団子鼻の悩み解消! 美人鼻の作り方&魅力を活かすメイク

b

「鼻がもうすこし高くなればいいのに」 「団子鼻がどうしてもコンプレックス…」

こうしたお悩みを持っている方は、とても多いのではないでしょうか。鼻は生まれつきのものだし、どうしようもない…なんて、あきらめることはありません。実は“鼻筋美人”は今からでもつくれるんです。

ここでは、団子鼻をすっきり見せるマッサージやノーズメイクの仕方から、整形を考える方に向けた施術内容やリスクについてご紹介していきます。また団子鼻の魅力を活かすチャーミングなメイク方法もあわせてお伝えしますので、ぜひ最後までおつきあいください!


スポンサードリンク

1.団子鼻をすっきり見せるマッサージやメイク

shutterstock_207094993

整形をしなくても、マッサージなどの自力で鼻の形を変えられることをご存知でしょうか。実は鼻のほとんどが「軟骨」というやわらかい骨で構成されています。軟骨は少し圧力を加えれば変形することができるため、毎日のマッサージによって理想の鼻の形に近づけることができるんです。

1-1.鼻をすっきり見せるマッサージ

① 両手の中指と薬指を揃え、鼻をかむような形で小鼻に添えます。小鼻を押さえて回し、鼻に温かさを感じるようになるまでマッサージしていきます。

② マッサージが終わったら、「小鼻」「鼻の中間」「眉間」をプレスしていきます。マッサージのときと同じように、両手の中指と薬指を鼻をかむような形に揃えて、鼻が高くなるように押していきます。

③ 最後に、片手の親指と人差し指で小鼻をつまみ、正面に引っ張ります。

この3ステップを毎日繰り返すことで、理想の鼻筋に近づくことができます。洗濯バサミで挟むやり方をしている方もいますが、かなり痛いうえにギザギザしているため肌に跡が残りやすいです。薄い布を挟むか、専用の美容グッズを使う、または毎日無理なくできるマッサージをオススメします。

そしてマッサージに加えて有効なのが「ノーズメイク」。鼻筋にハイライトを出すことでスッキリとした鼻を演出することができます。詳しいやり方は以下のとおり。

1-2.美人鼻を演出するノーズメイク

① 肌よりも暗めの色のノーズシャドウをチップにとります。

② 眉頭下から鼻のつけ根のトリックホールに色をのせます。

③ 鼻のつけ根から鼻先に向けて暗めの色をつけていきます。

④ 最後に、鼻筋にハイライトをのせていきます。

ここまでマッサージやノーズメイクでできる美人鼻の作り方をお伝えしてきました。でも、マッサージやメイクによる変化では満足できない、すぐに鼻の形を劇的に変えたいという方もいるはず。

次は「鼻の整形」についてお伝えしていきます。団子鼻さんの場合は、どんなふうに形を変えれば美しく見えるのか、代表的な施術内容や費用などについてご紹介します。

2.鼻の悩みをすぐに解消できる整形

 

団子鼻の特徴は、鼻先の中央部が膨らんでいること。そのため、鼻が低く見えてしまうことを気にされたり、鼻先の横幅が大きく広がっているように見えてしまうことを嫌がる方が多いです。

日本人にはよく見られる鼻の形と言われていますが、細くスッキリとした鼻筋に憧れる方にとってはどうしても変えたい部分ですよね。実際に、鼻の整形においても「鼻を高くする整形手術」「鼻先を尖らせる整形手術」に人気が集まっています。それぞれの施術内容をご紹介していきましょう。

ヒアルロン酸注射

施術内容

体内に存在する自然成分ヒアルロン酸を注射で注入することで、鼻を高くする施術になります。メスを使用せず、切開などもしないため、腫れや痛みが少ないのが特徴です。鼻の根元部分に注射を打ち、自然な鼻の高さに仕上げます。

施術期間

10分程度 ※腫れや痛みを落ち着かせるためのダウンタイムは術後1日程度です。

費用

注射1本5万円〜

リスク

残念ながら、ヒアルロン酸は時間の経過とともに体内に吸収されてしまうため、半永久的な効果を見込むことはできません。効果が持続する期間は半年〜1年ほどです。

プロテーゼ挿入

施術内容

人間の軟骨に近い性質と言われるシリコン素材プロテーゼを挿入し、鼻を高くするとともにスッキリとした鼻筋をつくる施術です。プロテーゼの形はI型とL型があり、鼻筋だけ高さを出したい人はI型、鼻筋から鼻先まで高さを出したい人にはL型が用いられます。

施術期間

20分〜30分程度 ※腫れや痛みを落ち着かせるためのダウンタイムは1〜2週間ほどです。

費用

約28万円

リスク

プロテーゼ挿入に限りませんが、外科手術のため感染や炎症が起きることもあります。万が一感染症を引き起こしたときは、抗生物質の点滴や洗浄措置、場合によっては一度挿入したプロテーゼを除去するということも。特にL型プロテーゼは鼻にかかる負担が大きいと言われており、最悪の場合は皮膚を突き破って露出してしまうこともあります。

鼻を小さくする整形手術

鼻尖縮小施術

施術内容

鼻先から小鼻の形をつくる軟骨(大鼻翼軟骨)を縫って寄せることで、鼻先をシャープに高くしていく手術です。この際、鼻先の脂肪が多かったり、余分な軟骨があったりすれば切除することもあります。切開や縫合を鼻の穴の中で行なうクローズ法を選択することができるため、外から傷跡は見えず、仕上がりも自然。半永久的に効果が続くことが特徴です。

※鼻の形、皮膚の固さ、脂肪の量、骨の状態などで手術内容は変わりますので、事前の医者によるカウンセリングが重要になります。

施術期間

30分〜60分程度。その後1週間ほどギプスで固定して、骨の状態を安定させます。
※術後2〜3日間は鼻周辺にズキズキとした腫れや痛みがありますが、1週間〜2週間もすれば落ち着くことが多いです。

費用

約30万円

リスク

手術のやり方や鼻の状況によっては、整形前よりも鼻先が上を向いてしまうアップノーズになる可能性があります。また鼻先が尖りすぎていたり曲がったりしてしまうというリスクもあります。

ここまで鼻の整形についてお伝えしてきました。ただ、かならずしも団子鼻であることを悲観することはありません。実際に人気のあるアイドルや女優さんでも団子鼻の方は多く、逆に団子鼻であることをチャームポイントとしている方も多いのです。鼻の形を変えることよりも、「団子鼻の魅力を活かしたい」と考える方が増えてきていることも事実です。

そこで次の項では、団子鼻の魅力を活かすメイクをお伝えしましょう。メイクで顔全体の印象をつくりあげることによって、チャーミングな表情をつくることができます。

3.団子鼻の魅力を活かすメイク

3-1.低い鼻を可愛く魅せる「たれ目メイク」

① アイホールにオレンジブラウン系のアイシャドウをのせていきます。

② 目尻にブラウン系のアイシャドウをのせて、たれ目を強調します。

③ 黒のアイライナーで、上まぶたのきわに少し下向きに長くアイラインを引いていきます。

④ 下まつ毛の黒目の中心から目尻にかけてなぞるように、アイラインを引きます。

⑤ 下まつ毛に引いたアイラインをぼかすイメージで、茶系のアイシャドウを重ねます。

⑥ 最後に上まつ毛と下まつ毛にマスカラを塗ったら完成です。

※たれ目にしすぎると腫れぼったい印象を与えることもあります。メイクを練習して、自分の目に合うちょうどいいたれ目加減を知っておくことが大切です。

3-2.愛され顔をつくるチークメイク

低い鼻の方は、チークをがっつりいれるとアンバランスな印象になってしまいます。頬の一番高い位置に、ベビーピンクのチークをふわっとぼやかすようにいれるのがポイント。団子鼻さんならではの愛らしさをアピールすることができます。

4.まとめ

いかがでしたか? 鼻の形を整えるマッサージやノーズメイク、整形、そして団子鼻の魅力を活かすメイクまでお伝えしてきました。団子鼻は日本人に多いと言われる鼻の形であるがために、悩んでいる方も多いことでしょう。

鼻の形をカバーするのもよし、逆に鼻をチャームポイントとして演出するのもよし。まずは「いろいろなやり方があるんだ」ということを知っていただけたなら、今までとは違った見方ができるのではないでしょうか。

この記事が、お悩みを解消するきっかけになれたら…と思っています!

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事