恋の大敵! 思春期ニキビを1日も早く治す方法

shutterstock_95008684

ニキビは青春のシンボル、と言われたりもしますが、思春期ニキビができる10代は一番異性を気にしたり、恋をしたりする時期です。

それなのに、ニキビがあるため自信を無くしてしまったりしては大変です。では、一日でも早く憎いニキビをやっつけるにはどんな方法があるのでしょうか。

ここでは、思春期ニキビの撃退法と、ニキビの原因や予防法を詳しく書いていきたいと思います。正しいケアを覚えて、上手に思春期ニキビを乗り越えていきましょう。


1.思春期ニキビのスピード撃退法

思春期ニキビに限らず、肌のトラブルには清潔を保つことが重要になってきます。

洗顔

余分な皮脂やホコリ、雑菌などをお肌から落とし、肌が本来持っている免疫機能や再生機能が十分働ける状態にするためにも洗顔は大切です。

かといって、過剰に洗いすぎても刺激になってしまうので、適切な洗顔方法でお肌の清潔を守りましょう。

市販薬、皮膚科などのお薬

市販薬として売られているニキビの薬の中にはおもに、ニキビ悪化の原因であるアクネ菌を殺菌する効果のある成分と、赤身や腫れを抑える抗炎症成分、皮脂の酸化を抑えたり血流を良くして肌の治癒力を高めたりするビタミン類などが、配合されています。

ステロイドなどの強い成分も少ない処方になっているので、敏感肌の人にも安心して使えます。

また、自分でいろいろな対処法を試すよりも、皮膚科に行って専門医に診察してもらうのも良い方法です。塗り薬のほかにも飲み薬や、場合によってはホルモン剤などが処方されることもあります。

化粧水

思春期ニキビの対策には、ニキビの原因のアクネ菌を抑える殺菌効果があるものが良いでしょう。

中には、アルコールなどが入って使用感のさっぱりしたものもありますが、かえって皮脂を摂り過ぎて肌のバリア機能を失くしてしまうケースもありますので、ノンアルコールの物を選んでください。

皮脂は肌の水分が蒸発するのを防ぎ潤いを保ってくれる良い面もあります。大切なのは、皮脂と水分のバランスです。殺菌と保湿の両方が叶う化粧水がおすすめです。

サプリメント

思春期ニキビへのアプローチは外側からだけではありません。一刻も早くニキビを治すためには体の内側からも働きかけていく必要があります。

ご飯やパン・麺類などの炭水化物や肉類など、思春期ニキビ世代が大好きな食事には、圧倒的にビタミンやミネラル類が足りません。

日頃から野菜をたくさん摂るように心がけたいものですが、少しサプリメントに手伝ってもらうのも良いかもしれません。

肌の健康を保つためには、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群、カルシウム、マグネシウムなど、さまざまな栄養素が複合的に必要になってきます。自分の普段の食事に足りない成分を上手に補うようにしてください。

メイクでカバーするテクニック

本来ならば、ニキビの上にメイクをするのは毛穴を塞いでしまう恐れがあるので、積極的にはおすすめしません。

しかし、ニキビに悩んでストレスが溜まってしまったり、人に会うのが嫌だ、外に出たくない、と思い詰めたりするよりは、負担の少ないメイク方法で上手く隠すことも、覚えておくと良いかもしれません。

ニキビカバーのテクニックというよりは、使う素材が重要です。油分の多い下地クリームやリキッド・クリームタイプのファンデーションは避けてください。

油分が少なく低刺激の日焼け止めと、パウダータイプのファンデーションを使用するとよいでしょう。炎症のあるニキビなどは、パウダーファンデーションでは隠しきれない場合があります。

どうしても隠したいときは、コンシーラでポイントカバーすると良いでしょう。頬などはふんわりチークで赤みをごまかすこともできます。また、クレンジング剤は、刺激や負担の少ないクリームタイプをおすすめします。

2.思春期ニキビの原因

utterstock_218767672

原因は皮脂の過剰分泌

思春期、または第二次性徴期になると、男の子はヒゲが生えてきたり声変わりしたりして、男性らしい体つきになります。

女の子も、生理が来たり体に丸みが出てきたりして、より女性らしい体つきになっていきます。大人になるための体の変化には、「成長ホルモン」というホルモンが関係しています。

じつはこの「成長ホルモン」は、体つきの変化を促すだけでなく、皮脂腺を刺激し過剰な皮脂分泌のきっかけにもなるホルモンです。

成長の段階で誰もが通りる道、とも言えますが、それに加わるさまざまな要因で、過剰に分泌された皮脂がニキビを作り出してしまいます。

悪化させる要因その1:アクネ菌

アクネ菌は、どんな人の肌にでもいる定在菌の1つです。常在菌とは、肌の健康的な酸性バランスを保ち、病原菌が体内に侵入するのを防ぐために、必要とされている菌のことで、ブドウ球菌が有名です。

アクネ菌もブドウ球菌と同じように、健康な肌の上では何事もなくても、トラブルがあると反応し悪さをする菌でもあります。

思春期になってホルモンの影響から皮脂分泌が盛んになると、毛穴に詰まった皮脂をエサにアクネ菌が増殖、活性化します。アクネ菌は皮脂を分解し脂肪酸に変え、それが刺激となって赤く炎症のあるニキビになってしまいます。

悪化させる要因その2:皮膚刺激

紫外線を浴びた肌は、その害から体を守るために角質を厚く固くします。厚くなった角質により皮脂の出口である毛穴がふさがってしまうので、ニキビが悪化してしまいます。

油分が酸化してしまういわゆる「油焼け」も引き起こし、肌の老化やトラブルの原因になる活性酸素も大量発生してしまいます。

先ほどお話ししたアクネ菌は、皮脂をエサにしてニキビを作りますが、紫外線を浴びると、ポルフィリンという毒を作り出し、ますますニキビが増えてしまいます。

人によっては刺激になってしまうこともある紫外線吸収剤やアルコールなどが添加されていない、小さな子どもでも使えるような低刺激の日焼け止めなどを選び、登下校や部活動などの際にもこまめに付けるようにしましょう。

洗顔する時にゴシゴシ擦ったり、整髪料の付いた髪の毛が顔にかかっていたり、清潔でない手で触ったりすることも、皮膚刺激になりニキビを悪化させる原因になります。

悪化させる要因その3:不摂生やストレス

睡眠不足、食生活の偏りなどの不摂生、ストレスなどもニキビを悪化させる大きな要因の一つとなっています。

アブラっぽいものや甘いものを食べ過ぎたり、反対に抑え過ぎてストレスを感じたり、夜遅くまでのスマートフォンやパソコンの操作で、神経が興奮してしまい十分な睡眠が得られなかったりすると、簡単にニキビは悪化してしまいます。

しかも一度悪化したニキビはなかなかきれいに治りにくいもので、悪循環に嵌ってしまう前に、規則正しい生活を心がけたいものです。

3.今日から実践!思春期ニキビの予防法

shutterstock_323769131

正しい洗顔

「ニキビの原因が皮脂過剰なら、落とせばいいんでしょ」「アクネ菌を殺菌しまくろう!」と洗顔を頑張りすぎるのは、とても間違った方法です。

皮脂は落とし過ぎると、肌の方でも頑張って補おうとしてますますアブラっぽくなってしまいますし、殺菌作用の強すぎる洗顔料を使ってしまう、乾燥や肌荒れに繋がってしまいます。

刺激の少ない洗顔料を良く泡立てて、泡のクッションで優しく洗います。

指が触れないくらいでも十分です。すすぎはぬるま湯でしっかりと行い、乾いたタオルで優しく抑えるように水分を取ってください。洗顔のあとは、ニキビケア用などの化粧水でたっぷりと保湿してあげてください。

食事

ニキビを治したり、予防したりするには、食生活を今一度見直してみることをおすすめします。ニキビや第二次性徴をはじめ思春期でぐんぐん体が変化している時期に必要な栄養素は、特にたんぱく質とビタミン類です。

脂肪の少ない赤身のお肉や、魚、大豆製品などの良質なたんぱく質と、さまざまな種類の野菜から摂れるビタミン類を、積極的に食べるようにしましょう。

ジャンクフードばかりですと、お腹は満たされるかもしれませんが、体への栄養素はまだまだ足りません。ジャンクフードや炭水化物だらけのお手軽ご飯、スイーツなどを楽しむのは時々にして、体の中から思春期ニキビを予防しましょう。

睡眠

皮膚の修復は寝ている間に行われます。

とくに入眠してから3時間後が、もっとも細胞の修復や再生を担う成長ホルモンの分泌が盛んになります。皮膚細胞の修復再生には約6時間かかると言われているので、そのくらいの睡眠時間は取りたいものです。

思春期ニキビにできる10代は、勉強に部活に友達関係にと、最も忙しい時期でもあります。なかなか早く就寝するのは難しいかもしれませんが、嫌なニキビを防ぐためです、少なくとも12時前には眠るようにしましょう。

睡眠は量よりも「質」とも言われ、だらだらと長く眠るより、毎日決まった時間にぐっすり眠ることができた方が、質の良い眠りと言えます。

ゆったりとお風呂に入る、ハーブティーを飲む、軽くストレッチするなど、リラックスした状態で眠れるようにしましょう。

その時、注意したいのは、シーツやタオル、枕カバーなどはいつも清潔なものを使うようにしてください。眠っている間には新陳代謝も活発になります。汗などもかきやすく寝具は雑菌も繁殖しやすい場所の一つでもあります。ニキビの悪化を防ぐためにも、寝具は清潔を保ってください。

4.まとめ

正しいケアがニキビを治す一番の近道です。10代のうちは回復も早いので、「洗顔」「食生活」「睡眠」を見直すだけで、大きな改善がみられるでしょう。

また、ニキビのせいでコンプレックスを持ったりストレスを抱えてしまったりしては、悪循環に陥ってしまいます。時々はメイクで上手に隠して、勉強に恋に部活に、楽しい青春を送ってください。

モンドセレクション最高金賞4年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントさんが何人も使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事