「アパレル業界で働きたい!」就職活動を成功させるヒント

Pocket

アパレル転職

おしゃれが好きな人にとって、アパレル業界でのお仕事はまさに天職。お気に入りブランドの洋服やバッグ、アクセサリーに囲まれて働けるって、考えただけでワクワクしますよね。

「好き」という気持ちを活かして職に就けるなんてステキなこと。ただその一方で、業界特有の華やかなイメージへの憧れや、一過性の興味だけでは長続きしないのもまた事実です。

そこでこの記事では、未経験からファッション業界を目指す人が幸せなキャリアを歩んでいくために必要な基礎知識をご紹介。就職活動を成功へと導くヒントになれば幸いです。

1.未経験からチャレンジできる! アパレル業界の人気職
1-1.販売職
1-2.店長、エリアマネージャー
1-3.営業職
1-4.生産管理
2.求人探しのポイントは?
2-1.好きなブランドかどうか
2-2.労働環境や待遇面はどうか
2-3.長く活躍できる職場かどうか
3.アパレル業界における応募から入社までの流れ
3-1.受かるエントリーシートの書き方
3-2.受かる採用試験への臨み方
3-3.ついに内定!
3-4.そして…入社後
4.これで合格!? アパレル業界の面接のポイント
4-1.面接に受かる服装
4-2.面接で気を付けるべきこと
4-3.面接でよくある質問
5.まとめ

1.未経験からチャレンジできる! アパレル業界の人気職

アパレル業界のお仕事は、大別すると「販売関連職」と「クリエイティブ関連職」の2つに分かれます。

前者はその名の通り、店頭で接客をするショップスタッフやショップに自社の商品を卸す営業など「商品の販売」に関わる職種。後者はデザイナーやパタンナーなど「洋服づくり」に関わる職種です。

未経験からチャレンジする場合、なりやすいのは圧倒的に前者の販売関連職の方。とはいえ洋服づくりに携われる可能性はゼロなのか?と言うと、そういう訳でもありません。

憧れの仕事を目指す上で、募集状況や難易度について知ることはとても大切。ここでは、アパレル業界未経験の方がチャレンジしやすい職種を中心に、人気職種の「なり方」を掘り下げていきます。

1-1.販売職

アパレルショップで接客を通じ商品を販売する仕事です。会社によっては「ファッションアドバイザー」「セールススタッフ」とも呼ばれます。

店頭という最前線で“ブランドの顔”として活躍する訳ですから、ファッション好きの人が一度はなりたいと思う職種なのではないでしょうか。

正社員・契約社員の他、派遣社員やアルバイトスタッフなど雇用形態の幅が広く、未経験者にとって最もなりやすい職種の一つであると言えます。よって採用難易度も低め。

1-2.店長、エリアマネージャー

ショップの責任者として、売上を伸ばす役割を担うのが店長です。スタッフや商品在庫の管理も行ない、利益を出すためのマネジメントを一任する重要な立場。

さらに、複数のショップを有する会社であれば、エリアごとに店長を束ねるエリアマネージャーという職種もあります。

いずれも販売員として経験を積んだ後に、次のステップとして就くケースが多く、未経験者にはややハードルが高い仕事。ただし新規出店を積極的に行なっている企業であれば「店長候補」として未経験者からの応募をOKとしている場合もあります。

1-3.営業職

一口に営業と言っても、アパレル業界の営業職には大きく分けて下記の3種類があります。

営業スタイルは会社のビジネスモデルや取引先によって変わるので、自分が希望する会社、あるいは応募しようとしている会社がどれに当てはまるのかを確認しておくと良いでしょう。

・リテール営業

ショップ(販売ルート)を持つアパレル企業において一般的な営業スタイルです。自社で運営するショップを数店舗担当し、商品の売上管理を行ないます。

セールやキャンペーンなど販促に関する企画を実施したり、販売スタッフに商品知識を伝達することも。いわば本社と店舗とをつなぐ役割とも言えるでしょう。

・卸営業

リテール営業に対し、ショップ(販売ルート)を持たないアパレル企業で一般的なのがこの卸営業。小売業へダイレクトに自社の商品を卸し、販路を確保する仕事です。

卸し先としては、セレクトショップや百貨店・ファッションビルでブランド名を掲げずに販売スペースを展開している会社、テレビショッピングなどが挙げられます。

・OEM営業

アパレル営業の中には、「商品の流通」ではなく「製造工程」に関わる分野のみを担う仕事もあります。

それがOEM営業。OEMとは「相手先ブランドによる製造」のことを指し、自社で生産機能を持つアパレル企業と持たない企業、2社間で相互補完的に行なわれる取引を言います。

幅広い企画提案力を活かし、工場と調整を繰り返しながら洋服づくりをコントロールしていく存在です。

そんな営業職ですが、販売職と比較すると求人数は多くありません。

ただ、商品企画・デザインを外部委託しているアパレル企業が増えている昨今、最後のOEM営業を中心に求人数も増加傾向にあると言えるでしょう。アパレル業界の経験がなくても、コミュニケーション能力次第で採用を行なっている企業も増えています。

1-4.生産管理

アパレル業界未経験者にとって狭き門とされる「クリエイティブ関連職」の中でも、比較的なりやすいのがこの職種。生産管理とは、販売計画のもと洋服づくりの一連の流れを管理する仕事です。

企画・営業部門と工場の間に立ち、品質、コスト、納期が守られているかを確認しながら具体的な指示を出す司令塔的役割。

洋服づくりに関する専門知識はもちろんのこと、交渉力や調整能力など多岐にわたるスキルが必要なため、未経験から即戦力として採用されることはほとんどゼロ。

ただしアシスタントの募集は多いので、まずはそこからスタートし実務経験を積んでいくと良いでしょう。

2.求人探しのポイントは?

未経験からチャレンジしやすい職種について把握した後は、いよいよ応募活動をスタート!

ところがいざ就職サイトにアクセスすると、同じような会社の募集要項や会社説明会の案内がたくさん並んでいて、一体どれにエントリーすべきかわからない…。

そんな思いを経験した方も少なくないと思います。そこでここでは、求人企業の選び方に関するアドバイスをご紹介。手当たり次第に応募して、入ってみたら思っていたのと違った…なんてことにならないよう、就職先選びは慎重に。

2-1.好きなブランドかどうか

実にシンプルなことですが、その会社が扱っているブランドを純粋に「良い」と思えることは最も重要なポイントです。

アパレル企業に入社するということは、自社のブランドを背負って立つ一員になるということ。

ブランドの世界観やデザイナーのこだわりに共感することができなければ、第一線で活躍するのはあなたが思っている以上に難しいのです。

加えて、「今」だけでなく「この先も」ずっと好きでいられるかどうか、という長期的な視点での見極めも忘れずに。ただしこの点については、複数のブランドを展開している企業ならば年齢に合わせてブランドチェンジできるため安心と言えるでしょう。

2-2.労働環境や待遇面はどうか

そうは言っても、ただ「好き」なだけでは続かないのもまた事実。

終電過ぎまでの残業が毎日続いたり、平均相場よりもはるかに低い給与体系だったり、あまりにもハードルの高い目標やノルマを課せられたり…と、健康的な生活を送るのも困難な労働環境では、

幸せなキャリアを築けるとは言えません。しかしこの手の内容は募集要項の内容だけでは把握しづらく、また面接でも質問をするのを躊躇してしまいがち。そこでもし可能であれば、OB・OG訪問を活用してみましょう。

2-3.長く活躍できる職場かどうか

結婚しても、出産・育児を経ても仕事を続けたいと考える女性であれば、産休・育児休暇制度についてはぜひチェックしたいポイント。

単なる制度の有無だけでなく、実際に休暇を取得し職場復帰を果たした社員がどれくらいいるのかまでも把握しておいた方が安心です。

また、「いずれはチーフなどのリーダーポジションへとステップアップしたい」「企画職にジョブチェンジしたい」といった将来像を漠然とでも描いているのであれば、そのキャリアプランが実現できそうな環境であるどうかも確認しておきたいところです。

3.アパレル業界における応募から入社までの流れ

アパレル企業の就職活動の流れで最も多いのが、まず最初にエントリーシートを送るか、会社説明会に出席した後、エントリーシートを提出するケース。

その合格者のみが一次面接に呼ばれ、会社によってはさらに複数回の面接を経て→内定という順番です。

求人企業の選び方について学んだら、後はもう内定・入社を目指し突き進むのみ。

そこでここからは、アパレル企業の就職活動におけるエントリーシートの書き方から採用試験に臨む心構え、そして晴れて内定を勝ち取った後のポイントを順に説明していきます。すべてがこの通りに進む訳ではありませんが、就職活動で迷った時に何らかのヒントになればと思います。

3-1.受かるエントリーシートの書き方

就職活動の第一関門であるエントリーシートの課題として最も多いのが、志望動機ではないでしょうか。この志望動機を書く上で気を付けるべきポイントは、たった2つ。

  • その会社でしか言えないことを書く
  • 「自分の言葉」で書く

以上です。ただファッションが好きだから、では、採用する側も「ウチじゃなくてもいいんじゃないの? 」と思ってしまいますし、

かといってホームページからそのまま引用した文章では、あなたの気持ちは全く伝わりません。なぜ自分がその会社に入りたいと思うのか、他人の言葉を借りたりせず一生懸命に綴りましょう。

どうしてもわからない場合は、実際にその会社の運営するショップに行き、改めて「良いな」と思えるところを感じて来るのも一つの手です。

また、一社に固執せず複数企業への応募を並行して進めることで、会社ごとのカラーや違いに気付けることもあります。ひいてはそれが志望動機につながるのではないでしょうか。

3-2.受かる採用試験への臨み方

エントリーシートに通過したら、次はいよいよ面接。この面接のポイントについては次の章で詳しく述べるとして、ここでは面接と同日に行われることの多い筆記テストについて簡単に説明します。

アパレル企業で行なわれる筆記テストの内容は、大体「簡単な計算問題」と「適性チェックテスト」の2つ。いずれも簡単なレベルのものですが、あがりやすい人にとって緊張感やプレッシャーは避けられないもの。そこで少しでも気持ちをラクにする方法を教えます。

実は、ここで行なわれる筆記テストは最低限の知能を測る指標にはされるものの、ほとんどの場合が「テストへの取り組み方」、すなわち仕事に対する姿勢を見ているのです。

――そう思うと、重要なのは全問正解することではなく、制限時間いっぱい、一生懸命解くことなのだとわかっていただけるのではないでしょうか。できるだけリラックスし、集中してテストと向き合ってください。

3-3.ついに内定!

おめでとうございます! ついに内定をいただきました。

第一志望の企業であった場合は言うまでもなく速やかに受諾すれば良い話ですが、もし第二志望以下の企業の方から先に内定をいただき、かつ入社の意思表示を即座に送らなければならない場合は、しっかり考え、後悔のない選択をしなくてはなりません。

ただし会社によっては、正直に今の状況を話すことで返答期限を延ばしてくれる可能性もありますので、ケースバイケースで対応しましょう。

3-4.そして…入社後

入社後は、一定期間の研修を経て現場へ配属されるのが一般的な流れ。会社にもよりますが、必ずしも希望の部署に配属されるとは限りません。

万が一希望が通らなかったとしても、やる気を失ったり、ましてや会社を辞めてしまうのはもったいないこと。

配属先は一人ひとりの適性や、新人として経験を積むのにふさわしい部署であることを考慮して決められるもの。そのことをよく理解し、自らに用意された環境で目の前の仕事に取り組む気持ちを大切にしましょう。

4.これで合格!? アパレル業界の面接のポイント

最後に、就活生にとって最大の悩みの一つであろう面接について説明していきます。アパレル業界は「ビジュアル」や「デザイン」、「イメージ」が重要な世界。

当然、面接においても「見た目」が重視されるのではないか…といった不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。そこでこの章では、面接で気を付けるべき服装やよくある質問にフォーカス。

あなたの面接が少しでもうまく進むよう、参考にしてください。

4-1.面接に受かる服装

アパレル業界の面接の場合「服装はスーツでなく私服で」、という会社が多いもの。こういった場合、実はあなたの服装も選考の対象になっていることを忘れずに。

選考側が見ているのは、自社のブランドイメージに合うか、という点です。各企業の洋服のテイストやショップ店員のコーディネートを思い浮かべながら、できるだけ近い服装を選びましょう。

ただしヘアメイクは決して華美になり過ぎないよう気を遣い、あくまでも清潔感を大切に。洋服が好き、という純粋な気持ちからこの業界を目指している訳ですから、自分のファッションセンスをアピールすることを意識しながら面接に臨んでください。

4-2.面接で気を付けるべきこと

初対面の相手を認識する割合は、表情やしぐさなどの視覚情報と声などの聴覚情報で約9割を占めると言われています。

接客業や営業を目指すのであればなおさら、この「表情」「声」は重視されるでしょう。ハキハキと、できるだけ明るい表情で応答するように心がけてください。

日頃から鏡の前で口角を上げる練習をするのも「表情のクセづけ」につながります。

4-3.面接でよくある質問

アパレル企業の面接でよくされる質問を公開すると、大体以下のような内容となります。
・志望動機
・自分の長所/短所
・ファッションは好きか、特にどのようなテイストの洋服が好きか
・自社のショップを利用したことはあるか、どのような感想を持ったか

最低限、これらの質問に対する答えは事前に考えておきましょう。

よほど心臓が強い方でない限り、面接という緊張する場で自分の想いをすべて伝えることはほぼ不可能ですし、答えに詰まって表情が曇ってしまうのはもったいない。

初対面の相手に好印象を与える「ハキハキとした受け答え」を守るためにも、気持ちに余裕を持っておくことは大切です。

5.まとめ

いかがでしたか? アパレル業界を目指す方が幸せなキャリアの第一歩を踏み出せるよう、就職活動のイロハをできるだけ具体的に紹介いたしました。

入社後「こんなはずじゃなかった…」という“ガッカリ”を防ぐには、入念な業界研究、企業研究、そして職種研究が欠かせません。

数年後も「この道を選んでやっぱり良かった! 」と思えるよう、納得のいく就職活動をやり遂げてください。

Pocket

スポンサードリンク



ランキング

人気の記事

おすすめの記事