ビューラーが下手な人必見! 人気ビューラー4選|使い方のポイント

ビューティー

ビューラーは上手に使えていますか? 実はビューラーを使うのが苦手だという人は案外多いのです。

一般のユーザーさんは勿論のこと、メイクアップアーティストでもビューラーが一番難しいと言う方もいるくらいです。

そこで今回は、使いやすいと人気のおすすめビューラーから、自分に合ったビューラー選びのコツ、簡単にビューラーを使う方法まで一挙にご紹介します。


1.口コミで圧倒的支持のある人気のビューラー4選

①資生堂のアイラッシュカーラー

資生堂

出典:資生堂

  • 商品名: アイラッシュカーラー
  • メーカー名: 資生堂
  • 価格:1,000円(税抜)

超定番かつロングランヒットのビューラーです。日本のビューラーの代表選手と言っても良いでしょう。とてもシンプルで洗練されています。

日本人女性の瞼へのフィット感を優先して設計されているので、瞼に当たる部分のカーブは緩めです。標準的な日本人の顔立ちよりも、目が大きい、堀が深いという方はフィット感が甘いかもしれません。

まずはこのビューラーから使ってみて、少しずつ自分好みのビューラーにたどり着いていく方も少なくないので、どれを買うか迷っている方は試しに買ってみて損はないと思います。

②シュウエムラのアイラッシュカーラー

シュウウエムラ

出典:shuuemura

  • 商品名: アイラッシュカーラー
  • メーカー名: シュウウエムラ
  • 価格:1,500円(税抜)

こちらも常に高い評価を受けている代表的なビューラーです。まつ毛を挟む部分の開閉が比較的大きく開くタイプなので、根元からしっかりまつ毛をキャッチできます。

③スックのアイラッシュカーラー

スック

出典:suqqu

  • 商品名: アイラッシュカーラー
  • メーカー名: SUQQU
  • 価格:2,000円(税抜)

こちらは瞼に当たる部分のフィット感に定評があります。

瞼に当たる部分が広めに設計されていて、かつ瞼全体を包み込むようにフィットするため、まつ毛への負担も少ないタイプです。

まつ毛を極端にカールさせるより、自然なカールに仕上げたいという方には、抜群の仕上がりになるでしょう。

④スプリングパワーカーラー

エクセル

出典:noevirgroup

  • 商品名: スプリングパワーカーラー N
  • メーカー名: エクセル
  • 価格:800円(税抜)

こちらは、スプリングタイプの元祖と言っても良いでしょう。ガッチリとまつ毛を挟み、クルンとしたお人形まつ毛が簡単に、そして軽い力で完成します。

指を入れる持ち手の部分も金属のむき出しタイプではないので、指すべりもなく、手首を返すのも楽です。ビューラー初心者さんは、ここから始めてみるのもおすすめです。

また、まつ毛に重みがかかるほどマスカラをガッツリ塗りたいという方も、これくらいカールを付けられれば、まつ毛が下がってくることもなく安心です。

2.まつ毛を上げると目が大きく見える、2つの理由

そもそも、ビューラーは何のために使うのでしょうか? 勿論、まつ毛を上げるためです。まつ毛が上がっていた方が目の縦幅が広く見え、パッチリとした目になりますよね。

まつげ

では、他にまつ毛を上げる理由は思いつきますか? 実は、大事な理由がもう1つあるんです。

それは瞳に入る光の量です。まつ毛が下を向いて影になっているよりも、まつ毛が上がっている方が断然瞳に入る量が多くなります。瞳に入る光の量が大きいと、それだけで目が大きく明るく見えます。

キラキラと大きな目に憧れている方にとっては、ビューラーはマストアイテムなんです。

3.ビューラーの種類

ビューラーはいくつかの種類に分かれています。代表的なものの特長を見ていきましょう。

シンプルな金属タイプ

昔からある一番シンプルなタイプです。使い手の絶妙な力加減や、カールを作るための手首の返し方など、ちょっとしたテクニックを要するため、ある程度使い慣れることが必要です。

スプリングタイプ

最近はこの手のものが増えてきました。持ち手の部分にバネが内蔵されているため、少ない力でしっかりとカールを作ることができます。初心者でも比較的うまく使えるタイプです。

ホットビューラー

電池式のものが主流。まつ毛が当たる部分が温かくなり、まつ毛のカールが付きやすくなるものです。

メーカーオリジナルの特殊フレーム

最近多いのがこのタイプです。瞼が当たる部分が特殊な形をしていたり、カーブや幅がオリジナル設計のものもあります。また、下まつ毛用や部分用など、小まわりの効くものも多く出回っています。

4.自分に合っているビューラーの選び方

では、自分に合っているビューラーと、そうでないビューラーはどのように判断すれば良いのでしょうか。仕上がりでチェックするのが一番良いのですが、出来れば買う前に自分に合ったものを選びたいですよね。

具体的なチェックポイントを上げてみましょう。

4-1. 幅

瞼に当たる部分の幅をチェックしましょう。日本製のビューラーは33mm~39mmで造られているものが多いので、自分の目の幅と合うかどうかが必須のチェックポイントです。

4-2. R(カーブ)

Rとはカーブを表す時に使う単位です。あまり一般的には使わないのでピンとこないかもしれません。数字が小さいほどカーブがキツく、大きいほどカーブが緩くなります。ちなみに、日本人の目は20R位と言われています。

では、あなたの瞼のカーブはどのくらいなのでしょうか? これは正確に測るには専用の器材が必要なので、なかなか自分では測れないと思います。

おおよその目安をご紹介します。

  • 瞼が厚い、目の横幅が広い(切れ長):カーブが緩い
    →20R以上のケースが考えられる。
  • 堀が深い、眼球が出ている:カーブがキツイ
    →20R以下のケースが考えられる。

ビューラーを使っている時に、瞼の真ん中あたりのまつ毛が上手に挟めない場合は、今持っているビューラーよりもカーブが緩めのものに買いかえた方が良いかもしれません。

逆に目尻・目頭のまつ毛を挟めない場合は、今持っているものよりもカーブがキツイものが良いと思われます。

カーブを緩くするときはRの数字を大きく、キツくするときはRの数字を小さくという基本が分かっていると、比較的簡単に判断することができます。

4-3. 持ち手のリングの大きさ・カーブ

これは明確な数値基準があるわけではありません。各メーカーのデザインによるところが大きいので、一般の方は「慣れ」で解決する部分が大きいと思います。

ビューラーできれいにまつ毛をカールさせるには、手首を返しながら少しずつクセを付けていく必要があります。そのため、持ち手のリングに指を入れた時に、程良い余裕が必要です。キツすぎてもゆるすぎても上手くできません。

また、柄の部分のカーブについても好みが分かれるところかと思います。

優先順位としては、以下のようにして絞っていくと良いでしょう。

  1. 目の幅
  2. 瞼の部分のカーブ(R)
  3. 持ちやすさ

5.ビューラーの正しい使い方をおさらい

さて、ビューラーの選び方が分かったところで、肝心の使い方です。

ビューラーはメイクアップアーティストでも「難しい」と感じるツールのひとつ。苦手な方がいて当然です。コツをつかんで思い通りのまつ毛を手に入れましょう。

5-1. ビューラーの使い方・基本は3ステップ!

  1. まつ毛の生え際にゴムをピタッと当てましょう。
  2. いざ、カール!
  3. まつ毛の生え際をもう一度挟み込んでカールを仕上げます。

ポイントはまつ毛の生え際からしっかりカールさせることです。ティッシュペーパーを挟んで、落ちるか落ちないかのギリギリの力をイメージしながらやさしく挟み込みます。

次に、肝心のカールです。このカールは3段階で行いましょう。

【根元(生え際) → まつ毛の真ん中 → 真ん中の少し上】です。

この時、各3秒~5秒程度、ごく軽い力でキープしておくと、カールの持続力もアップします。

最後の仕上げは、もう一度生え際です。根元から持ち上げるように、軽く挟み込んでカールを仕上げてください。

5-2. ビューラーのお手入れ・メンテナンス

上手に使えるようになっても、ビューラーのお手入れが不十分だと綺麗なまつ毛には仕上がりません。ビューラーのお手入れ、メンテナンス方法についてご紹介しましょう。

この、ほんのひと手間をかけるのとかけないのでは、毎日のまつ毛の“デキ”に大きな差が付くのです。その理由も合わせて見てみましょう。

  1. 使うごとにふき取りましょう
  2. ゴムを変えましょう

一度使ったビューラーは、汚れをしっかりふき取りましょう。ふき取り部分は、【瞼が当たる部分】と【ゴムの部分】です。瞼が当たる部分は、アイシャドウや皮脂が付きます。ゴムの部分には、少なからずマスカラ液が付きます。

この2つの部分は、ビューラーの心臓部です。特にゴムの部分にマスカラ液がこびりついたまま、どんどん汚れが分厚くなってしまうと、まつ毛にくっついたり、力の入れ加減も変わってきます。

素のまつ毛を軽く挟んで、また離して…を繰り返した時に、“まつ毛離れ”がスムーズに行けば、ゴム部分が綺麗に保たれていると考えて良いでしょう。

ちなみに、買った時に付いてきた替えゴムをなくしてしまって、同じゴムを付けっぱなしという方も多いのではないでしょうか。実はこのゴムをきちんと替えるだけで、まつ毛の完成度も変わるのです。

しかし、いつごろが替え時かが分からない方も多いと思います。次の項目をチェックしてみてください。

  • ゴムに金属の筋が付く
  • ビューラーを使うと、やけにまつ毛が抜ける
  • ゴムとまつ毛の離れが悪く感じる

この中で1つでも当てはまれば、すぐにゴムを変えましょう。

ビューラーはギュッとひと挟みすると、まつ毛に約30kgの負荷がかかると言われている程、強力なものです。

ゆえに、ほんの少しでも状態が悪化すると、まつ毛の上がり方に1mm~数mmもの違いが出てきます。「このくらい、まあいいか…」と思わずに、日々のお手入れとメンテナンスをしっかり行って、美しいまつ毛をキープしましょう。

6.まとめ

なかなかうまくいかないビューラーも、ひとつひとつ理解を深めれば、意外に上手くいきます。おさらいをしておきましょう。

  • ビューラーを使うメリット

まつ毛が上がると目の縦幅が広く見え、パッチリと大きな目になります。

また、まつ毛が影にならない分、瞳に入る光の量も多くなるので、キラキラとした明るい瞳になって、目元の印象をより一層魅力的にします。

  • ビューラー選び

形、素材、パーツのサイズやカーブ(R)など、自分の瞼にフィットするものを選びましょう。

  • ビューラーの使い方「基本の3ステップ」
  1. まつ毛の生え際にゴムをピタッと当てましょう。
  2. いざ、カール!
  3. まつ毛の生え際をもう一度挟み込んでカールを仕上げます。
  • ビューラーのお手入れ・メンテナンス

使うごとに汚れをふき取り、劣化したゴムは替えましょう。

目は顔の中でもよく見られるパーツで、第一印象を大きく左右します。ビューラー選びや使い方を今一度見直して、より魅力的な目元や表情を手に入れましょう!

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事