私のキレイをアップデート!40代のメイク術|まとめ

shutterstock_140374252

メイクをしたら、キレイ!可愛い!だけではなく、できれば若く見えてほしいのが40代の本音…。エイジングサインが顕著に現れてくる40代こそ、メイクにもちょっとした工夫が必要です。気になる部分をさりげなくカバーして、メリハリのあるメイクを心がけると印象が大きく変わります。40代にふさわしい美人メイク術をマスターして、大人の女性ならではの魅力を引き出して!


1.40代になったら気を付けるべきメイクポイント

30代とは異なる悩みが出てくる40代は、見直すべきメイクポイントがたくさんあります。 特に意識したいのは、エイジングサインが出やすい部分。細かい箇所ではありますが、そこをメイクで工夫することによって、大人の女性らしい美しさを表現することができます。

1-1.目尻・口角・小鼻脇の細部

unspecified

出典:目のたるみ解消法

今まで浅かったシワやたるみが進行し、影響が少しずつ出てくるのが40代。特に目尻のシワが深くなったり、たるみによる小鼻脇から口元にかけてほうれい線が目立つようになります。さらに口角が下がったり、唇のボリュームがダウンしてくる傾向にあります。

特にエイジングサインが出やすい目尻・口角・小鼻脇部分をコンシーラー等で明るく整えると、顔全体がリフトアップした印象になります。

1-2.無難カラーでメリハリのないメイク

unspecified-1

出典:みみる公式ブログ

ナチュラルに見せたいからとアイラインを省いたり、塗っているかどうかわからない馴染みカラーも40代のメイクにはNGです。全体がぼやけてしまい、顔が大きく見えたり、お疲れモードに見えてしまう危険があります。ハイライト使いで骨格にメリハリをつけたり、カラーメイクは発色の良いキレイ色を選んで上品な華やかさを目指しましょう。

1-3.トレンド無視のなつかし眉

unspecified-2

出典:NEVERまとめ

眉だけは欠かさず描いている!という人も多いはずですが、実はそこが落とし穴。毎日の眉メイクだからこそ描き方をずっと変えていないという人は、時代遅れの眉になっている可能性があります。

他のパーツに比べ、眉だけは形や太さにトレンドが現れるのでシーズンごとに見直すのが垢抜け顔になれるポイントです。今なら自然な太さと、角度の無いナチュラルでふわっとした眉がスタンダードです。

2.これが正解 40代メイク

unspecified-3

出典:WEBSTORY

40代になったら気になるエイジングサインはさりげなくカバーして、目元や口元などそれぞれのパーツが引き立つメイクが理想です。

ベースメイクは厚塗りせずにハイライトでメリハリをつけ、ぼやけがちな目元や口元をラインで引き締めるのが垢抜けるメイクのコツ!ポイントメイクはくすみのないカラーを選んで華やかで上品な印象を目指しましょう。

2-1.ベースメイク

<下地>

unspecified-4

出典:MAQUIAオンライン

ファンデ―ションの厚塗りを防ぎ、紫外線からお肌を守るためにも下地は大切なポイント。くすみをカバーし、ツヤが出るタイプの下地がおススメです。

スキンケアのあと、適量を顔全体に置き、下から上へ引き上げるように各部位ごとに伸ばしていきましょう。最後に手でプレスをすると密着力が高まがります。

つけすぎた場合や、化粧崩れやすい人は一度ティッシュオフすると余分な油分がとれて、化粧モチがUPします。

<ファンデーション>

unspecified-5

出典:MERY

自然なカバー力と保湿力、透明感のある仕上がりを叶えるにはリキッドやクリームタイプのファンデーションがおススメです。全体的に薄くつけ、気になる部分だけに重ね付けをすることで、厚塗り感のないナチュラルな肌に近づけます。

下地で肌を整えた後、適量を指に取り、顔の片側ずつ伸ばしていきます。全体に伸ばし終わったら、スポンジで目元・小鼻脇・口元・フェイスラインなどの細い部分にもなじませていきます。

さらに、目の下や頬などアラが気になる部分にはごく少量のファンデーションを重ね付けして自然にカバーしていきましょう。最後に何もついていないスポンジで全体を叩きこむと崩れにくくなります。仕上げは微粒子のパウダーを少量使い、表面を滑らかに整えましょう。

2-2.ハイライト

unspecified-6

出典:MARBLE

ファンデーション+パウダーだけでは、のっぺり見えがちな40代こそハイライトをプラスするべき!目立ちすぎると古臭い印象になるので、肌になじむパールベージュやライトピンクなどの色付きハイライトカラーを選びましょう。

ハイライトを入れる箇所は、眉間と目の下の三角ゾーン、顎先が基本です。この部分を明るくすることで肌全体がキレイに見え、顔立ちに立体感が生まれます。パウダータイプのハイライトカラーをブラシでサッと入れるだけでOKです。

2-3.アイメイク

つい気合が入ってしまうアイメイクですが、40代以降は引き算するのが大正解!アイシャドウのグラデーション塗りは避け、ナチュラルな色使いを意識すると明るくすっきりとした目元に見せることができます。

1.明るいトーンのアイシャドウをまぶた全体に塗る

unspecified

出典:大人可愛い

2.アイライナーでまつ毛の間を埋めるようにラインを引く

unspecified-1

出典:マシマロ

3.アイラインのアウトラインを整え、引き締めカラーのアイシャドウを重ねてぼかす

unspecified-2

出典:美人部

4.目の下はパール入りハイライトカラーで明るく仕上げる

unspecified-3

出典:NEVERまとめ

5.ビューラーでまつ毛をカールさせ、マスカラでまつ毛を広げるように塗る下まつ毛も同様に塗る

unspecified-4

出典:OurAge

2-4.眉メイク

unspecified

出典:美人部

顔全体の印象を決める眉は、最もトレンドが反映される部分です。ずっと眉の形を変えていなかったり、細く整えすぎている人は要注意です。今ならナチュラルな太さで、ふんわりしたストレート型の眉が人気です。

アイブロウペンシルで眉尻を描き、パウダーアイブロウで眉頭と眉の中央を埋めるようにすると簡単に太目ストレート眉が完成します。さらに眉マスカラで明るめに整えると、目が大きく見えるうえ、自然な印象に仕上がります。最後はスクリューブラシや綿棒でアウトラインをぼかしてなじませておきましょう。

2-5.チーク

unspecified-1

出典:OurAge

40代なら肌に血色感を与え、顔全体を引き締めて見せるチーク使いをマスターしましょう。流行のまんまるチークや湯上り風チークは子供っぽくなり、若作りの印象になってしまいます。

まず、ベースメイクの最後に、練りチークを笑った時の頬骨のラインに沿って、ポンポンと叩きこむように入れます。そのあと一度パウダーで抑え、同系色のパウダーチークを上から重ねます。こうすることで頬がリフトアップした印象になり、チークも長持ちさせることができます。レッドやピンクなど透明感のあるカラーを使うとより効果的です。

2-6.リップ

unspecified-2

出典:Beautyまとめ

リップクリームやグロスだけでササッと済ませてしまいがちな口元こそ、丁寧につくることで顔全体の印象が大きく変わります。年齢とともに唇の縦ジワやボリュームダウンが目立ってくるので、ハイライトやリップライナーで口元を引き締めることが大切です。

リップクリームで保湿をしたあと、リキッドコンシーラーで唇のアウトラインをぼかします。こうすることで自然なハイライト効果が生まれます。

そのあと、リップライナーでオーバーぎみに唇の輪郭をとり、口紅を塗っていきましょう。縦ジワが気になる人は、リップブラシを使ってシワ部分を埋めるように塗ると目立ちにくくなります。

3.エイジングポイントのカバーテクニック

気になり始めたエイジングサインは、パーツ毎にメイクテクニックでさりげなくカバーしていきましょう。いつものベースメイクにプラスするだけで、気になるエイジングポイントが見違えるほどカバーできるはず!

3-1.ほうれい線

unspecified

出典:OurAge

小鼻脇から口元にかけて刻まれるほうれい線や、口角下のたるみにより発生するマリオネットラインは、老け見えの原因になります。これを上手にカモフラージュするには、リキッドタイプのハイライト用コンシーラーがおススメです。ベースメイクのあと、パウダーで仕上げる前にほうれい線・マリオネットライン部分に直接のせて、スポンジでなじませればOKです。

ほうれい線等の溝部分をハイライト効果のあるコンシーラーで明るくすることにより、光が拡散されて自然にカバーすることができます。
よく動く部分なので、仕上げのパウダーは少量にしておきましょう。

3-2.シミ・ソバカス

シミ・ソバカスを一気に隠そうと、ファンデーションを厚塗りするのはNG!化粧崩れしやすいうえ、老け見えの原因になります。気になるシミはコンシーラーのピンポイト使いを、広範囲のソバカスはファンデーションの少量重ね付けテクニックで自然にカバーしていきましょう。

<シミ>

シミカバーにはスティックやクリームなど固めのテクスチャーのコンシーラーが向いています。より高いカバー力を求めるなら、肌に近い色かやや濃いめの色を選びましょう。
リップブラシなど小さい筆にコンシーラーをとり、シミ部分を覆うようにのせていきます。シミがしっかり隠れたら、その周りを綿棒でぼかして肌に馴染ませます。最後にパウダーでフィックスさせれば崩れにくくなります。
コンシーラーはパウダーファンデーションの前に、リキッドファンデーションなら仕上げ用パウダーの前に使いましょう。

<ソバカス>

頬の広範囲にあるソバカスは、ファンデーションを少量重ね付けすることで自然にカバーすることができます。一度顔全体に薄くファンデーションを伸ばし、スポンジでしっかり馴染ませた後、さらに気になるソバカス部分だけスポンジで重ね付けしていきます。最後に粒子の細かいルースパウダーで仕上げれば、化粧モチもUPします。

ポイントはツヤの出るリキッドやクリームファンデ、トレンドのクッションファンデなどの重ね付けしやすいタイプを使うこと!パウダーファンデやマットタイプのファンデーションでは厚塗り感が出てしまうので避けましょう。

3-3.毛穴

ポツポツと丸く目立つ毛穴だけではなく、たるみにより毛穴が斜めに広がりがちな40代は、ファンデーションブラシを活用した毛穴カバーがおススメです。リフトアップ効果も期待できるので、肌がピンと張ったような仕上がりになります。

下地を付けた後、ブラシにファンデーションをとり、毛穴の気になる部分にのせてクルクルと動かしていきます。このとき、毛穴を埋めるように下から上へ動かすことがポイントです。一通りファンデーションを塗ったら、スポンジで叩きこんで馴染ませれば密着力がUPして崩れにくくなります。リキッドやクリームファンデの場合は、最後にパウダーで仕上げましょう。ファンデーションブラシはパウダーファンデでもリキッド、クリームファンデでも使えます。

4.40代にオススメの垢抜けヘアスタイル

メイクだけではなくヘアスタイルも、キレイでオシャレに見せるには重要なポイント。髪質や顔型に合わせて似合うスタイルを探していきましょう。カラーリングをサボっているヘアや、ダメージでパサパサの髪はそれだけで疲れて見えてしまうので、定期的なヘアケアも忘れずに!

4-1.ショート

カジュアルにもオフィシャルにも、どんな場面でも好感度の高いショートボブは大人の女性に人気の定番スタイルです。前下がりで丸みのあるストレートスタイルは清潔感があり、お手入れもラクちんです♪女性らしさをアピールしたい時は、明るくカラーリングしたり、カーラーで巻くと華やかな印象になります。

4-2.ミディアム

上品でフェミニンな雰囲気になれるミディアムスタイルなら、ツヤの出るカラーリングとワンレングスで差をつけましょう。トップをふんわりさせて、顔周りと毛先に少し動きをつけることで女性らしいソフトな印象になります。ブローやアイロンで手軽にスタイリングできます。

5.大人の女性におすすめのコスメ5選

機能性が高いコスメや、発色の美しいカラーコスメは40代女性の強い味方!同じ使い方でもコスメによって仕上がりが断然変わってきます。テクニックいらずで理想のメイクが叶うので、気になるコスメはどんどん試していきましょう。

5-1.商品名:PAUL&JUE プロテクティング ファンデーションプライマー

unspecified-2

出典:ポールアンドジョー公式サイト
メーカー:PAUL&JUE   価格:3,500円(税抜)
オススメポイント:塗るだけで透明感が出る!と大人の女性達から支持も高いファンデーションベース。美容液効果に加えSPF42・PA+++の紫外線カット効果、さらさらのテクスチャーと充実の機能が人気の理由です。ファンデが少量で済むので大人のベースメイクにはピッタリです。

5-2.商品名:CHICCA ミスティックパウダーアイシャドウ

スクリーンショット 2016-08-02 17.03.20

出典:CHICCA公式サイト
メーカー:株式会社カネボウ化粧品 価格:5,500円(税抜)
オススメポイント:色を目立たせるだけのアイメイクではなく、顔立ちを魅力的に見せるニュアンスカラーがメインのアイシャドウです。テクニックいらずで目元に自然な陰影をつくれるので、たるみやくすみが気になってきた目元も明るく仕上がります。こだわりの付属ブラシも使いやすいポイントです。

5-3.商品名:M・A・C ミネラライズコンシーラー

unspecified-3

出典:M・A・C公式サイト
メーカー:M・A・C 価格:3,240円(税込)
オススメポイント:ロングウェア処方でヨレやパサつきが気にならず、目元はもちろん、ほうれい線やマリオネットラインなど動きの多い部分にも使いやすいクリーミィタイプのコンシーラーです。色展開も豊富なので自分の肌に合うカラーが見つかります。

5-4.商品名:IPSA アイブロウマスカラ

unspecified-4

出典:IPSA公式オンラインショッピングサイト
メーカー:IPSA 価格:2,700円(税抜)
オススメポイント:自然な色合いでさりげなく眉を明るく整える眉マスカラです。小ぶりのブラシなので眉全体をムラなく、ふんわりとカラーリングできます。落ちにくく、キレイな仕上がりが持続するのも嬉し言ポイント。眉マスカラはギャルっぽくなりそうで心配…という大人の女性にオススメです。

5-5.商品名:マキアージュ デザインチークカラーズ

unspecified-5

出典:マキアージュ公式サイト
メーカー:資生堂  価格:3,700円(税抜)
オススメポイント:ハイライト2色、チーク2色がセットになっており微妙な発色が魅力的です。全部混ぜてニュアンスチークを楽しんでも良いですし、チーク・ハイライトとしてそれぞれ使い分けてもOK。くすみがちな夕方の化粧直しに使えば、メイクしたてのイキイキした肌がよみがえります。

6.まとめ

だんだんと肌悩みも増えてくる40代ですが、やり方次第で年齢を感じさせない美人顔にメイクすることは可能!メイクを変えたり、新しいコスメを使うのはちょっぴり勇気がいりますが、思い切ってトライすることが成功への近道です。

kireca編集部オススメ商品紹介

ニッピコラーゲン100

体に吸収されやすい純度100%のコラーゲンペプチドが1日スプーン1杯(17kcal)で5,000mgも摂取できるニッピコラーゲン100。
肌のハリ・うるおい感・くすみ・髪の毛のつや・二枚爪・ささくれetc...美容効果以外も実感の声多数です。
さっと水に溶けやすい粉末タイプでお食事や飲み物に混ぜて摂取するだけ!
これから冬にむけて肌の乾燥や髪のパサツキなどのケアにおススメです。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スキンケアクリームナノアルファ

ニッピから1プッシュで9000兆個の超低分子ナノコラーゲンを配合した美容液が登場。
通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある生コラーゲンで肌の外側からしっかり保湿。ナノコラーゲンが奥までしっかり浸透。肌の外側・内側からたっぷり潤い、たるみ・くすみのないハリのある肌へ導きます。
シンプルな原料で余計なものは一切はいってないこだわりの美容液です。
季節の変わり目で乾燥や敏感になっているお肌にも。

⇒ 商品の詳細はコチラ

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事