ニキビ改善の第一歩「ニキビの原因」を徹底的に知る!

utterstock_218767672

思春期から私たちを悩ませ続ける、ニキビ。

もしニキビができてしまったら、皆さんどうしていますか? 「自分で治す!」という方もいらっしゃると思いますが、ニキビは「尋常性ざ瘡」という立派な皮膚の病気。適切なケアをしなければ、治りません。

ニキビを治すには、まずニキビの原因をしっかり知ることが大切です。今回はニキビの原因と予防法について考えてみたいと思います。


1.ニキビができるメカニズムとは?

shutterstock_126812141

ニキビは、何らかの理由で毛穴が塞がってしまったことが原因でできることがほとんど。毛穴が塞がるとニキビ菌が繁殖しやすくなり、ニキビができてしまうというわけです。それではニキビができるメカニズムをより詳細に見ていきましょう。

1-1.皮脂が過剰分泌しだす

男性ホルモンの活性化、ストレス、黄体ホルモンの影響などにより皮脂が過剰分泌しだすと、毛穴内のアクネ菌が活性化しだします。

また、年齢によるターンオーバーの乱れ、紫外線、生活習慣、間違ったスキンケアなどにより、皮脂が過剰分泌しはじめたり、角質が毛穴に詰まり始めたりも。年齢を重ねるほどさまざまな要因が複雑に絡みあって皮脂が過剰分泌しだすのです。

1-2.毛穴が詰まる

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層構造。一番外側にある表皮の中でも最も外側にあるのが、角質です。

この角質は一定期間で新しく生まれ変わるのですが、そのリズムが乱れた時が要注意。古い角質が残ったまま新しい角質が誕生すると、角質はドンドン厚くなっていってしまいます。この角質が角栓となり、毛穴を塞いで皮脂が溜まっていくというわけです。

ニキビのもととなるアクネ菌は空気を嫌う細菌。そのため、毛穴が塞がれて空気に触れず、餌となる皮脂が豊富にある、繁殖に絶好の環境ができあがってしまうのです。

1-3.ニキビの初期段階から黄色ニキビへ

まだ炎症を起こしていない状態のニキビを白ニキビ・黒ニキビと言います。毛穴が詰まり白っぽくポツンとできている状態が白ニキビ、内部の皮脂が毛孔を開放したことで皮脂が酸化してしまった状態が黒ニキビです。

そのままにしておくと、毛穴に詰まった皮脂を餌としてアクネ菌が繁殖することで炎症が生じます。それが赤ニキビです。

さらに炎症が強くなると膿を持った状態になり黄色ニキビへと変わっていきます。この状態になると、色素沈着やクレーターなどが残る可能性がとても高い状態になってしまいます。

2.ニキビができる場所ごとの原因を知ろう!

Closeup of a charming young girl holding her face with hands

ここまでで、ニキビができるメカニズムが分かりました。しかし、ニキビができる位置によって原因に傾向があることをご存知でしたか? この原因を把握することで、ニキビの改善により一歩近づきます。

2-1.額

額のニキビは外的な刺激が主な原因。前髪が触れている状態や、シャンプーの洗い残しなどには注意が必要です。また、思春期から青年期は、ホルモンバランスの乱れも一因として挙げられます。

2-2.あごからフェイスライン

ストレスや睡眠不足によりホルモンバランスが崩れ、ニキビができることがあります。また胃腸の調子が良くない、貧血・冷え、カルシウム不足などが原因になることもあります。

2-3.鼻

皮脂汚れや毛穴の詰まりが原因として挙げられます。根本として不規則な生活や偏った食生活、生理不順などで乱れたホルモンバランスにより皮脂の分泌量が過剰になってしまうそう。

また、毛穴よごれを無理矢理押し出したりしていると、皮脂腺を強く刺激してしまい、皮脂の分泌量が増えてしまうことも。

2-4.口の周り

体調の悪さが表れるのが口周りです。ビタミンB2・B6不足、胃腸・肝臓が悪い、食べ過ぎ、便秘、ストレス、睡眠不足などが原因になるケースが多く見られます。

また、風邪をひいて抵抗力が落ちている時なども要注意です。腸内環境が悪化すると老廃物が溜まり、毒素が発生。それが原因となることもあり得ます。

2-5.頬

胃腸や肝臓が悪いなど体内の不調からできるものもありますが、髪の毛による刺激やメイクなどで毛穴が塞がってしまうことも原因として挙げられます。

面積が広い部分ですから、気になって潰してしまう方もいらっしゃるかもしれません。でも頬は皮膚が薄いため、詰まった皮脂を絞り出すのは極力控えましょう。

2-6.胸や背中

ニキビは顔以外に胸や背中にも見られます。原因として、紫外線や香水などの刺激による外的要因の他に、ホルモンバランスの乱れも挙げられます。

また、服などで通気性が良くない部位でもありますから、常に清潔に保つことが大切です。布団や毛布などの寝具もこまめに洗濯するなど、雑菌が繁殖しないように心がける必要があります。

3.ニキビの予防方法

大人ニキビは治りにくく、繰り返し発症する性質がありますから、予防に努めたいもの。ここでは効果的なニキビの予防方法をご紹介したいと思います。

3-1.毛穴を詰まらせないスキンケア

large-6

過剰な皮脂を取り、毛穴を詰まらせないことが有効なニキビ予防。メイクはクレンジングでしっかり落とすことが大切になります。

しかし、オイルクレンジングには要注意。過剰に皮脂が分泌されている所に油分をつけることでニキビができやすく、症状を悪化させてしまう恐れがあります。

また、1日に何度も洗顔したり、洗浄力の強い洗顔料を使うことで、必要な皮脂も除去してしまうことに気をつけましょう。乾燥につながり、結果毛穴が詰まってしまうことにもなり得ます。

逆にピーリングを取り入れるのはとても効果的です。余分な角質を取り、ターンオーバーが高まるため、肌の新陳代謝が改善できるかもしれません。

3-2.保湿を大切にする

shutterstock_333458405

保湿を怠ると、水分が不足して肌が乾燥し、毛穴周りの角質が厚くなってしまいます。結果、毛穴の詰まりが発生してしまうのです。

ポイントは、セラミドなどの保湿成分が入った化粧水や美容液でたっぷり保湿をすること。肌が柔らかくなれば毛穴も詰まりにくくなります。また、ビタミンCなどの誘導体が配合されているスキンケア用品は、皮脂を抑えてくれる働きがありますので、ニキビ予防にも効果が期待できます。

3-3.食生活を見直す

shutterstock_86665657

食生活に美肌をもたらす栄養素を取り入れ、予防をすることも理想的。

例えば、鶏レバーやほうれん草などに含まれるビタミンAはターンオーバーを促進してくれます。豚・牛レバーやにんにく、卵黄などに含まれるビタミンB群は脂質の過剰分泌を防ぎ、ターンオーバーをケアしてくれます。

他にも、パプリカやブロッコリーなどから摂取できるビタミンC、魚肉ソーセージなどに含まれるビタミンEもニキビ予防に役立ちます。積極的に摂取していきましょう。

4.まとめ

ニキビが1つできるだけで、メイクもキマらないし、なんとなく服も似合わない気が…。表情も暗くなりがちで、気分も沈んでしまいますよね。

そうならないためにも、ニキビの原因をしっかり把握し、予防をしていくことが大切です。

また、紫外線が強くなる季節は外的刺激も多くなり、肌トラブルも増えていくでしょう。その刺激に負けない肌作りをしておくことで、憂鬱な肌トラブルとサヨナラしてしまいましょう!

モンドセレクション最高金賞3年連続受賞のクレンジング

皮膚科医とエステティシャンが共同開発したクレンジングが【フルリ クリアゲルクレンズ】

しっかりと臨床試験をしているので安心して使うことができます。

すっぴん美肌のママタレントの紗栄子さん、辻希美さん、市井紗耶香さんも使っていることからも、その品質の高さがわかりますよね。

メイクを落としながら、しっかりとスキンケアをしたいのならオススメです♪

⇒ フルリ クリアゲルクレンズを詳しく見る

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事