をやみくもに使うのはちょっと待った! セラミドには種類があり、より効果の見込める化粧品を選ぶにはちょっとしたコツがあること、ご存じですか?

今回は、セラミド化粧品を取り入れるうえで最低限マスターしておきたいポイントをわかりやすくご紹介。おすすめのアイテムもセレクトしていますので、気になる方は参考にしてみてくださいね。


1. うる肌にセラミドが欠かせないのはなぜ?

実は、セラミドは私たちの皮膚にもともと存在している成分。

皮膚は表皮・真皮・皮下組織という層に分かれていますが、セラミドがあるのは、皮膚の一番上の「表皮」。そのなかでもさらに一番上にある「角質層」という部分に存在しています。

「3大保湿因子」という言葉を聞いたことがありますか? 皮膚のうるおいをキープしている物質のことで、「皮脂」「天然保湿因子」「角質細胞間脂質」の3つからなるのですが、その「角質細胞間脂質」の主成分となっているのがセラミド。

何層にも重なっている角質細胞のスキマを埋め、角質層から水分が蒸発してしまうのを防いでくれています。

この3大保湿因子が減少すると、角質層の水分が減り、お肌の乾燥につながります。

特にセラミドは角質層の水分の約80%を守っている重要物質。そう、乾燥知らずのうる肌をつくるカギは、セラミドにあるのです!

ちなみに、セラミドと並ぶうるおい成分として知られる「ヒアルロン酸」「コラーゲン」。これらは、表皮の下にある真皮という部分に存在しており、いずれもお肌の保湿には欠かせない役割を果たしています。

2. セラミドは20歳を過ぎると減り始める!

セラミドは皮膚にもともとあるはずなのに、なぜ化粧品などで補給しなければならないのでしょうか。その答えは、加齢とともに減ってしまうから。

皮膚内のセラミドの量は、20歳に比べて30歳で約60%、40歳で約50%、70歳になると約30%にまで減少すると言われています。

30代に入ってお肌が乾燥しがちになった…などの変化があったとしたら、もしかするとセラミドの減少が原因かもしれません。

3. 化粧品を選ぶときにはセラミドの種類をチェック!

人間の皮膚には十数種類のセラミドが存在すると言われています。セラミド1、セラミド2…といったように名前がつけられており、なかでも重要とされるのがセラミド1〜3。

セラミド1は外部からの刺激をバリアする働き、セラミド2は水分を保持する働き、セラミド3は水分を保持してシワを軽減する働きがあると言われています。どれも美肌には欠かせない働きですよね。

化粧品でセラミドを補給する場合は、人間がもともと持っているセラミドに近い種類のセラミドが配合されているものを選ぶのがポイント。次の2つが当てはまります。

■天然セラミド

成分表示名は「ビオセラミド」「セレブロシド」「ウマスフィンゴ脂質(馬由来のセラミド)」など。馬をはじめとする動物由来のセラミドで、人間が持つセラミド1〜7がすべて含まれています。

肌に浸透しやすく、使い続けると皮膚で生成されるセラミドの増加にもつながるとされていますが、配合化粧品の価格はお高め。

■バイオセラミド(ヒト型セラミド)

成分表示名は「セラミド2」「セラミド3」など。人間が持ついずれかのセラミドの構造に似せて、酵母からつくられたセラミドです。保湿力や浸透力に優れており、配合化粧品の価格も比較的リーズナブル。

セラミド配合の化粧品を選ぶときは、天然セラミドかバイオセラミドが含まれるものを選ぶことをおすすめします。

保湿力はこれらのセラミドに劣りますが、セラミドの種類は他にもあります。

■植物性セラミド

成分表示名は「植物性セラミド」「コメヌカスフィンゴ糖物質」など。コメ、麦、大豆、トウモロコシ、コンニャクなどから抽出するセラミドで、人間が持つセラミドの構造とは一部異なります。

■合成セラミド(疑似セラミド)

成分表示名は「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」など。石油原料からセラミドに似た物質を化学合成したもので、セラミドとは別物です。お値段もプチプラ。

4. 他にもある! セラミド化粧品を選ぶコツ

■ドロッとしたテクスチャのものを選ぶ

セラミドは水溶性ではなく脂溶性。油に溶けやすい性質を持っています。そのため、セラミドが含まれる化粧品の多くは、美容液、ジェル、クリームなどのドロッとしたテクスチャ。

サラッとしたテクスチャの化粧水などは、含まれているセラミドがごく少量か、通常混じり合わない物質同士をなじませるための界面活性剤が使われていることが多いです。

界面活性剤は一概に悪いとは言えませんが、敏感肌の方は、石油系界面活性剤が使われているものは避けたほうがいいでしょう。

■ナノ化したセラミドを配合しているものを選ぶ

セラミドを化粧品として外から浸透させる場合、届くのは角質層の表面まで。

角質層の隅々まで行き渡らせるには、バイオセラミドを通常よりはるかに小さくした(ナノ化)ものや、ナノ化したものを人間のセラミドと同じ配列にしてカプセル化した「セラミドナノスフィア」が配合されている化粧品がベストです。

さらに高い効果を実感したい方は、選ぶ際の参考にしてみてください。

■セラミド+αの有効成分を配合しているものを選ぶ

ヒアルロン酸、コラーゲンなど、セラミドだけでなく他の保湿成分も含まれている化粧品がおすすめ。

また、ライスパワーエキスNo.11、ハトムギ発酵液、ユーカリエキスなど、セラミドを生成する力をサポートしてくれる成分にも注目したいところです。

5. 厳選! 天然セラミド&バイオセラミドのおすすめ化粧品

≪天然セラミド配合≫

■アルージェ(全薬工業)

slide_img01_pc公式サイト

天然セラミドにこだわり、さらに製薬会社ならではのテクノロジーを活かしてセラミドをナノ粒子化。うるおい成分が角質層の隅々までしっかり浸透するスキンケアシリーズです。

皮膚病薬の研究に取り組んできた製薬会社だけあって、敏感肌にも安心の低刺激処方。

◎アルージェ モイスチャー リッチローション

download

120ml・2,500円(税抜)
ナノ化した天然セラミド配合で、界面活性剤やパラベンは不使用。とろみのあるしっとりとしたテクスチャでお肌に心地よくなじみます。ヒアルロン酸などの保湿成分も配合。

◎アルージェ モイスト トリートメント ジェル

download-1

50ml・1,800円(税抜)
こちらも、ナノ化した天然セラミド配合で、界面活性剤やパラベンは不使用。「しっとりするのにベトつかない」「みずみずしくて肌にすっとなじむ」といった声多数!

■海のブレア Wモイスチャー(ビビッド・ワン)

download公式サイト

50g・4,572円(税抜)

「忙しくてスキンケアに時間をかけられない!」という方には、こちらのオールインワン保湿クリームがおすすめ。

天然セラミドのほか、水分を吸収して20〜30倍にふくらみお肌のハリをサポートする無水ヒアルロン酸、海洋性コラーゲン、ビタミンC誘導体など、美肌づくりの味方になる成分をたっぷり配合。

クリームのベース自体がナノ化されており、角質層にしっかり行き渡ります。

≪バイオセラミド配合≫

■ディセンシア アヤナス(ディセンシア)

unspecified-2公式サイト

ポーラ・オルビスグループから生まれた、敏感肌・乾燥肌に特化したブランド「ディセンシア」。

通常のセラミドの1/20サイズで4倍の浸透力を誇る、セラミドナノスフィアが配合されています。さらに、独自の特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」が肌表面に膜を張ってバリア機能をサポートしてくれるため、ターンオーバーの正常化も期待できます。

◎アヤナス エッセンス コンセントレート

images

36g・7,500円(税抜)
乳液のようなとろみのあるテクスチャで、肌なじみもいい美容液。保湿はもちろん、抗炎症や抗糖化の作用もあり、シワ・たるみ・くすみなどのエイジングケアもできます。

◎アヤナス クリーム コンセントレート

download-2

30g・5,500円(税抜)
こっくりとした濃厚なクリームで、保湿力の高さに感激するユーザー多し! 感触が異なる4種類のオイルが配合されており、お肌の上でとろけていく感覚はやみつきに。

美容液も同様ですが、リラックス効果のあるゼラニウムとラベンダーの天然植物エキスが配合されているため、香りのよさにもファンが多いシリーズです。

■ノブ Ⅲ(常盤薬品工業)

スクリーンショット 2017-05-26 14.44.53

公式サイト

皮膚科でも採用されている、臨床皮膚医学に基づいて開発されたスキンケアシリーズ。

3大保湿因子の代わりとなる成分(皮脂→スクワラン、天然保湿因子→アミノ酸、角質細胞間脂質→セラミド3)が配合されており、乾燥や肌荒れなどのトラブルからお肌を守ってくれます。

セラミド3は、皮膚にあるセラミドと似た構造にして浸透力を高める「セラミド液晶化技術」により、効果がさらにアップ!

◎ノブ Ⅲ バリアコンセントレイト

download

30g・5,000円(税抜)

ノブ Ⅲシリーズで最大のセラミド配合量を誇る、イチオシの保湿美容液。無香料・無着色・アルコールフリーなど、乾燥肌にはもちろん敏感肌にも安心して使用できるのが◎。

◎ノブ Ⅲ ミルキィローション

download-1

80ml・4,000円(税抜)
美容液のあとに使いたい乳液。少量でも顔全体にすっと伸び、しっとりうるおいます。

6. まとめ

セラミドやセラミド配合化粧品についての基礎知識をご紹介しました。なんとなくお肌によさそうなセラミドですが、選び方によって効果は雲泥の差。「セラミド」という謳い文句に安易に飛びつかず、種類や配合のされ方をしっかりチェックすることが大切です。

年齢とともにうるおいが失われがちなお肌ですが、ケア次第で若々しいうる肌をキープすることは十分できます。「最近、お肌の調子がよくないな…」と感じているなら、今こそスキンケアを見直すいい機会かもしれません。

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事