汗ばむ季節に味方につけたい「にじまないアイライナー」5選!

shutterstock_472399753

日中ふと鏡を見ると、アイライナーがにじんでる…なんてこと、ありませんか。

その他にも、ラインが消えてしまっていたり、よれて崩れてしまっていたり、化粧崩れで悪目立ちしてしまうのがアイライナーです。目の粘膜近くに使うものなので、ちょっとアクビをして涙目になった瞬間にじんでしまうことも珍しくありません。

そんなトラブルを解消してくれるのが、最近人気の「にじまないアイライナー」。日頃のメイクアイテムにプラスして、化粧崩れ知らずの目元を完成させましょう。


1.にじまないアイライナーおすすめ5選!

巷に溢れる「にじまないアイライナー」たち。その中でも特に人気の商品、“本当ににじまない”と評判の商品をピックアップ。にじまないアイライナー選びのお供にしてみてくださいね。

■ヒロインメイク「スムースリキッドアイライナー スーパーキープ」

unspecified

(0.4ml・1000円<税抜>)公式サイト

ドラッグストアでよく見る、ヒロインメイクシリーズ。ウォータープルーフタイプですが、お湯でオフできます。乾きも早くにじみませんし、0.1mmの極細筆で書きやすさも抜群。どこでも手に入れることができる素晴らしい1本です。

■デジャヴュ「ラスティンファインa 筆ペンリキッド」

unspecified-1

(0.55g・1200円<税抜>)公式サイト

リニューアルにより美容成分が増量した、肌に優しいアイライナー。皮脂・汗・涙・こすれに強く、一日中キレイなラインがキープできるウォータープルーフタイプです。コシのある筆は、「書きやすい」とネットでも評判です。

■ドーリーウインク「リキッドアイライナー」

unspecified-2

(19g・1200円<税抜>)公式サイト

モデル・タレントの益若つばささんがプロデュースするドーリーウインクシリーズ。速乾性・耐久性に優れており、書きたての発色を持続することができます。

手でゴシゴシこすっても落ちないのに、お湯を使えばスルリとオフすることができます。さすがモデルさんプロデュース!と言いたくなる1本。

■ディオール「ディオールショウ アート ペン」

unspecified-3

(0.7ml・4000円<税抜>) 公式サイト

落ちないのにお湯で落とせ、書きやすいと評判の1本。

濃いブラックカラーで際立つラインを実現することができます。筆もコシがあり、細いラインから太いラインまで自由自在。不器用な方や初心者の方にもオススメです。

■アディクション「リキッドアイライナー」

unspecified-4

(3.5ml・2800円<税抜>)公式サイト
色展開が豊富なアディクションのリキッドアイライナー。とにかく書きやすいと評判で、どんなに不器用な方でもスルスルと書けてしまうそう。全くにじまないのに、ぬるま湯でキレイに落とせるのも高ポイント。乾きが早いのも嬉しいです。

2.にじまないアイラインの引き方とスキンケア方法

にじまないアイライナーをよりにじませないようにするポイントは、引き方とスキンケア。

キレイな目元をより長くキープしておくためのコツを勉強していきましょう。

2-1.にじまないアイライン、引き方のコツは?

【1】アイライナーを引く前の下準備

まずは、目の周りの油分や涙などの水分をしっかりオフ! 水分があると引いたそばからにじんでしまいますし、油分があると時間と共に浮いてきてしまいます。

コットンや綿棒で念入りにオフし、終わったらコンシーラーをON。

せっかく油分を拭き取っているので、コンシーラーも油分の少ないタイプを選びましょう。さらにパウダーを軽く載せておくと、余分な皮脂や汗を吸収してくれてにじみにくくなります。

【2】目の形ごとに引き方を変えよう

  • 二重の方

しっかりとまぶたが折り曲がっている二重の方は、擦れやヨレの回数がどうしても多くなります。涙がたまりやすい目頭の部分には、なるべくアイライナーを引かないように。

目頭から少し間隔を空けて、アイライナーを引いていきましょう。

  • 奥二重の方

二重に比べて重みや厚みがある奥二重。細いラインを書くことで、埋もれずしっかりアイライナーの効果を実感できます。まぶたを上に引き上げ、まつげとまつげの間を埋めるように引いていきましょう。

  • 一重の方

摩擦が起きづらい一重は、二重・奥二重に比べてにじみづらいです。目を開けた時に見えるラインの太さを調節しながら、目頭からしっかり引いていきます。

2-2.よりにじませないために! スキンケアの方法

前述しましたが、アイライナーにとって油分は大敵。朝のスキンケアも、まぶたに油分たっぷりのクリームやオイルを付けることは極力避けましょう。

サラッと保湿する程度で充分です。もし付けるのであれば、余分な油分をティッシュオフするのをお忘れなく。

一方で、メイクオフした後はしっかり保湿をしてあげましょう。まぶたの皮膚はとても薄いため、メイクオフする際の摩擦が乾燥につながってしまうこともあるからです。

3.ピンチ! にじんでしまったときのメイク直し方法

にじまないアイライナーとは言え、目の周りに水分や油分があると、どうしてもにじんでしまうことがあります。また、今は不器用な方でも引きやすい筆先になっているものが多いですが、ふとした瞬間に大きくはみ出してしまった…なんてことも。

そんな時には焦らず、手早く、お直しをしていきましょう。

まずは、綿棒にリップクリームやワセリンを少しだけ取ります。はみ出た部分になじませるように優しく転がせば、簡単に落とすことができます。使っていない方の綿棒で余分な油分を拭き取れば完了。再び慎重にラインを引いていきましょう。

外出先でアイライナーがにじんでしまった時、パウダファンデーションを重ねて直す方がいますが、それはNG。目元がくすんでしまったり、シワになったりしてしまうのです。使うべきはリキッドファンデーション。綿棒に少しだけ取り、にじんだ部分を拭き取るようにつけていきます。にじみが取れたらルースパウダーもしくパウダファンデーションを薄く取って軽く押さえてからメイク直しをしてみてください。キレイにメイク直しをすることができます。

4.まとめ

汗ばむことも多くなってきた今日このごろ。にじまないアイライナーは、この季節の強い味方です。

2017年の春夏は、引き続き濃いめのリップがトレンドとなるようですから、キリッとアイライナーを引いてイイ女風メイクを楽しみたいもの。一方で、ナチュラルなメイクも流行るようなので、控えめなブラウンのアイライナーも1本持っておくと重宝すると思います。

ぜひ、お気に入りのにじまないアイライナーを取り入れて、汗にも涙にも負けない美人メイクを楽しんでくださいね!

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事