欲張ってもOK!オトナの美肌をつくる40代が使うべきファンデーション

shutterstock_564392461

崩れない、カバー力がある、素肌っぽい…。ファンデーションに求めるものは色々あるけれど、機能性だけでは足りなくなってくるのが40代のファンデーション事情。エイジングサインも気になるし、シミ・ソバカス、毛穴もカバーしたい!

できればツヤとハリをプラスして、若々しく見える肌に…。そんな欲張りな願いを叶える、40代のファンデ―ション選びのコツをご紹介します!


スポンサードリンク

1.40代が選ぶべきファンデーション

オトナ世代の肌は、保湿力が不足し、ハリ・弾力が失われがち。30代からずっと使っているファンデーションでも、パサパサに見えたり、くすんで見えてしまうのはそのためです。

40代になったら、トラブルのカバーをメインにするのではなく、肌全体をトータルでキレイに見せてくれるものを選びましょう。

1-1.保湿力

乾燥が進む40代のお肌には、メイクをしている時でも潤いをキープできることが理想。保湿成分や美容成分入りのものなら、小じわやパサつきを抑え、メイクも長持ちさせることができます。

皮脂を吸収する効果が高いニキビ肌向けファンデや20代向けファンデは、オイリー肌でない限り、避けた方が良いでしょう。

1-2.ツヤ感

40代のベースメイクに最も大切なのが、自然な「ツヤ」。マットすぎる肌感は、きちんとして見えますが、厚塗りの印象を与え、老けて見える場合もあります。

イキイキとした表情に見せるには、ツヤ感がマストと心得ましょう。パウダー類もツヤの出る質感のものを選びましょう。

1-3.厚塗りにならないカバー力

毛穴・シミ・ソバカス・くすみ・色ムラなど、気になる部分がくる40代は、欠点を自然に隠せる、適度なカバー力のあるファンデを選びましょう。

ベースが薄くても、部分的にコンシーラーを使えば、肌トラブルをより自然に隠すことができます。ファンデ―ションだけで一度にカバーしようとせず、下地やコンシーラー、ハイライトなどを上手に活用しましょう。

2.厳選40代におススメのファンデーション

ファンデーションは、肌に直接のせるものですし、長時間つけていることが多いので、納得のいく1品を選びたいですね。サンプルや店頭でつけてもらうなど、一度試して様子を見てから判断すると失敗が少ないでしょう。

2-1.商品名:アルビオン タイトフィルムファンデーション PRO

unspecified

出典:アルビオン公式サイト

メーカー:アルビオン 価格:6,000円

オススメポイント:たるみやハリ不足、ぼんやりしたフェイスラインが悩みの人に向いている、リフトアップサポート効果のあるファンデ―ションです。化粧膜により肌表面を引き上げるため、ピンッとハリのある引き締まった肌に見せてくれます。リキッドなので、ほどよいツヤ感と保湿効果もエイジング世代の味方です。

2-2. 商品名:シュウウエムラ ブランクロマ ブライトニングUVクッションファンデーション

unspecified-1

出典:シュウウエムラ公式

メーカー:シュウウエムラ 価格:5,500円(税抜)

オススメポイント:有名美容家の愛用者も多く、美白ケアもできる大人向けのクッションファンデーションです。手軽に使えるのに、カバー力、保湿力、ツヤ感、美白ケア効果など多機能なところが人気です。厚ぼったくならないので、メイク直し用としてもOK。紫外線が気になる春~夏も安心して使えるSPF50、PA+++で、美白ファンデを探している人におススメ!

2-3. 商品名:est パウダーファンデーション シルキースムース

unspecified

出典:est公式

メーカー:花王 価格:6,500円(税抜)

オススメポイント:簡単に使えて、軽いつけ心地を重視するならパウダーファンデーションがベスト。するする伸びる極小パウダー配合で、乾燥やキメの乱れが気になる40代の肌にもフィットします。粉っぽさがなく、自然なツヤが出る仕上がり。毛穴や化粧崩れが悩みの 人にも嬉しい長時間持続タイプです。

2-4. 商品名:バーバリー フレッシュグロウファンデーション

unspecified-2出典:BURBERRY公式

メーカー:バーバリー 価格:6,480円(税込)
オススメポイント:ナチュラルなツヤとカバー力で、素肌がキレイになったような印象に見せるリキッドファンデ―ション。

反射率が高いパールが配合され、くすみや色むらも光でカバー。独自の美容成分配合でお肌を労わる効果も。トレンド感のある、垢抜けた肌をつくりたい人におススメ!

2-5. 商品名:ケイト シークレットスキンメーカーゼロ

unspecified-1

メーカー:カネボウ化粧品 価格:1,600円(税抜)

オススメポイント:毛穴や肌の凸凹などを厚塗り感なくカバーして、なめらかな肌に整えるファンデ―ションです。顔色を良く見せ、くすみにくい全6色展開です。毛穴の開きや、テカリ、ニキビ跡が特に気になる人に向いています。リキッドなので、混合肌の人にも◎。プチプラだけど、プロの愛用者も多いファンデです。

3.気を付けるべきファンデーションの塗り方ポイント

せっかくファンデを変えても、塗り方がこれまでと同じだとその良さが100%発揮できないかも…。塗り方にちょっとした工夫をすることで、ベースメイクの仕上がりが見違えます。

3-1.しわ・毛穴

unspecified-3

出典:mi-mollet

パカっと開いた毛穴や、細かく入ったシワが悩みの人は、ファンデの塗り方にも一工夫を。適量のファンデを頬からこめかみへ引き上げるように伸ばしていきます。

最後はスポンジ で叩きこむと、毛穴カバー効果がアップし、崩れにくくなります。シワ部分も、少量のファンデを同様につけると目立ちにくくなります。化粧下地も同じように、お肌を引き上げながらつけると良いでしょう。

3-2.くすみ

unspecified-4

出典:ALLaboutBeauty

肌をキレイに見せるには、顔の中心部にファンデがきちんとついていればOK。顔全体にべったり同じ量のファンデを塗る必要はありません。

目の周り、Tゾーン、頬骨まわり、鼻の下、顎下に重点を置くことがポイントです。フェイスラインや額はうっすら伸ばす程度で 良いでしょう。その分、目の下のクマや、小鼻の赤味、ほうれい線は、コンシーラーなどでしっかりカバーしましょう。

4.ファンデーションの仕上がりを決める3つのポイント

40代は、ファンデ―ションをただ塗っただけではNG。下地やハイライトなどプラスアルファするだけで、美肌レベルが格段にUP。ベースメイクは仕上げも大事と心得ましょう。

4-1.健康的なツヤこそ40代のベースメイクに必須!

テカリではなく、自然なツヤ肌に仕上げるには、リキッドやクリームファンデ―ションがマスト。

リキッドならみずみずしく素肌っぽいツヤ、クリームなら内側から発光しているようななめらかなツヤ肌に見せることができます。40代なら、スポンジだけでベタッとつけるよりも、ファンデーションブラシを使うと適度なカバー力とツヤ感が両立できます。

4-2.ハイライト使いで手軽に美肌見え!

40代こそ活用したいのが、ハイライト。

顔立ちにメリハリが出るだけでなはく、顔全体が明るく見えるなどのメリットも。入れる場所は目尻側のCゾーンや、Tゾーン、目の下の頬の三角ゾーン、顎先が基本です。クリームタイプのハイライターや、仕上げにハイライトパウダーを使うと良いでしょう。

4-3.パウダーは微粒子が合言葉!

40代になったら、ベースメイクの仕上げ用パウダーとして、微粒子タイプがおススメです。

肌に溶け込むようになじむので、重ね付けしても厚ぼったさや粉っぽさはゼロ。そのうえ化粧が崩れにくくなるし、ファンデの仕上がりの邪魔もしません。引き上げるようにつければ、リフトアップして見える効果もあります。

5.まとめ

肌に合ったファンデ―ションは、何年もリピートして使っているという人も多いはず。ところが年齢とともに、肌状態も悩みも変わってきます。違和感を感じたら、ファンデ―ションをチェンジするタイミング。じっくり探して、新たなマイベストファンデ―ションを見つけましょう。

スポンサードリンク



バナー原稿imp

imp

ランキング

人気の記事

おすすめの記事