オンナっぽさ3割増し!マダムにならないボルドーアイシャドウの使い方

shutterstock_379544974

定番のブラウンアイシャドウの次に、使いやすいアイシャドウといえば断然ボルドー!ブラウンの延長のような感覚で使え、意外と肌なじみが良いことが人気のヒミツ。暖かみのあるカラーなので、 つけるだけで女性らしさが出るのも嬉しいですね。その反面、使い方を間違えると、まぶたが腫れぼったく見えるなど、残念な事態を招くことも…。

そこで、ボルドーアイシャドウの上手な取り入れ方をご紹介!さりげないボルドーアイメイクで、いいオンナ度3割増しを目指しましょう♪


1.ボルドーアイメイク集

大人っぽくて洗練されたボルドーカラーは、オシャレ感とオンナっぽさが両立できる魅力的なカラー。オシャレに見せたい時や、お仕事など、ちょっと頑張りたい日のメイクにピッタリです。

アイラインやマスカラで引き算すれば、カジュアルにも合わせやすいはず。ボルドーアイシャドウを使ったメイクパターンを参考に、自分に似合うボルドーメイクを研究してみましょう。

1-1.オンタイムもOK♪キレイなお姉さん風メイク

unspecified

出典:Pintresut

仕事やフォーマルな場面でも、控えめな華やかさを与えてくれるボルドーシャドウは重宝します。唐突な印象にならないためにも、目から離さず、まつ毛キワにラインのように入れるのが正解。

囲み目にしても黒やブラウンほどキツイ印象になりません。チークやリップはベージュ系でまとめると、知的な雰囲気になります。

1-2.オシャレ感たっぷり♪ウォーミィなメイク

unspecified-1

出典:Pinterest

暖かみのあるこっくりしたボルドーカラーは、秋・冬のウィンターシーズンにピッタリ!上下の目尻に幅広めにぼかすと、深みが出てデカ目効果もUP。ボルドーは肌なじみが良いので、モードすぎない目元に仕上がります。

リップはマットタイプのボルドーカラーで、オーバーリップぎみに描いてボリュームを出しましょう。冬のコートやニットスタイルにマッチする、オシャレなメイクの完成です♪

1-3.ほんのりセクシー♪色っぽメイク

unspecified-2

出典:Pinterest

ナチュラル感のあるヌーディーなメイクにも、ボルドーアイシャドウは使えます!深みのあるボルドーよりも、サラッとしたテクスチャーで赤味寄りのボルドーカラーを選ぶのがコツ。

アイシャドウはグラデーションにせず、ボルド―アイシャドウのみで目を囲みましょう。しっかりぼかしてなじませることがポイントです。あえてアイラインは省き、抜け感を作りましょう。同じく赤味ボルドーのリップを使えば、セクシーさがUP、ベージュ系のリップならよりナチュラルな印象に。

2.ボルドーアイメイクのやり方

取り入れ方が難しい?と思われがちなボルドーのアイシャドウは、アイメイクのアクセントとして使うのが一番簡単です。マダム風にならないためにも、目のキワや目尻の下だけに、思い切ってくっきり入れることがポイントです。手持のブラウンアイシャドウに合わせて、単品使いもおススメ!

2-1.一重・奥二重

膨張しやすいカラーのボルドーは、一重・奥二重の場合、ポイント的に使うのがコツ。グラデーション塗りよりも、目のキワや二重部分にくっきりと入れた方が、しっくりまとまります。

ベージュ系のアイカラーでまぶた全体を整え、二重幅を目安にカラーペンシルで色を入れるとカンタンです。目の下目尻側に入れても、オシャレに決まります。ボルドーのペンシルアイライナーを太目に入れてもOKです。

unspecified

出典:ピンクドロップ

2-2.二重

くっきり二重さんなら、鮮やかなボルドーを目尻側にはっきり入れると、すっきり使いこなすことができます。

上まぶたの目尻側1/3を「く」の字に囲むと、目元が際立ちます。下まぶたの1/3側にも同じカラーでラインを入れれば、インパクトのある目元に仕上がります。よりフェミニンな印象にしたい人はボルドー系のアイシャドウパレットを使い、グラデーション塗りをするのがおススメです。

unspecified-1

出典:ピンクドロップ

3.ボルドーアイシャドウの注意点

膨張色でもあるボルドーは、使い方によっては「殴られた?」みたいに見えてしまうことも。特に赤味が強いタイプや紫がかかったタイプのボルドーカラーは要注意です。肌にのせたときに、しっくりくるボルドーアイシャドウを選ぶことも大切です。

3-1.幅広く入れすぎ

ボルドーのアイシャドウパレットで、グラデーション塗りするのもキレイですが、注意したいのは上まぶたに幅広く入れてしまうこと。目尻側に濃く入れすぎると、アザのように見えてしまいます。

ボルドーのように赤味が強く、肌に馴染むカラーは、幅広く入れると不自然になるので気をつけましょう。目のキワからあまり離さないように意識すると失敗を防げます。

3-2.腫れぼったい

マットタイプのボルドーカラーはチップ等でベタッと入れてしまうと、まぶたが重く見え、腫れぼったくなることがあります。

ボルドーカラーは、ブラシでふんわり入れるか、しっかりぼかすなどして、なじませれば、腫れぼったさを回避できます。アイラインやマスカラで引き締めることも大切です。

4.ボルドーアイシャドウに合わせたいコスメ

ボルドーのアイメイクの完成度を高めるには、マスカラやチークの合わせ方も重要。ボルドーカラーと相性の良くないオレンジ系や青味ピンクは、ちぐはぐなメイクに見えるので避けましょう。

4-1.ブラックマスカラ

同系色のブラウンやボルドーのマスカラと合わせても素敵ですが、目元がぼんやりするかも…という人は、定番のブラックマスカラがおススメです。

ロングラッシュタイプのマスカラなら、ボルドーのアイシャドウを引き立てつつ、上品に仕上がるのでデイリーメイクにもピッタリです。つけまつ毛をプラスしてボリュームを出すと、往年の女優のようなクラッシックな雰囲気になります。

4-2.薄ピンクチーク

ボルドーのアイメイクには、ピンクやローズ系のチークがベスト!ボルドーは存在感のあるカラーなので、チークは控えめに入れることが鉄則です。

濃くならないように、ブラシでふわっと、さりげなく入れるようにしましょう。黄味の目立つオレンジチークは、カラーバランスが悪く見えるのでNGです。

4-3.ベージュリップ

ボルドーでまとめた目元を引き立たせるなら、リップはベージュ系がおススメです。ヌーディーなベージュなら、クール&モードな印象に、赤味のあるブラウンやベージュならコンサバで落ち着いた雰囲気にまとまります。

同系色のボルドーリップやピンク系リップも相性が良いですが、シンプルにまとめたい時はベージュリップも活躍しますよ。

5.おススメボルドーアイシャドウ3選

もはや定番カラーと言ってもいいボルドーのアイシャドウですが、微妙な色味の違いがあり、発色も質感も様々です。ラメやパール入りなら華やかに、マットならクールに、シアーならナチュラルにと仕上がりイメージも変わってきます。購入前に手元で試して、発色やつけ心地をチェックするのを忘れずに!

5-1.商品名:アディクション ザ アイシャドウ

unspecified

出典:アディクション

メーカー:アディクション 価格:2,160円(税込)
おススメポイント:手持ちのアイシャドウにプラスして使うなら単色タイプのアイシャドウで取り入れましょう。滑らかに伸びるテクスチャーのものなら、ぼかしやすく、なじませるのもカンタンです。ラメやパールが少ないマットタイプなら、クールでモードな雰囲気に仕上がります。甘くないボルドーメイクを目指す人に向いています。

5-2.商品名:ジルスチュアート シマークチュールアイズ

unspecified-1

出典:ジルスチュアート

メーカー:コーセー株式会社 価格:5,400円(税込)
おススメポイント:ボルドーと相性の良いピンク系カラーがセットされ、華やかでフェミニンな目元が完成します。アイメイクベースもついているので、色モチもUP。ツヤ&キラキラ感のある質感なので、女の子らしいボルドーメイクをしたい人にピッタリです。

5-3.商品名:オルビス シャイン カルテットアイズ

unspecified-2

出典:オルビス

メーカー:オルビス株式会社 価格:2,016円(税込)
おススメポイント:どんな人でも使いやすい4色入りのパレットで、グラデーション塗りもしやすいカラー設計です。

ピーチ寄りの色系統ですが、赤味があり、ボルドーのような雰囲気を楽しめます。ボルドーすぎるのは苦手という人や、デイリーメイクに気軽に取り入れたい人におススメ!

6.まとめ

第2の定番カラーになりつつあるボルドーアイシャドウは、誰にでも似合いやすく、チャレンジしやすいアイカラーです。赤味寄りのボルドーならイマドキ感のあるオシャレメイクに、深みのあるプラムカラーなら大人の女性にも似合います。いつものブラウンアイシャドウにマンネリしてきたら、ぜひボルドーのアイシャドウにトライしてみましょう。

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事